近所の毒舌家がいつもの時間に我が家の前を通りながら『まだ、コロナに感染していないのかい?』『コロナウィルスが私を嫌っているのでね』。2月から8月の連休前まで1週間に3回、通勤していることを知っている町内の助っ人ボランティアMさんだ。非力な私のために松を切ったり、芝刈り機を直してくれたりする。冬になればひとり暮らしの年寄り家庭に赴き除排雪をする。お礼は絶対受け取らない。筋肉量少なく軟な私はコロナ菌から見たら格好のえさに見えるかもしれないが、好きなものを食べて、好きな映画を見て、ブログ書くために図書館通いして、札幌に行けばおしゃべり相手に事欠かない人生。酒も飲まず、さっさとJRで帰る。娘の住む大分の町でコロナ感染者1号がある部落の主婦に出た。見知らぬ人から『この町から出ていけ』コールを受けて遂に引っ越しをした話を娘が先週していた。感染者の家に『お菓子やカップ麺でも置いて励ましてあげればいいものを、本州はまだそういう排他的な村感覚を持っているのかね』と私は娘と話した。そういえば娘が大学生活を京都で送っていたとき、ゼミで親しくなった肉屋の娘さんがいた。親友の付き合いをしていて、お父さんもうれしくなって神戸にドライブやら学生では高くて買えない高級な肉をもらったり楽しい付き合いをしていた。卒業してしばらくして『彼女、荒れた暮らしをしているみたい』と報告。きつい京都の差別・部落だねと私。『そんな差別されるのだったら北海道に来て働くように言ったら?』と私。元々、ロシアの南下政策に対抗して北の防備と開拓を兼ねて、明治政府が貧しい藩に赴いて『北海道移住を推進する演説会』を各地で開いた。私の先祖は徳島県から余市へ移住してきた。貧しかったり、差別されたら、中には人を殺めて逃げる、失恋して北へ向かう人もいるかもしれない。何でもOKだ。とにかく森を切り開く、道路をつくる、石炭を掘る、ニシンを獲る、何でも人手が必要だ。ウェルカムである。今でも近郊の農家やリフォーム会社や食品製造会社は常時、募集している。災害や地震や水害の恐怖から少しは離れられるし、何より生きるための食が豊富。奈良県から来たテレビ局の社員と話すと『奈良は大嫌いだ、狭くて排他的で干渉や噂がひどい。札幌はその点、自由で大らかだ』と。そういう風土ではあるが、果たして私がコロナ感染者になった場合、周囲がどういう反応をするのか?わからない。助けてくれる人はいるのかどうなのか?コロナは既成社会の差別構造を浮き彫りにする。社会学・民俗学・政治学・精神病理学・メディア論を動員して優に2本くらい卒業論文を書けるテーマだ。2本ではなくたくさん本を書けるかもしれない。ただ、他人事のように発言することだけは辞めて欲しい。テレビで医療現場で働かず、ギャラで生きるにわか芸能人的感染症疑似インテリ集団はサヨナラだ。

  1. 村には確かに有りますね。表面上は良識的なお付き合いですが、どこかで蔭口も飛び交っています。わが家は疎開でしたから特に感じましたね。独居の父が気丈に暮らしていましたが「火でも出されたら大変なので施設に入れてくれ」と言われ入った途端に肺炎になって衰弱死しました。葬儀の後に借家の庭に父が植えた紫陽花の一株を形見に札幌に持ち帰ろうとスコップで掘り起こしていたら、一体?どこから見ていたのか?
    地主に「植木を盗んで行った」と告げ口されました。そんな紫陽花も札幌では中々咲きませんでしたが、今年の夏、初めて数輪の花が咲きました。お盆も近いので仏壇に供えてあげました。父はあちこちに花や樹木を植えていました。川にかかる橋の袂には桜の苗木を植えていました。大きくなった桜は今も春にはきれいに咲いている事でしょう。昨年の7月に田舎にお墓詣りに行きましたが、何処にも寄らず帰って来ました。

