モンテーニュ(1533~1592)のエセー(岩波ワイド版の一、161p)に、『哲学をきわめることは死ぬことを学ぶこと』の章に出てくる。プラトンもキケロも同じようなことを言っている。年齢に関係なく、事故や病気、自然災害、戦争、蚊の一刺しでさえ命を取られる。たえずいつ死んでもいいように今を生きる癖をつける、自分に言い聞かせて死を恐れないような訓練や思考習慣を養い、楽天的に生きることを理想としたモンテニューであった。私は20代前半で買った白水社の関根秀雄訳を読んでいたが違和感を感じるのでしばらく(40年間)読まずに積んでいたが、気になって図書館から原二郎さんの訳を読むとすんなり理解できる。翻訳者の力の大きさを堪能している。

そこで上記の『いつか起こり得ることは今日だって起こり得る』。当たり前といえば当たり前ながら、いまの自分の住む場所で、時代で、地面で、通行途上で、自分が、または家族が親友が隣人が知り合いが、事故や事件や急病で亡くなるとは誰も思わぬ。いずれ人間は自分も含めて死すとはいえ、それは遠い遠い先で、他人ごとみたいな感覚で日々を生きているがどっこいそうはいかない。『父がトイレで倒れていて息をしていない』と母から電話。私に『駅までそんなのんびり歩くと運動にならないから、早足であるく癖をつけないといけないよ』とアドバイスしてくれた近所の医療従事者人も、すい臓がんを発症して1年後若くして死去。

毎日、ウォーキングをしながら私に携帯をかけてきた同僚も、突然の疲労感に襲われて、2軒目の内科で血液検査で急性骨髄性白血病と診断された。幸い、骨髄バンクで移植できる人を見つけたが、いざ連絡すると『親から移植は危険だということで反対されて』移植はなくなって地獄に突き落とされ、1年半後死去。私も急性心筋梗塞で会社の主治医誤診で一日発見が遅れて、心筋の30%が壊死。おかげで疲れやすい。妻は病院でうなる私を眺めながら、葬儀の段取りと誰に連絡をすればいいか、死亡保険で子供二人を大学まで通わせられるか考えていたらしい。

教訓はゆめゆめ最初に行く病院を間違えないよう、この病気の場合はこの医師、あの病気ならあそこの病院と普段から調べておくといい。私は死んだらこうするという話を妻と話して、子供たちへ伝えてある。葬儀はせず、焼き場へ直送して、市の集団墓地へ入れること。子供たちは遠いところに住んでいるので万が一に頼りになるのがご近所だから、親身に近所付き合いをすること。先日も51歳の知人が早期退職して、健康維持のため河川敷でウォーキングをしていて心不全で急死の知らせが来た。健康のための無理な運動が命取りになる場合もある。とはいえ、人間の能力にも限界があって、エセーの中に『避けるべき危険をいちいち用心することは誰にでもできない』(ホラティウス)同著156p。

  1. 人命に順番はありませんね。本人だって知らない事ですから、医者に余命を告げられれば、あきらめるか、身構えるでしょうが、家族だって、親しい友人だって、まさか?ですね。僕の友人のカメラスタジオの社長もまだ若いのに無くなりショックでした。原因は胃がんの術後の転移が悪化のようでしたが、最初の手術後には大好きなゴルフも始めたばかりでしたが再入院して間もなく亡くなってしまいました。最後に話したのは携帯電話でしたが、その時は真駒内公園を散歩中と言っていて声は元気でした。元気だった彼を今も思い出します。病気も若い人ほど進行が速い事もありますね。田舎の義母は93歳で、昨日の電話ではまた入院すると言っていましたが、家に寝ているよりは病院の方が安心なのでしょう。

    • 命に順番はありません。戦前は戦地で10代の兵士がたくさんなくなったり、空襲で子供が爆死したり、生まれた子供も病気でたくさん亡くなった時代です。一方、質素な食事をしていた人々が長生きを誇っていたり、地震・津波・洪水・事故で若くして亡くなる方も多いです。鴨長明の方丈記の世界です。私も朝は起きましたが、生き続けている保証は何もありません。広告業界も激しい世界ですから、若くしてたくさん亡くなってますね。遊びの中に仕事があるといい生き方を送れそうな気も最近してる私です。

  2. 『一日は長く、人生は短い。』命は短いものだと考えて、少しでも長生きできれば儲けものと思って、一日一日を精一杯過ごし、他人様から何と言われようとも自分の思うように、せいぜい楽しく生きたいですね。先が心配ばかりの世の中ですが、成るようにしか成りませんから、くよくよばかりしていては憂鬱になってしまいます。神経質に深く考え過ぎないようにしましょう。

    • 人生は十分に長いというローマの哲学者(セネカ・人生の短さについて)もいます。余計なことをし過ぎて時間を無駄に使っているというわけです。彼の言うのはあくまでも『自分の人格の完成』や『徳を積む』ことが本来的な人生だという偏見があるので、現代にはすっぽりとは嵌らないのですが耳を傾ける価値はあります。この世で『退屈』ほど我慢ならない時間はないみたいです。とにかく空白の時間を何かで埋めようとしていますね、現代人は。趣味やおしゃべり、テレビ鑑賞、スポーツ観戦、旅行、子供への干渉、アルコール、タバコ、会社通いもその類かもしれませんね。

  3. 都心に住んだら、どんなに楽で、時間をたっぷり使えて、どれだけ良いのだろうと最近考えます。あいにく私も今では郊外も郊外の端っこに住んでいますから、通勤だけでもクルマで毎日の往復30kmも走ります。その時間は往復で1時間から冬場には1時間半も掛かっています。土日も都心まで行きますから365日x30km=10,950km。365日x90分=547.5時間を使っています。それも40年間ですから膨大な時間のムダでしたね。その間は当然ながらPCにも向かえず、書物も読めず、電話すれば交通違反で5万円の罰金です。さらに事故の危険性もある訳で(実際にありました)、できる事と言えば歌を口ずさむ事くらいですね。そんな訳で、何故都心に住まなかったのか?と後悔しきりです。郊外は静かで環境が良いとの思い込みでしたが、昨日、或る知人の亡き父が残した書の一行に年老いたら「都会に住むべし」とありました。理由を聞くと「ボケないため」と知人が言っていました。あまり、のんびりし過ぎるとボケると言うのです。それも一理あるのかな?と。

    • 実に細かい分析がされていて参考になります。これだけでレポート1本書けますね。1年間で540時間として40年ですから21600時間、つまり900日分無駄という恐ろしい結果です。しかし、考えてみると無駄や遊びの部分がいろいろな発見や思想や絵や文学や宗教の発生に関わっているかもしれませんから。判断が難しいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>