ある日突然やってくる電話1本で人生変わる。たとえば入社内定通知とか誰々と結婚することになりましたなどとおめだいことならいいけれど『お父さんがトイレで倒れたまま動かないからすぐに来てくれ』とか『○○が下宿で死んでいるのが発見された』とか『支笏湖の林道で○○が車に排気ガスを引き込んでいた』とか『勤めていた会社が倒産して失業者になりました。叔父さん、どこか紹介できる企業あれば教えてください』まではいいが、死にかかわる出来事の通知は辛いものがある。しかし、自分の死を含めて必ず起きるので覚悟して生きていきたい。

ある日、自宅斜め向かいの角地の住宅に全市(7万人)の消防車がサイレンを鳴らして集合してきた。救急車とパトカーも来て騒然としたことがある。後で聞くと自殺事件だった。可燃性のものを撒いて家族が119番をしたみたいだ。密集した低層住宅街なので火事が発生すると我が家にも飛び火したかもしれない。亡くなった36歳には申し訳ないが。ある日突然、前職の会社で横領事件が発覚したこともある。当時の社長は引責辞任、次の社長は輪をかけて無能な器で会社の金を蜜に手を突っ込んで熊状態。無能社長の出現で会社を辞める人、出世する人いろいろどこでもある光景。次の社長も同様に人生を変えられた社員が多数出た。人事は主観をまざまざと見た。うつ病になった人はフロア40人いて6人。

ある日突然のトップ交代でその後の人生大幅に変更される。私は幸い、営業職で難を逃れている。しかし、横領事件の話に戻るが、経理職なら一人で不正をしているケースが多いが、部全体で横領を長い間にわたってやってる場合、伝票の操作もあるから組織的であった。派手な遊びが多いと思っていたら案の定だ。ある日突然発覚する。金は人を狂わせるのは本当で、他人の金(親の金も他人の金と考えて)なら、無駄遣いし放題だ。そして最後は泣く。バブル期とぶつかり、不夜城のススキノに繰り出し踊り飲んでいたらしい。旅行の仕事は前金でもらう。カードで支払いはまだ少ない時代で現金で持ってくる。カナダ旅行なら1名30万で20人参加なら600万円だ。ここから10万円抜いて次のツアー代集金で赤字を埋めることを懲り返し続けると雪だるまである。こういう事件が多発するので、営業に現金を持たせない会社がほとんどになった。

こういう事件が発覚すると社員全員が疑われることになり、真っ黒な社風になる。この事件の発覚も1通の内部告発文書がFAXで流されて本社に知られ、休みなく伝票を検査したと総務からは聞いている。社内の横領もさることながら、ある日突然、現れた新型コロナウィルスは文明と人的交流をどこまで寸断させていくのか?

  1. お金が好きな人はいましたね。経理でも何人も見ましたし、支店長職にもいました。飲食・ゴルフ・車・住宅・他、いろいろ派手でした。そんな人の周りには、知っていて、タダ酒、タダ飯、タダゴルフなど、おこぼれ欲しさに群がる人たちも大勢いました。結局、部下たちは皆お見通しでしたね。

    • 私が知っているのはトップが部下にたかる珍しいケースです。いまでもそれが続いています。さすがに離婚して年金暮らしで半分は奥さんへ渡してますから苦しいので、飲み会が終わった後、『社長、割り勘にしてくれませんか?』と。『君は誰のお蔭で役員までなったのか?』しかし、それを見ていた知人が『定年後は五分五分でしょう。社長、割り勘ですよ!』と常識論。結果はまたトップの飲み台をしぶしぶ払ったと。人事と権力が小さな飲み屋代にまでつながってますね。

  2. 他人の物は自分の物

    突然来るのは、ラッキーな事よりも、むしろ大抵は不幸ですね。今回の新型コロナウイルスの場合には世界中の万民に平等?な被害をもたらしていますが、不幸な人に突然来る想定外の出来事も、キャリーオーバーの宝くじ1等当選以外は殆どないでしょうね。それだって幸せな人に巡って来る事が殆どでしょう。何故なら原資を持たない貧乏人には自ずと確率も低くなるわけですからね。お金は誰だって欲しいでしょうが、悪さして他人のお金を使いこむのは常人には出来ないですね。税金泥棒も沢山いますけどね。

    • コロナで儲けている人がたくさんいます。大金持ちですけどね。ツイッターでNYでコロナで亡くなった人の顔写真を流しています。年齢、略歴、ときには愛する人との顔写真。普通の人々です。忘れられないように。全部、見るのは大変ですが。SNSで誹謗中傷する書き込みをする人も顔写真を出すといいかもしれませんね。そして流し続ける。繰り返しますから、そういう人。ある日、突然、自分の顔が・・・。宝くじ当たりましたよ!100円が100円に。きょうは競馬。3連複で2万円勝ったことありますが、どこへ消えたのか?

