私たちのいろいろな岐路で・曲がり角でAの道を行くか、Bの道を進むか、はたまたCのほうがいいかなと思って選ぶのは『失敗の道』ではないか。『本来はAの道を行きたがったがBを選択した』という単純な話(仮説)である。

他人とざっくばらんに話されることではなくて、誰もいないところで心の深奥を覗きこむと、学校の選択や配偶者の選択、職業の選択を考えて、実は本来的な希望ではなくて、別な要素(両親からのアドバイス、先輩から強く勧められた、友人がいいと言っていた配偶者だ、)が大いに働いて、その結果、選んだのはいいいが、30年経過して『失敗するような選択』を私たちは人生でし続けてきた。そんな真逆な人生観を、最近、私は考えているのである。

企業においても『行かなければいいものを、あっちへ走って失敗、倒産』も中身を見ると、経営者の頭の中にあるものが見えれば(可視化できれば)、怖い話ではあるが失敗して転ぶような被虐的な心理が経営者の中にあるのではないかと思う。この考え方は、ダーウィンの生物進化論を社会に適用した社会ダーウィニズムと反対の考え方である。経営者はどこかで、「この会社を潰してやれ、自分がトップを去ることが決まれば壊してやれ」と思う事例を何度も見ている私だし、フロイトの心理学で言う(死への本能)が働いているのではないだろうか。

60歳を過ぎて、いろんな人と会話するうちに『司法試験に落ちて公務員になったとか』『新聞社の記者志望であったが、実力的に安全な業務に入ったとか』『勤め先は決まっていたが、父親が急死して仕方なく建設会社を継いだ』とか『結婚を約束した女性がいたが彼女の両親から猛反対されて諦めざるおえなかった』とか、私たちの人生は自分では選んでいないというのが真相で、運よく選ばれた人生、ラッキーが殆どで、就職にしても親のコネで市役所やJR、警察、様々な社団法人に勤める人も多いが、果たして本人の希望かどうかは疑わしい。食えれば何でもいい、手段はどうでもいいといえば何をかいわんやであるが。

大都市で実施する大きな税金をばら撒くオリンピックはじめイベントは実は、参勤交代を思い起こせばわかるけれど、その国の国力を減退する方向にしか作用しないと思ったほうがいい。新幹線は東京五輪がきっかけと言うが、別にオリンピックがなくとも作れるものは作ればいいだけで、技術力もあり世界銀行から借金して作った。リオ五輪の後、沢山の負債で苦しんでいるブラジル。西武のための長野オリンピック競技場跡地利用もリュージュコースは廃止の方向。ゼネコンとホテルだけが喜び子どもたちに負債を残すことが決まっているのである。なんだか昨日の東京オリンピック廃止をの続編のようだが、人間は過去に学ばない。必ず、失敗の選択をすると思って何もしないほうがいい。

東京へこんなに一極集中して、その後どうなるか考えている人はいるのだろうか?北海道の片田舎から見て、東京は都民全員でお風呂に入ってる民に見える。「いい湯だな・・・いい情報が入るわ・・・」しかし、こういう状況が一番危険なことを知って欲しい。集中は災害に超弱いのだということを。一番は水や食べ物、冬であれば寒さ対策、車や電車というインフラでの移動ができなくなるとどうなるか。考えるだけでぞっとする。もっともっと分散して住まないといまに大変な事態になる。

考えてみると、一番「失敗するように選択し続けているのは、この国の国民や為政者の都市づくり、一極集中で壊滅的な東京の街づくりではないか」と夢想する。「興隆の原因は没落の原因と同じである」(塩野七生)とりとめのないブログになってしまった。

 

  1. 何故?東京や大阪に集中して人が集まるのか?と考えれば答えは「人が沢山集まっているから」。その理由は「大勢の人たちが集まると言う現実が安心で快適そうだから」と。今でこそ、全国津々浦々、どんな小さな町もインフラも整備されて都会の暮らしと左程の変わりは無いですが、集団心理で群れに仲間入りすれば安心感と満足感が得られると錯覚してしまうのが人間心理ですね。この一極・二極集中現象を地方に分散させるには、災害などでインフラ全てが使えなくなった時かも知れません。

    • 集中は大災害を起こしますから、いずれ北海道は人口増に転化する日が来ますね。コメや野菜、果実や魚介が豊かでとりあえず生きられる基本がまずある北海道が日本を支えることに10年後なると思います。そのための準備をいまからしておくといいですね。東日本大震災で地方移住は加速されませんでした。都市は人を自由にすると同時にインフラが崩れると超弱い都市です。武漢ウィルスにも弱いです。

  2. 「選タクシー」なんてTVドラマがありますが、たまたま乗り合わせた旧型セダンのタクシーが何と?過去へ逆戻りできるのです。数時間前の失敗を取り返すためとか、やり直しが可能になるノです。料金は多少掛かるのですが「バック・トゥ・ザ・フィユーチャー」的な事が可能であれば、その都度小まめに軌道修正していれば目的を達成できますね。ここまでSF的で大袈裟でなくても、失敗したら、その都度時間を置かずにやり直していれば良いのかも知れませんね。でも、簡単なようで出来ないですね。何故なら、人間は失敗を隠すからです。自分は失敗なんか絶対にしない完ぺきな人間だと他人に思われたいからですね。そもそも、それが大失敗だとは気づかずに。

    • 失敗してこその人間で、面白いのは成功談ほどくさい話はなりません。自分だけで成功していることはないわけで、それより失敗談のほうが学べることがたくさんあります。政治の世界は政策をどんどん調整して,国民が幸福になる制度に変えていけばいいです。しかし、自分の人生は微調整しても数日で賞味期限が過ぎて、もとの木阿弥多いです。妻も(あの日に帰って、プロポーズを断れば良かった)と発言することがありますよ。誰と一緒になっても一人で生まれて一人で死んでいくことには変わりはありませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>