    • やっぱりね。東京から名古屋へ転勤して10年、ある人が仕事で名古屋在住でアパート暮らしをしていて、ゴミだしのときそこの奥さん『10年住んでいるけど友達ができない。声掛けはするがよそ者を受け付けない体質で名古屋嫌いになってました』。全国に細かに見ていくと、こういう現象たくさんありますね。紫陽花咲いたり、良かったですね。植物にも感情があるという話もありますから、お父さんの植えた花が何かを語ってるかもしれませんね。先週、土曜日に妻の両親の墓参りに行ってきました。

  2. 独身時代の大阪での暮らしには、人に疲れました。人情の街浪花などと歌には有りますが、信じられない神経の人達も沢山居て疲れました。夏に帰省した田舎から沢山の活きたサザエを持って列車で大阪に戻ったのですが、友人の義兄のお宅に持って行って皆んなで食べようと思い「お土産で〜す」と差し出すと、何と???「おおきに」と言って冷蔵庫に仕舞われてしまいました。おまけに「ちょうど良かった。漆喰壁をぶち抜くから手伝って」と言って手伝わされました。真夏の猛暑で身体中、汗まみれの上に壊した壁の土煙を被って衣服も汚れ悲惨な目に合い、そのまま遠い下宿の街まで電車で帰りました。その家には二度と活きませんでした。また真夏に或る先生から「冷たいコーラを買って来て」と頼まれ炎天下を歩いて買ってきましたが「ありがとう」と言って目の前で自分だけが飲んで居ました。中にはいい人達も居ましたが、何でもタダ主義の大阪人に沢山会い、もうコリゴリと逃げ出しました。札幌に移住して人情に涙したものでした。しかし、最近では札幌でも関西弁が飛び交うようになり、危険さえ感じるようになりましたね。前々職の同僚は大手航空系の旅行会社の関西出身の課長に完全に利用されて居ました。親しくしてくるのには魂胆があるのですが、純朴でお人好しの道産子には分かりません。関西出身の彼が転勤後も、やって来る度に、自宅マンションに泊めて、車で道内旅行などさせられて居ました。全部「タダ」でした。私の偏見かも知れませんが?経験からは「関西人と火星人には要警戒!」。

    • そろばんで生きている商人ですね。関西弁といってもたくさんの地域便があるみたいで、あの汚い言葉は南海電鉄沿いの町だと馬鹿にしていた関西人が同級生でいましたね。関西も差別の構造が露呈してますから。聞いていて心地いい日本語を話せる人が本当に少なくなりましたね。20代には大学の教授や近所のおばあちゃんなどたくさんいたものです。話す訓練は必要ですが、家庭環境、家族の人間関係を整えないとまずいですよ。

  3. コロナは収束しませんね。感染拡大の原因は一部を除けば、ほとんどが人災ですね。お酒が絡んだ遊び場が感染源ですから、ハッキリしているにも関わらず節制できない人達ばかりですね。これが拡大すればお酒に関係なく一般にも感染拡大しますから困り者です。休業要請に伴う営業補償なども感染拡大に比例して増え続け自治体や国の財政も危うくなって来ました。アルカポネの時代でも無いですが「禁煙」に続く「禁酒令」でも出さない限り収束しませんね。タバコも止めて二十年。お酒嫌いの私の発想ですけど・・・。

    • 酒とタバコとなくても生きるのに全然困りませんが、飲むと愉快な人もいたり、19歳から49歳まで愛煙家でしたから、飲みたい人はどうぞと言う程度です。禁酒法をするとヤクザや暴力団喜びますよ。タバコで人生は変わりませんが、アルコールは家庭をたくさん破壊してますから、親子関係まで、家計まで殺されます。私の父が母親が小学生の時に死んで、父親はアルコールがないと不機嫌。街まで歩いて焼酎を買いに行かされた苦い思い出を語ってました。それから酒は天敵。

