夏のオリンピック開催はアテネで固定する〈提案〉

きょうは、夏のオリンピック開催はアテネで固定する提案です。冬はスケートはオランダのハーグ、ノルディックはフィンランドかノルウエーのオスロに固定する。オリンピックロゴは五輪マークに開催年次を入れるだけにして、とにかく不明な招致費用やプレゼンテーションなどの無駄金を無くして、会場費用についてIOCが負担することにする。ゼネコンやテレビ局にとって旨みのない大会にする。アフリカ諸国は近くてアテネは交通費が安くて済む。それより、国それぞれが緊急の国民の暮らし向上や福祉向上へ使うべく税金が使えるよう配慮する。これが五輪精神ではないかと筆者は思う次第だ。2016年5月19日のブログを下記に掲載します。

オリンピックは世界のお荷物イベント!?

 中止 1944年 ロンドン イギリス
14 1948年 ロンドン イギリス
15 1952年 ヘルシンキ フィンランド
16 1956年 メルボルン オーストラリア
17 1960年 ローマ イタリア
18 1964年 東京(予算を遥かにオーバー) 日本
19 1968年 メキシコシティ(流血の大規模デモ発生) メキシコ
20 1972年 ミュンヘン(選手村でテロ事件発生) 西ドイツ
21 1976年 モントリオール(開催費用は予算の8倍。大赤字) カナダ
22 1980年 モスクワ(ソ連のアフガン侵攻でボイコット) ソ連
23 1984年 ロサンゼルス(市自身は開催拒否、詳細は下記へ記す) アメリカ
24 1988年 ソウル 韓国
25 1992年 バルセロナ スペイン
26 1996年 アトランタ アメリカ
27 2000年 シドニー オーストラリア
28 2004年 アテネ(当初予算の16倍)後にギリシャ財政危機 ギリシャ
29 2008年 北京(施設建設で強制的な立ち退きで泣く住民) 中国
30 2012年 ロンドン(当初予算の5倍) イギリス
31 2016年 リオデジャネイロ(ブラジル大統領辞職・五輪開催反対デモ) ブラジル
32 2020年 東京(森VS猪瀬、国立競技場、エンブレム、舛添都知事) 日本

 

オリンピックを一覧表にしてみた、コメント入れて。『ニューズウィーク』2016年2月2日号に『五輪はもはやお荷物なのか』という特集記事がある。オックスフォード大学経営大学院が1960年~2012年まで開催された五輪の予算を調査したものだ。予算資料が非常に入手しづらく信頼に足りる数字が難しかったが、すべてのオリンピックが予算をオーバーしていた。平均179%だ。しかも、オリンピックは政治そのもの、国税の大量投下がないと成立しない。アテネなんて野球場を無理やり作って、いまはどうなっているか。日本のマスコミは監督は誰だとか選ばれる選手はああだこうだとうるさいが。

奇妙なことに64年の東京大会を含む3分の1の大会ではデータを入手できない現象があった。税金を大量に投下するイベントなので『お金の収支を隠す癖のあるイベント』だということ。なぜなら、明瞭にしたら国民が怒る・『やめてしまえ!』という運動に発展、その責任を問われるからだろうと推測する。

唯一、ロスアンゼルス大会は、当初、市自身は立候補を拒んだが、IOCは民間団体でも立候補できるように規約を急遽変更して、広告代理店を大幅に関与させて、放映権料を民間企業の負担させて(電通の関与が始まり、旨みを知る)、さらにロスアンゼルスはインフラが元々整備もされていて、施設建設費が少なくて済み、2億1500ドルの黒字にした。商業オリンピックの始まりだ。

IOC委員も各種接待、金銭授受で開催地競争が激しくなればなるほど儲かる仕組みだ。開催都市視察と名を借りての大名行列で、袖の下を渡す国も多いし、それをまた『隠す』。国自身が金を渡せば問題になるから、広告会社を経由したり、広告会社は直接責任が来ないようダミー会社を使う。危なくなったら潰せばいい。すべては結果オーライでいこう。しかし、新施設は壊さない限り、維持管理費が税金や自治体の負担で財政を圧迫し続ける。ゼネコンや電通は知らぬ顔である。儲けたら後は野となれ山となれだ。日本中でバブル期、作られたテーマパークが不動産や建設会社が地方財政を猛赤字化したことを思い出す。企画書では、開催終了後は、こういうイベントで使えますと文章を加えてJOCの歴々の素人を煙に巻くのはお手の物。

今回のフランスから発表された東京の誘致運動での金銭渡し疑惑はたぶんこの例だろうと思う。しかし、これには税金が投入されている。招致運動の企画書、制作物には電通が強く関与している。テレビ局がどこまで事件を掘り下げられるか見ものであるが、たぶんできないだろうと思う。トヨタやKDDI、パナソニックなどテレビ局のゴールデンタイムがほぼ電通で買い占められ、BS放送のCM枠も抑えられてるから、できるとしたら経営の半分を購読料と不動産収入で持っている新聞だが・・・。

