日本の黒幕100人の名言(227p)にセゾングループ率いた堤清二さんが上野千鶴子さんとの対談『ポスト消費社会のゆくえ』で語っていた。文化や経済は発展しなくてもいいという現状追認だけで人生を追われる人はずいぶん少なくなってきた。欲望がいつからか超肥大化して、もっともっと欲しいが世界中の人々の主流になってしまった。一番は交換価値の貨幣であるのは言うまでもない。欲望の肥大化に警鐘を鳴らす人も大学から給与をたっぷりもらう教員であったり、テレビ局から出演料をもらう名の売れた人であったり、新聞社や雑誌社から原稿料をせしめているんだから何をかいわんやである。

『アンチ』という言葉に私は懐かしささえ感じる。『アンチ巨人』『アンチ資本主義』『アンチテーゼ』『アンチマルクス』etc。アンチには『新しいものをつくるぞ!』『これまでの既成概念を壊すぞ』『流通のしくみを改革するぞ』など積極的な創造的な営みが感じられた時代があった。無印にしたってセゾングループが『ブランド』への対抗馬として、いい商品。良質な商品。コテコテしない品質で少し高いが素材でいいものを提供するぞという意気込みで始めて、アジアや外国人もいまやMUJIはブランドになっている。堤清二さんの先見は凄い。しかもMUJIは無名であるがゆえに長生きだ。ブランドにはマーケッティングで利用する『物語』を作る癖がある。シャネルがどうだ、イヴサンローランはどうだ,コシノ姉妹がどうだ。創業者の話をゴーストライターが聞き取りで執筆、印税で儲ける仕組みだ。しかし、ブランドもバングラディシュの少女労働で作られていたり(先だって建物が壊れて多数の死者が出た)するから、文化帝国主義のフランスも将来はルノー同様先行きは暗い。あとはCMでいかに女性を騙すかである。

ベルギーダイアモンドのデビアース社は映画館広告で『婚約指輪は男の年収の3倍のダイヤを買う』という洗脳を日本人に施して大成功をした。私は妻には申し訳ないが、1万円のファッションリングで我慢してもらった。結婚指輪はさすがに3万円の指輪で大奮発した。貯金ゼロでの結婚であったから致し方ない。『世の中の風潮に』アンチで生きるほど楽しいことはない。最後にいい話を一つ。ある会社が100室のホテルを買収してほしいと自治体の市長から申し入れがあった。役員や従業員に図ると全員『反対!』であった。だから社長は『買う』ことにした。いま大成功をしている。この意味が分かる人はなかなかの人だと思う。

  1. ブランディングも長い歴史の結果で確率されたわけで、CMなどは伝統を伝承する手段でしかありませんね。高い物ほどブランド力が問われますが、それなりの価値もあるのでしょうかね。若い女性たちはほとんどがブランド趣向ですが、男性は女性に比べて少ないですよね。幸いにも我が家の山の神は昔からブランド趣向ではないのでとても助かっています。結婚指輪などもかつては有ったのですが、お互いしていません。

    • ブランド志向は、昔、JUNやVAN中学のころ流行りましたが、追いかけていたのは数人の世界でした。PLAY BOYという雑誌がファッションを牽引していたかもしれませんが、お洒落より食い気でした。

  2. 国が決めた事の反対を行けば絶対に間違い有りません。何故なら、政府は末端?の我々の事など眼中に全く無いからです。選挙のときの票としか考えていません。民意など全く反映されずに一部の仲良しクラブで物事を決めるのですから。今回の新元号だって3月14日に首相から学者?に依頼したそうです。たった1週間で提出された物の中から、首相と取り巻きが選択して、またたった1週間後に最終決定を首相がするそうです。そんな安易な方法で大丈夫なんですかね?。ところで明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHでしたが、果たして今度の元号のイニシャルは?まさか、Aでは無いでしょうね。歴史に名を残したいだけのために首相の頭文字のAだけは勘弁して欲しいですね。もし、まさか本当にAになった暁には、全ての書類は西暦表示で通します。

    • Aで始まる元号の可能性、ないとはいえませんね。気持ち悪いトップですね。世界じゅう見渡してもトップらしいトップ、どこかにいますか?ロボットがトップかもしれません。