    • 酒とタバコとなくても生きるのに全然困りませんが、飲むと愉快な人もいたり、19歳から49歳まで愛煙家でしたから、飲みたい人はどうぞと言う程度です。禁酒法をするとヤクザや暴力団喜びますよ。タバコで人生は変わりませんが、アルコールは家庭をたくさん破壊してますから、親子関係まで、家計まで殺されます。私の父が母親が小学生の時に死んで、父親はアルコールがないと不機嫌。街まで歩いて焼酎を買いに行かされた苦い思い出を語ってました。それから酒は天敵。

    • 酒とタバコとなくても生きるのに全然困りませんが、飲むと愉快な人もいたり、19歳から49歳まで愛煙家でしたから、飲みたい人はどうぞと言う程度です。禁酒法をするとヤクザや暴力団喜びますよ。タバコで人生は変わりませんが、アルコールは家庭をたくさん破壊してますから、親子関係まで、家計まで殺されます。私の父が母親が小学生の時に死んで、父親はアルコールがないと不機嫌。街まで歩いて焼酎を買いに行かされた苦い思い出を語ってました。それから酒は天敵。

  4. 「札幌出張=ススキノ・ソープランド」などと勘違いしている出張族も多いですね。余程ストレスを溜め込んでいるのかは知りませんが、旅先の恥は掻き捨てなのか?勘違いも甚だしいです。しかし今回のコロナ騒動で、ススキノ=危険地帯のイメージが定着するかも知れませんね。

    • ススキノにいまも客引きはいるのでしょうか?ソープに引き込んでましたね。暴力バーとか。密にならないと仕事になりませんからね。『マスクでのキスならOK)ならだれも来ませんねね。単身赴任者で酒好きはススキノ嵌ります。転勤でいなくなったら、スナック女将が会社に来て怒鳴ってました。結婚すると約束していたのに、どこに行ったか教えろと!泥酔して金を払わず1年を過ごした男もいたが、さすがに年末に集金に来て、会社の経費で払ったり、こちらからススキノ行かずとも向こうから来ました。

  5. ホランペッター&ヘターリスト

    「酒と涙と男と女」な~んて歌も有りますが、酒と男女は切っても切れないのでしょうね。普段は「借りて来た猫」のような人も酒の勢いを借りて非日常の自分の世界を謳歌しているのでしょう。それらを支援してビジネスにする「水商売」まさに水のような商売です。若い頃に大阪のクラブでバンドのアルバイトをした事がありましたが、客にはいろんな人が居ましたね。我が物顔で威張り腐る人、何が目的?なのか?黙々と毎夜通って来る人、暴れる人など様々な人間模様でした。あれほどの自分勝手な行動も、今ではままならない訳ですから、ストレスが溜まっているのでしょうね。いい酒ならまだしも、クダ巻く悪い酒だけは勘弁して欲しいですね。

    • 酒飲みでカッコいい人もいます。さあ帰ろうとすると『お支払済みです』と言われるときがありました。それも経費ではなく自腹です。普通のサラリーマンです。こういう男を水商売の女の人は見逃しません。囲います、上得意のお客として。ダメなのは支払いのときにいなくなる輩でした。『おれ、部長になったから俺の店に行こうとテレビ局と新聞社引き連れて行きました。チャイナドレスのスリット入った美足の女性ばかり。帰り際私が『割り勘にしよう』と提案。ひとり8000円払うもひとり分足りません。店に誘った新部長が消えたのです。彼はツケで飲もうとしたので現金は持っていなかったのです。そのとき立て替えた20代の彼は今でも『あの8000円は戻ってくるのでしょうか』と私に問いかけますが、退社したのでダメです。飲むと大法螺を吹くそうです。飲み過ぎて前後不覚になり、宴会場の畳でオシッコした強者もいますよ。こういうのもいただけません、女子社員もいたのでね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。