ニュースが何もない一日

テレビ古風

テレビは「きょうはニュースになるような事件は何もありませんから、静かに安心してお過ごしください。ではさようなら」。新聞も1面で「きょうは伝えることがありませんので、真っ白な紙面です。お悔み欄だけは〇〇面に収容しました。明日も何もなければ、きょうと同じ紙面になります」。これでは新聞購読はされない。テレビも見られない。CMが出ないからテレビ局は倒産する。


今日から見れば、これは異常な事態かもしれないが、想像をたくましくしていただければわかるけど、新聞発行される明治5年「東京日日新聞創刊」以前は、号外や立札や噂話で庶民は事足りていたのである。(ちなみに明治8年にすでに新聞の戸別宅配という制度を作っていた)


私のきょうの話はメディアがあると、事件は作られやすいということである。たぶん私は事件や事故や殺人やイベントや騒音や、そういう事柄がない静かな環境を無意識に欲しているのかもしれず、そうなら山の中に行って仙人にでもなればと言う人もいた。そういうことではなくて、十分、静かな日常は送れると思うのだが。日曜日に福岡便で仕事に来た娘婿を迎えに新千歳空港へ行くが、人・人・人。土産店のパレード。


先日、美瑛と富良野へ撮影に行った友人からメールがきて、「自分たちが外国人ではないか」と錯覚するぐらいの国外観光客ラッシュだと。小樽へ行った別の友人も同じような内容のメールが来た。茹でトウモロコシが1本500円だとも。せいぜい高くても300円が相場。どうして小樽はこういう値付けを平気でするのだろうか?昔、寿司の値段を巡って作家(渡辺淳一)が酷評して大問題になったばかりなのに、過去に学んでいないね。


きょうのテーマは「ニュースが何もない一日」だったね。そうか、動いてあちこち行くと、そこに人の波があって、私に耳と目と言葉があれば何かを目撃して、さらにメディアと接触したり、携帯やパソコンがあれば使ってしまう自分の感性や手段があって、自分はお喋りときているから、そもそも無理難題なテーマを掲げたに過ぎない。


けれども一日でもいい、殺人がない、自殺がない、せめて事故がない一日があってほしいと切に思う。私たちの感性が、そういうのは当たり前に起きることだよと当たり前に思うことが当たり前ではないのだということに気づきたいものだ。身近に防げるものには防いでいきましょう。NEWの複数形がNEWSか?せめて事件が複数から単数形になってくれればね。


日露戦争で偶然にも日本が勝って(実際は戦争が長引けば負けていた)、その勝利に歓喜したのはいいが、次の目標を失ってしまった若者たちが「何か面白いことはないか」と彷徨する風景を石川啄木は「時代閉塞の状況」というエセイで書いていた。退屈は若者だけでなく、人間が根源的に持っている病気かもしれない。

  1. ホランペッター。

    麻薬取締法違反で投獄経験のタレントが、講演会で経験談を語り、「あの狭い空間で何もせず毎日毎日過ごすのには耐えられなかった」と。言っていた筈が、また同罪で逮捕されました。退屈過ぎるはずの牢獄へまた。同じことの繰り返しです。ニュースと言うより笑い話ですね。

    • 最近、クスリ多いですね。私も睡眠薬依存で困ってますが、これも麻薬と変わりないですよ。抗鬱剤もそうだし、昔、どこかの首相の下痢止まらずでゼリヤ新薬の薬を携行して海外に出かけてましたね。彼は歯痛もひどいので相当にきつい薬を服用していますから、国会でのヤジが多い(しゃべるのが面倒な人)のだと私は分析していますが。医学的な分析ですから、主治医でもないのでいい加減ですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>