筆者唯一の海外旅行『アメリカ西海岸流通業研修旅行』で、サンフランシスコで一日自由行動になり、私はアルカトラス刑務所を目指した。多くはバスでヨセミテへ行っていたが、自分の英語力を試すためもあり、ひとりで行きたかったのだが、ホテルで同室の人間と静岡から参加した2名も私の後をついてきた。脱出不可能と言われる刑務所みたさは、私が住んでいた札幌東区に苗穂刑務所があって青い囚人服を着た畑仕事をする彼らに親しみを感じてもいたせいかもしれない。港からフェリーに乗れば目と鼻の先だ。イタリア人が坂本九の『スキヤキソング』を日本人を見ると歌い出してエビ料理を売る。美味い。島に近づくと岩に白ペンキで『この島の所有はインディアンのものだ』と書いている。それはそうだ。

島に上陸すると、刑務所のガイドを日本語で案内してくれるのでヘッドフォンを借りる。『ここはアルカポネが入っていた独房です』という案内に、私は好奇心もあって入ってみたら、誰かがいたずらで独房を閉めた。激しいパニック発作が起きて『開けてくれ!』と叫んだ。独房から出てもパニック症状が治まらず、島の上の屋上に出て深呼吸をした。対岸のサンフランシスコのビル街を眺めながら、コイトビルの英語文字を見て、『これは車のランプをつくる小糸製作所のビルか?』など全然関係のない空想を巡らして、気持ちをパニックを考えないように誘導した。

この旅の初めから私はパニックと戦ってきた。成田で当時500人くらい乗れる飛行機の最後尾の真ん中の席に入るやパニック起きて『この飛行機から降ろしてくれ』と騒いだのも私だ。息が苦しくて死にそうになるのだ。周りは『あいつ、何を騒いでいるのか』とみられたが、通路側の席を譲ってくれて足を通路に投げ出して少し楽になった。ロサンゼルスまで一睡もせず、ジョニーデップ『パイレーツオブカリビアン』の封切りを何度も見ていたがストーリーは全然覚えていない。地獄のような旅であった。『のような』ではなく『地獄そのもの』であった。ユニバーサルスタジオで私はどこにも行かず、ケヴィンコスナー主演『ウォーターワールド』の横のベンチに座り爆睡をしていた。歩いていても瞼が落ちる体験を初めてした。眠くて歩けないのだ。

サンフランシスコのホテルも部屋に入ると少し息苦しいので窓を開けて外の空気を吸おうとしたら、開けるとそこはコンクリートの壁でパニックが起きて、廊下を走り、1階の天井の高いロビーに戻り、深呼吸をした。パニック発作を持ってる人ならわかると思うが、ある条件(狭い・暗いなど)で一度起きると、また発作が起きる観念に襲われて実際起きてしまう。いま思うと、飛行機の中を含めて旅そのものが『アルカトラス刑務所』ではなかったかと妄想する。海外の旅先を描いた紀行文を好きな私だが、『待てよ、彼らはそこに行くのに平気で飛行機に乗れるのか?私みたくパニックは起きないのか』と不思議に思う。

しかし、そのことを書いていた分子生物学者がいた。福岡伸一さんである。『閉所という極限』だ。(生命と記憶のパラドクス 文春文庫 69p)。ミラノから天井の低い狭い飛行機内で、雪害ため閉じ込められパニック障害を体験したことがリアルに描かれている。自分の心の動きが細密に描かれてある。

  1. 大変な海外旅行でしたね。しかし貴重な体験をされたんですね。普通はお決まりのコース観光になるのでしょうが、知らない地でツーリストも居ない独自コースで語学もぶつけ本番とは感心です。今であれば、スマホのアプリの翻訳機などで誰でも楽な海外旅行を楽しめるでしょうが、当時は携帯電話も無かったのでしょうね。その上、地理にも乏しい外国の土地で、よりもよって具合が悪くなるなんて、考えただけでもゾッとしますね。でも乗り越えたのですから貴重な体験は、今となれば良い思い出となりましたね。

    • 軽々と海外へ行く人の気がしれません。飛行機なんて危ない危ない。ウクライナの地上からロケット砲で誤射されたマレーシア航空機や御巣鷹山に自衛隊機に追尾されて落ちたJAL機(極秘にしてますが)、ドイツ格安航空機がアルプスの壁に激突したのもテロの乗っ取りでフランスの原子力発電所目指した自爆テロを防ぐためにフランス空軍が撃ち落したもの。ドイツメルケル首相は苦渋の決断、原因を機長の精神不安定にしました。福島原発の事故をテロ手段は再現しようとしたのです。岩手県雫石のANA便も自衛隊機の急接近です。地上から消したマレ^シア航空機は一体どこに行ったのでしょう。私は『成田でおります』と宣言したのですよ。代理店の人は『私がいないとツアが成立しない。頼むから乗ってください』プロに聞くと積んだ荷物を探すのが大変だからです。飛行機以外に、戦中は貨物船や旅客船がたくさん沈められていました。B29の空襲もあり、左手に爆弾投下ボタン、右手に操縦桿。同じ人はします。明日から心臓細密検査入院。ノートパソコン持参するのでメールくだい。アドレスじ tose77.com

    Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。