テレビ朝日開局60周年で放映する『白い巨塔』。過去、新潮文庫で読んだ筆者が断片的に書いた感想を掲載します。

正しい診断より、教授の権力の方が巨大(財前五郎)

山崎豊子の名著「白い巨塔」から。国立浪速大学付属病院で繰り広げられる、東教授定年を来年に控えた医学部教授選挙。同じ助教授の里見助教授へ向って財前五郎が吐いたことばがこれである。


しかし里見は「教授などというものは、なろうと意識してなるものじゃないよ、自分の研究を積み重ねて行くうちに、いつのまにか、それが認められ教授に選出されるというものだ」(新潮文庫 1巻169P)。

1963年から始まった「白い巨塔」の話を友人としていたら、いまも変わらない政治力と金と名誉、嫉妬の巣屈のアカデミ-について語る羽目になってしまった。最近の道内の医学部教授選挙でも、ふたりの助教授(准教授)が同じ高校出身で先輩後輩の間柄が、後輩が教授になってしまい、先輩はうつ症状を呈して医局を去って、市内の病院の院長に就任したとか、あそこの病院の院長はS医大の教授選挙に負けて、あの山の下に病院を作ったのだとも聞いた。

筆者なら、どちらにしてもいい暮らしぶりが保証されて何も言うことはないとは思うが、「教授」という席にある威厳や権力と金に血迷う人たちは、民間以上にヒドイと聞く。製薬メーカーで決める「講演会の謝礼金ランク」でも教授になればワンランクアップである。筆者が「糖尿病の現在と最新治療」という講演会を実施したとき、東京から呼んだ私立大学医学部の教授と地元の総合病院の医師のギャラの差が2倍であった。製薬メーカーは直接お金を手渡ししたくないので、講演を運営した筆者の会社経由で医師へ私が支払ったので金額は鮮明に覚えている。


庶民のいく開業医を下に見る癖のついた大学病院の医師たちも多い。最後に残る人間の欲は「名誉欲」とはよく言ったものである。「医学部教授」と町の医師とは、その後の人生で雲泥の差を生じるから、教授選挙の票を取るために選挙権のある人たちへの取り込みは「卑怯や」「金爆弾」「スキャンダル流し」もすさまじい。教授の権力は「大学の医学部内ではたとえ、教授の診断が間違っていても、それに批判を加えたり、訂正することは禁句(タブー)にされてるじゃないか、たまたま、教授より助教授の方が優れていることが、おおやけに知られることすら、ここではいけないんだ」(財前五郎)。


政治の世界でも「総理がこうだと決めたことを、省庁の役人レベルの人間がつべこべ言わずに、反対せずに実行しなさい。たとえ法律上、間違っていても私の言うこと、決めたことが絶対なのだ」という。『私が正しい、無謬神話』捏造である。過去、田宮二郎の映画や唐沢寿行主演のテレビドラマで「白い巨塔」は見たが、文章の細部について気になって読み始めた。全5巻でまだ2巻目半ばである。野心の低い里見助教授に開業医のお兄さんがいて、京都の大学医学部で教授と衝突。開業医になる。そのお兄さんが患者から「先生、どうせ保険やから、治療費の心配もないし,注射もほかの薬ももらった方が僕は安心ですねん」に対してお兄さんは「保険であろうとなかろうと、不必要な薬は要らんから要らんといっのているんだ。それで不足なら、ほかの医院へ行きなさい。・・・要らん治療までまでして貰う、また保険なら風邪引きでも胃腸の薬まで調剤して点数を上げようとという患者と医者があるなら、ほんとうに保険診療を必要とするほかの患者にとって、実に気の毒なことだ」(同120P)融通は利かない実直な里見助教授のお兄さんらしい、現在の町医者たちに聞かせたい科白である。


