病気ではないですから、ここに来る必要ないよ。遊んできなさい。

そういう精神科医が増えれば、抗鬱剤の使用量が減り、無駄な診療はなくなるかもしれない。最近、町中に続々できる「こころの診療所」。入るとこれといった設備もなく、イージーリスニングをふんわり流しているが、待合室はびっしり。老若男女、静かに自分の名前を呼ばれるのを待っている。

もらうのは抗鬱剤。現代はSSRIという大脳のセロトニン(これが元気な心を回復してくれる?)が減らないようにする阻害剤が主流で、アメリカ精神科学会がファイザーはじめ薬メーカーからお金をもらい作り上げたDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)のⅢ(1980年刊)とⅣ(1994年刊)が世界中を席巻して、それまでのノイローゼというかわいい言葉を追放してしまい、「うつ病」という名称を世界に広める結果になった。グレーゾーンにいた人も「鬱病」と診断されて、処方されることになってしまい、薬漬けにされてしまっている。

「うつの8割に薬は無意味」(朝日新書)井原裕を読んでいて、筆者が昔、書いた「ノイローゼという言葉が懐かしい」を思い出した次第である。誰しも悩みはあるし、学校へ行きたくない人もいれば、会社へ行きたくない、あいつの顔も見たくないとかいろいろだ。これまでノイローゼは心理的なストレスや精神的な葛藤で生み出される心因性の病気。鬱病は遺伝や体質が原因とされる内因性の病気と区別されてきた。それがDSMⅢではこの区別を取っ払って、なんでも「鬱病」と診断、次々と大手製薬メーカーの薬を投与する結果になってしまった。昔なら「おいおい、落ち込んでいるな、一杯飲んでぱっとやろう」という言葉をかける人も減り、かけられる人も断り癖がついて、よき聞き役が消えた。聞き役が町場の医者になり、医療費を払って薬に身をゆだねているのが現代人である。

一度、飲むと、私も睡眠薬代わりに向精神薬を飲んでいて、医師から「常習にはなりませんよ」と言われたが、飲まないと眠れない体質になってしまった。睡眠薬もどんどんきつくなるらしい。儲けるのはご存じ薬メーカーで、メーカーのMR(営業マン)は、鬱病に効果があるのは20%くらいの人で後は効果はないことをよく知っているし、薬の副作用の怖さも。一番薬に飲まないのも薬メーカーの営業マンたちだ。しかし、著者も精神科医で、同業の人間にも同情的である。なぜなら、わざわざ自分の診療所を訪ねてきたのだから「心を楽にしてほしい」「鬱病と診断していただき、休職できる診断書を書いてほしい」という患者の願いがわかる。筆者の前職で、産業医を訪ねた5人は全員,うつ病と診断されて長い人で3か月休職して復帰してきた。休んでパチンコをしていた人もいれば旅行へ行ったり、夜は居酒屋に行く人もいた。何もすることがなくじっとしている人はいなかった。人間だれしも「楽して、金儲けしたい、嫌な奴と顔を合わせたくない」。それを心のクリニックを利用して、半分以上は実は薬を服用せずとも直ると言っている本かもしれない。

冗談のような話、あんまり次々、前の会社で『うつ病が多発する』ものだから、ある会社の社長が『経営者と社風に問題があるのでは』と指摘していたが、私は一瞬、うつ病は伝染病ではないかと疑った。不機嫌や無表情は伝染すると思うからだ。

  1. 不機嫌の連鎖。

    苦虫をかみつぶした様な形相の人は誰しも嫌うタイプですが、意外にご本人はどこか身体に病を持っている事が多いですよね。不機嫌なのは病のせいで、決して他人のせいでは無いのですが、他人から見れば、自分をふくめて周囲に対して面白く無いので絶えず不機嫌だと勘違いしがちです。そんな解釈をしているうちに自分も不機嫌になり連鎖していきます。終いには職場やグループ全体が不機嫌な環境になってしまいますね。ですから不機嫌そうな人を見たら努めて明るく振る舞った方が良さそうです。不機嫌が伝染しないうちに。

    • 機嫌よく生きるのは大切な知恵で、家庭で親が教える第一重要項目にしてほしいです。そのために親が機嫌よくならないといけない
      。しかし、それが難題です。

  2. 家族より、友達よりも、カウンセラー。

    身近な鬱の者を見ていると、気ままに食事をしたり、しなかったりと不健康を自ら演出しています。身体的には非常に健康で何ら問題が無いのですが、本人が病だと確信しているようです。生活も他人に比べて不規則で不摂生になり、その結果、積極性も無くなり、目的すら失って、生きている事を疑問視したり、自らを刃物で傷付けたり、と自分で自分を追い込んでいるように見えますが、これも他人が心配してくれるようにとのメッセージなのではないかと思います。カウンセラーの言う事だけは信じているのか?一旦は反省はするものの、その場限りで、また逆戻りの繰り返しで日々を過ごします。他人からの目を気にしたり、中傷に耳をそばだてたり、そんな事には全力を傾けます。しかしSNSやネットには長けていて意外に情報通なのです。友達が少なくなった分をスマホのネットで補っているかのようです。家族にも、なかなか馴染んで来ないので、気を長くして普段から普通に接しています。

    • 自分に関心有り過ぎで、おうおうにしてそうなります。自分は大した取り柄や特性のない人間で・・・と思うと楽になるんですが。ペット
      を飼って、関心をペットに向けると簡単に治る場合ありますよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>