  3. 4月1日からお国の主導で「働き方改革」なるものが施行されるそうですね。ブラックな企業には罰則があるそうです。大手に比べたら対象にすらならないとは言え、我が社は間違いなく罰則対象になるでしょうね。でも国は大企業と中小企業しか頭になく、それもそこそこ安定したサラリーマンまでしか描いていませんから、零細企業の事などには一切触れていません。問題山積はハッキリしていて面倒ですからね。つまり自殺者まで出した大手企業などは国の方針どおりになったとしても、はみ出した仕事は零細な下請けにやらせる結果、残業どころか休日さえ取れなくなるでしょうね。零細企業では独自で働き方改革を推進する事は非常に難しいですよね。ヨーロッパのように全てが一斉にバカンスなんて?あり得ないですね。

    • 吹けば飛ぶような零細企業がたくさんあります。見たくないものは見ない癖がついてしまって、改革も全部、ピントはずれで、これではモノづくりに不正が横行するのもうなづけます。

  4. 独自のアイディアも形になるまでには反対意見の方が多いですね。会議で発表すれば必ず「それはムリなんじゃあないの?」とかマイナス思考的な反論はいくらでも出てきますが「おもしろいんじゃあないの」とか、さらにプラス意見を言う人は少ないです。それも自分のアイディアでは無いので潰しにかかる訳です。でも考えてみれば、反対意見が多いほど意外にイケるアイディアだと捉える事もできますから、他人の意見に左右されてあきらめてはいけませんね。僕は面白いアイディアを出した時に、誰か一人でも馬鹿にしたように「クスっ!」と笑ったら「イケる!」って考えましたね。反対されればされるほど燃えますよね。

    • そういう人がたくさんいれば面白い地域や企業が増えます。あるとき私にブログを書いては・・・と進めた人に『どうして僕に進めたの』と聞いたら『考え方が少し皆と違う気がしたから』と言ってました。そんなもんですかね。自分のことはわからないものです。

  5. 「寄らば大樹の陰」とばかりにその場で強い者に寄り添い「虎の威を借る」輩が多いですね。最近では、アンチ与党の筈の野党議員が、事もあろうに与党に鞍替えしたりして驚きました。でも、この手の輩は「内股膏薬」で、右股にくっついたり、左股にくっついたりと、いずれ都合の良い方にくっつきたがるのでしょうね。信念の無い「狼中年」も次第に信用をなくすでしょうね。

    • 私も現役時代、そういうチャンスは何度もあって、この道行けば出世するわなという岐路がありましたが、拒否しました。心筋梗塞から回復して、いきなり2階級特進人事でしたから壁に貼られたときは社内がどよめきました。しかし、そこは毎日飲み会続き、体育会系上位下達でそこに行くと死んでいたかもしれませんね。寄らば葉っぱの蔭が自分に似合ってるみたいです。

  6. プロ野球のトレードでは驚く事ばかりですね。昨季リーグ優勝チームの主力バッターが日本シリーズで全く打たなかったので変だな?と思っていたら、何と既に東京の球団にお金で買われていたわけですね。東京の球団側はそれなりの選手を交換トレードしましたが、それじゃあ別に古巣で頑張る必要も無かったと言う事でしょう。しかし今季のオープン戦では新チームで活躍し始めましたよ。ゲンキンなものですね。嫌ですね〜金にモノを言わせたチームなんて。それに比べて大阪本社(?意味深)の日ハム球団などの選手の待遇は比べ物にならないくらい低いのでしょうね。昨季アメリカで大活躍だった大谷選手をメジャーに行かせても本人は年齢制限でかなり低い待遇なのでしょうが、アメリカ側から日ハム球団側に入ったお金は相当だったのでしょう。ここでもお金ですね。

    • 日本ハムは不思議な球団で話題提供には事欠きません。斉藤祐樹からはじまり、ダル、大谷、糸井の放出、レアードがロッテ。野球場の移転、プロ野球を活性化するカンフル球団でいいと思いますね。大谷選手の場合、幾ら球団に入ったかはっきりして欲しいですね。お金にたいして関心がないところが大谷いいですね。

  7. 年金老人
    新元号の話ですが、絶対安倍の安(A)は使ってほしくないです。有識者で決めるとのことですが、日本会議の連中が入っているに違いないので、心配です。いっそ平成天皇に決めてほしい気持ちです。
    もし安の字が入っていたら、私も西暦年号を極力使います。

    • 7歳の孫が昨日帰宅して、新しい年号には『大きい』大(ダイ)安らかで 大安ではないかと予想してました。ネックは安倍の安が入ってること。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>