細部を読むと退官する東教授にも長男がいて、医師になりたくない彼は親父の説得に負けて新潟の医学部へ行くのだが、22歳で病死している。ひとりひとりの人物の骨格が出てくる。山崎豊子の細部の積み重ね(調査と勉強)は凄い。小説のストーリーは知っていても結論細部に手抜きをしないから発見が次々とある小説である。人生はプロセスしか生きられない。それが医師の世界だろうと、経済界で成功しようと失敗しようと、学問の世界であろうと、すべての人の暮らしもだ。私の身近にも「医学部の教授選」で負けた准教授がいたが、大学付属の看護士の養成で教授になり、ある日、病院の医局で教授になっていたが機嫌が悪かった。新潮文庫で全5巻なので、興味深い細部を発見することができたら紹介します。

(明日は2回目掲載します)

  1. 縁遠い世界ですね。僕たちがお世話になる医者は医院などの独立医がほとんどだからですね。そんな医院にしても確かに薬局に行けば医師の処方箋には胃薬やトンプクなど今まで呑んだ事もないものが含まれていますね。そのような薬は最終的に捨てる事になりますが、飽食の時代で捨てる食物の量と同じく、捨てられる薬も膨大なものでしょうね。最近では風邪っ気程度は漢方薬を呑んでいます。その方が幾らか身体にやさしいのではないかと思うからです。抗生物質のような即効性は無くても薬漬けになるよりはマシではと思いますね。

    • 効果があるということは同程度の副作用があるということですからね。薬メーカーからみたら美味しい国です。皆保険ですから税金をもらって薬めーかー・調剤薬局儲けられます。

  2. 昨日も3か月振りに内科医院に行きました。検尿と採血と問診ですが、特に具合が悪い訳ではないので、他の方々に比べれば、二言三言だけ交わし1~2分程度で直ぐ終わってしまいます。会計で3,510円、隣接の薬局で2,080円と合計約5,600円でした。少しばかりの給与があるために3割負担ですから実際には18,000円ほどですね。これが高いのか?安いのか?よくわかりませんが、高いのは検査費用なのか?何もしない問診費用なのか?明細には金額表示は無く点数が書かれていました。同じ高齢者でも僅かでも働けば3割負担で、無職なら1割負担と言う訳で、待合室には1割負担の方々らしき高齢者ばかりでした。中には耳の遠いい人や、訳の分からない言動の人や、歩行も困難な人まで様々でしたね。昔は具合が悪ければ医者が訪問したものですが、これだけ患者?が多ければ手が回らないのでしょうね。銀行と同じで、どんなに具合が悪くても客自ら出向いて行く商売ですね。

    • 少年時代、往診に近所の医師がよく来てくれました。看護婦さんを連れてきてました。3兄弟で病弱でしたから世話になりました。札幌駅北口の大黒胃腸科の院長でした。私の住む団地にも往診をする医師がいますよ。看取りもしてその場で夜中でも死亡診断書を書いてくれます。自宅後ろにも訪問医専門の医師がいます。みずから要望有れば出向きます。探せば昔の少年さんの近くにもそういう医師がいるはずですよ。医療費は総じて高いです。老人の病院周りはイベントになつているのと老健施設の収入源(連れていく・待つ・運ぶが点数で施設の収入・これも税金)となります。付き人も多いです。母が施設に入っていたとき『来れないなら病院へ運びましょうか?』と電話がきました。1時間2000円の料金が施設に徴収されます。

  3. 小説は読まない主義ですが、TVやDVDや映画などで紹介されて間接的や断片的には大筋知っている小説ですが、リアルな表現の裏には小説家の努力や苦労も読めますね。専門分野を掘り下げるにはそれなりの予備知識と勉強が必要不可欠ですから、余程真剣に向き合わなければ書けないでしょうね。創作とは言え、実在モデルそのものに感じますね。

    • ありがちなストーリーですが細部の表現(小説のほうが男物語で好きです)。唐沢寿之の財前五郎のドラマ(21話)を2日間かけて全部見ました。裁判や男の友情部分が良かったです。メロドラマ風ではありましたが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>