むのたけじ(詞集たいまつⅡ160p)。全文はこうだ。『どんなにひとりぼっちでいたいときでも、だれか一人の他人とのつながりを望む気持ちは捨てきれない。それが〈人〉だ。「だれにも会いたくない」というのは「だれかに会いたい」と […]

Read More →

16世紀、死刑執行人の日記発見!!  上の写真は溺死刑、下は死刑執行人が被る鉄仮面。 16世紀に書かれた『ある首斬り役人の日記』を古本屋で見つけた(800円)。本の帯には「生涯に361人を刑場の露と消えさせたニ […]

Read More →