中国人と交流のあった友人のレポートです。北海道はたくさんの中国人や朝鮮人が炭鉱や製鉄所で労働を強いられてきました。炭鉱は特にタコ部屋に押し込められて、不潔な環境で病死する者もいました。戦前、長崎の軍艦島や本州の銅山や金山、炭鉱、セメント工場、ゼネコンなど現在、財閥と称する企業で朝鮮・中国の人たちの労働を借りていない企業を探すのが困難なくらいです。このレポートは札幌市内で中華料理を営んで、市民に愛された中国人のストーリーです。

21208_china_008_02Map-China-Province-Shandong

 

「張さんの思い出」

 

昔札幌に、張某さんという、中国山東省出身のコックさんがいました。そのお店

は味がよく、値段も手頃で、市民に愛されていました。が、この張さん、長年の

顧客も知りませんでしたが、戦中に徴用されて北海道の炭鉱で働かされ、終戦前

に脱走して山中に潜んで暮らしたという経験の持ち主でした。今回はその張さん

の思い出話です。

 

さて、いきなり余談ですが、中国の小説で「張某」と書くと、ほとんど「名無し

の権兵衛」と同じ意味です。何しろ世界で一番多い姓ですから、某では匿名と変

わりませんが、張は実名です。名前はわかりません。中国式にはチャンさんで

しょうが、我々はチョーさんと呼んでいました。

 

張さんの生まれ育った山東省は、中国の中でも特別な場所として知られていま

す。日本で山といえば富士山。それと同じように、中国で山と言えば「泰山」で

すが、その東側という意味の地名です。泰山は、歴代皇帝の中でも少数の選ばれ

た者だけが「封禅」の儀式を行ったことで知らる、聖地中の聖地です。また麓に

は水滸伝で有名な「梁山泊」があります。中国人にとってはそういう特別な場所

であると同時に、そこに生まれた人もまた特別な目で見られています。

山東省出身の歴史的な人物と言えば、孔子、孟子、孫武・孫ピンの両孫子、呉起

(呉子)、諸葛亮(孔明)、書家の王羲之・顔真卿、蒲松齢(聊齋志異)、江青

など、一度は聞いたことのある名前がずらりと並びます。

また、満漢全席で知られる宮廷料理は、北京ではなくこの山東省の厨師(コッ

ク)の手によって作られていました。だから中国で山東人と言えば頭がよく、強

い軍人と腕のいいコックが多いことで有名です。また「山東大漢」(山東人は大

男)という言葉があります。孔子や諸葛亮がそうであったように、我らの張さん

も堂々たる体躯の持ち主でした。口数は少ないですが、いつも温和で、慌てたり

怒ったりするのを見たことがないというような人でした。

 

その張青年は、山東省から北海道に連れてこられ、歌志内あたりの炭鉱で働くこ

とになります。それが今いろいろ話題になっているような強制徴用だったのか、

就職的なものだったのか、本人も決して口にしなかったのでわかりません。とも

あれ日本にやってきた張青年が、はたしてその後いかなる運命をたどるのか。そ

れは次回の講釈にて。

 

 

  1. 人は皆平等だと言えど、青春を戦争で犠牲にした人達はたくさんいます。戦後の朝鮮人の人達も逞しく生きていましたが、特別な目で見られていました。田舎でも廃品回収など(今ではリサイクル業も立派な業種)一般人がやらない仕事についていて閉鎖的な田舎では、子供たちまで陰口を叩かれていて、かわいそうでした。そんな親たちが育てた少年たちは逞しく喧嘩も強くスポーツにも秀でていました。身近で見た彼らの中で、今、活躍しているプロスポーツ選手やプロ歌手など沢山います。苗字こそそれらしい一文字が入ってはいるものの、日本人と区別はつきませんが、親たちの大変な苦労を今恩返ししている彼らが堂々と生きている今の日本は、70余年の間に変わったと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>