しかし、この時代にまだ『平和の象徴 オリンピックって必要なの?』という問いかけだ。広告会社とゼネコン、警備会社、ホテルや飛行機会社、テレビ局(バカ高い放映権料を主催者に払うから入るCM代金と釣り合うか微妙)。残るのは借金のヤマ。次々と世界で難民発生、中流階層の縮小、貧民の増加の時代に、現実に目隠しをするイベントやってていいのだろうか。もう世界は目を覚ましてもいいと思う。各競技の世界大会があるわけだから、そこで記録を競ったら安くて済むし、冬のオリンピックは中止した方いい。スキーをしている国は圧倒的に少ない。ワールドカップがある。

しかし、サッカーのワールドカップの主催国決めやFIFAはIOC以上に腐臭を放っている。元アスリートがJOCやIOCやFIFAの理事に沢山なって生計を立てている。現役のときと違って、共通は人相が悪くなってきていること。悪相にはなりたくないものだ。

olympics201936

先日急死した建築家サハ・ハディト女史、前の国立競技場のデザインを巡る裁判も解決していない(国立競技場突然の不採用の件が、心労で心臓病併発の引き金になってる可能性あるし、現在、ドケチ醜悪なヘナマずるい升添都知事がメディアを賑わしているが、これも東京オリンピック税金不明朗大事件を矮小化するための政治的な関心移動戦略の匂いも筆者にはする)。

  1. 実際には1972年の冬季札幌しか間近に見ていないですが、競技そのものより誘致運動やセレモニーや選手村や競技以外の付帯部分にお金が掛かっているのでしょうね。戦争が全て競技に変われば良いのですが、戦争は未だに各地で起きている訳で、現代オリンピックが平和への架け橋になっているかは疑問ですね。

    • 場所をアテネに固定すれば、ベストですよ。無駄な招致合戦必要ないし。それぞれの競技スポーツは世界大会あるんですから。そこで楽しんでOKでしょう。オリンピックなくても海外からの旅行者がどんどん増えてるわけだし、無理することないですよ。原発建設で儲け、廃炉や除染で儲け、オリンピックの建設費で儲けるゼネコンと設計会社、いい加減にして欲しいです。さらにセコムが警備で大儲けさせる構図。セコムの飯田一族がパナマ文書(税金逃れ)にしっかり名前も載ってますから、税金を横取りする構図です。

  2. スポーツ選手はオリンピック出場が目標の方々が多いので、オリンピックを失くせば目標を失って只の乱暴者でグレるかも知れないので、彼らのストレスやアドレナリンの為にも失くさない方が良いのではないですか?。それに観戦や応援を生きがいにしている人たちも大勢いる訳ですからね。ただ余計な税金の無駄遣いはいけませんね。もっとクリアに運営すればいいのでしょうね。政治や権力や利害が背後でうごめく現在の体制を一新したほうが良いでしょうね。IOCもJOCも内部一新するか、定期的に人事は入れ替えなければ当然腐敗しますよね。

    • スポーツはいまや世界大会のあるスポーツばかりですよ。冬なんて雪の降らない国には関係ないし。陸上と水泳だって世界大会あるし、アテネ大会も要らないでしょうね。何でこんな大会主催の貧乏くじを自分で取りに行くのでしょうか?電通の企みにまんまとNHK初め大手メディアが乗っかっている構図です。IOCの竹田会長問題は、もう何年も前からフランスのIOCから指摘されてきて(電通がお金を渡しているわけですから)、テレビも新聞もなぜ、知っているのに報道しないのか?広告が止まり、経営難になること、安倍政権が電通とのアベック政権だからですよ。電通は政治団体、圧力団体ですからね。

  3. 全豪テニスOPENの錦織圭とスペイン人の選手との試合をテレビで見ました。一進一退の5時間にもなる死闘とも見える厳しい試合でした。最初から錦織は負けたと思っていたのですが、最後の最後に勝ちました。スポーツも面白いですよ。詳しいルールは分かりませんが、サッカーも長丁場を戦い切る体力には驚きますね。最近では一時廃れそうになった野球も大谷翔平君や田中将大選手などが人気をけん引していたり、卓球も、スケートも、バスケットボールも若い有望選手が出てきて人気ですね。ゆっくり見ている時間はありませんが、海外まで応援に行くファンも多いらしいですから驚きですね。年がら年中金欠病の僕んいは到底無理ですが。スポーツも音楽コンサートを見に行くのと同じではないでしょうか。オリンピックも4年に1度ですから楽しみにしている人もきっと多いと思いますよ。汚職や贈収賄はもちろん排除しなければいけないでしょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>