  3. 突然起きて欲しくないのは、やっぱり大病ですね。ガンで手術後も頑張っている知人も大勢居ます。車いすの人も居ます。ずっと入院して居る人も沢山います。今回のコロナ禍に巻き込まれた人たちも数知れません。どの人も、いつの日か突然だったのでしょうね。それでも頑張って生きる人たちを見るにつけ、今日も無事過ごせた事に感謝しなければいけませんね。

    • 病気だけはどんなに健康に気遣ってもやってきます。不健全な生き方をしている人が案外長生きしたりして、世の中わからないものです。コロナで重病になるのは85%、60歳以上ですね。0歳から20歳はゼロです。細胞の老化がコロナウィルスと親和性があるのかもしれません。毎日が奇跡の日々です、おっしゃるとおおり。これから芝刈りです。

  4. 倒産は突然やってくる。

    倒産も突然やってきます。予期はしていて準備していても、イザ当日はパニックになりますね。或る日、いつもはかかって来ない新聞社から一本の電話が。「お宅の本社で何かありませんでしたか?」一瞬!ドキッとしながらも冷静さを装って「いえ?支店には未だ何も変わった情報はございませんが?」と。その電話を置いた途端、本社、全国の各支社に電話を架け情報収集開始。発端は本社の有る裁判所詰めの記者からの情報でした。ハッキリした情報を得るまで時間はかかりましたが、内心「やっぱり!」と思い早速、対応準備を開始しました。正式な本社総務からの連絡を待つ間にPCで各社に流すFAX原稿を何種類か作成し当時の記憶媒体のフロッピーディスクに保存してポケットに忍ばせ、連絡を待ちました。その間平静を装っていたオフイスには普段はそれほど頻繁に現れない各社の人間が様子見?に訪れ、なかなか腰をあげません。そこで相手も出来ないので、出かける約束の振りをして帰っていただき、本社からの連絡を受けた直後に、扉に鍵をかけ張り紙をしました。社員にはフロッピーからプリントして貰い、関係各社にFAX送信をお願いしました。その後の社員の出入りはすべて携帯での連絡でした。あの瞬間も突然の不幸でしたが、その後の管財人の補佐のほうが重荷でしたね。不幸中の幸いは一部を除き、現金決済済みだった事ですね。

    • 倒産の現場に居合わせたのでしたね。というか札幌支店の責任者でしたからね。広告会社、資金体力有ればいいのですが、これから閉めるところ増えそうです。倒れるとなるとその前に取り立てがキツクきますから、地獄です。罵詈雑言飛び交います。人格否定なんてもんじゃないと立ち会った専務が過去を追想して言ってました。『あいつだけは許さない』と。メディアの人です。相手も大きく焦げ付くわけですから何とも言えません。

  5. 新型コロナウイルスもそうですが、突然の大きな不幸も副産物として何かを残してくれますね。突然の出来事からの教訓や改革や新しい生き方への足掛かりなど、マイナス面の裏には必ずやプラス面も生じて來るものです。コロナでは衛生面や社会秩序への教訓を得ていますし、倒産や退職では転職へのキッカケを貰い、心機一転、過去と断ち切れますから、突然は不幸と同時に幸せも連れて来てくれるようですね。それに気づかず、いつまでも不幸に酔いしれ酔いつぶれていては進歩は無いでしょうね。

    • 人間は、現在のいまの満足度で過去の出来事を思い出したり、悔んだりしがちです。なので『あの時のあれがなかったらもっと幸せやお金持ちになっていたのに』と思うか『あの倒産のお蔭で、今の充実の日々がもたらされた』と思うか。難しいですね。なぜかというと永遠がないとすればそれも時期が来ると変わるからで、記憶を都合よく改変もできるので。本当の不幸は声も出ません、酔って愚痴を言うだけ幸せともいえます。前の会社でいい給与もらいながら、毎日飲んでは愚痴を吐き迷惑をかけ続けた男が何人もいたので。贅沢な人生を歩んでいたと思います。現代はそれどころではありません。ある日突然が目に見えてやってくるコロナ災禍です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>