沖縄からの留学生(私の年齢では沖縄が日本に返還される前)で机を並べた同級生から。


瀬戸兄い

いっぺーにふぇーでーびる。
(どうもありがとうございます)

今回の知事選
公示前は玉城、佐喜真両陣営互角の戦いだと思っていたが、公示後には佐喜真及び自公維希の既成政党が自滅して行くのが目に見えていた。
佐喜真は公開討論会で「自分ならできる」「自分しか出来ない」と翁長県政を批判し、傲慢で謙虚さを欠き、元日本会議のメンバーでモットーの
「和の心」が県民に「大和(やまとぅー)の心」と嫌われ、「対立ではなく対話」のキャッチフレーズも、安倍政権が対立を煽り対話の姿勢を見せなかったのだと
反発を食らった。
永田町の菅キャラウェィ、小泉パンダも佐喜真支援で3回も来沖したが、回を重ねる毎に中央の押し付けだと、佐喜真票が逃げて行く始末で逆効果。

佐喜真、安倍政権はオウンゴールで墓穴を掘ったのが笑える選挙だった。
沖縄では既成政党の組織票は当てにならず、個人個人の本音を如何に掴むことができるかが勝利の方程式である。

北海道の地震は頻繁に起こるので気が抜けないですねぇ。
「命どぅ宝」でお互い自然災害を乗り越えて行きましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>