舛添前東京都知事時代に書いたブログ。涼しい札幌でマラソン開催を決めたバッハIOC会長。このIOCも実は金まみれの組織だ。アメリカのNBA放映が9月10月にヤマが来るから東京五輪は時期をずらされて真夏の開催になった。アメリカのTV局からIOCに入る金を最大限にするためだ。1932年まで放映権をIOCに1932年まで173億ドルを支払う約束をしている金まみれ団体だということ。

オリンピックは世界のお荷物イベント!?

 中止 1944年 ロンドン イギリス
14 1948年 ロンドン イギリス
15 1952年 ヘルシンキ フィンランド
16 1956年 メルボルン オーストラリア
17 1960年 ローマ イタリア
18 1964年 東京(予算を遥かにオーバー) 日本
19 1968年 メキシコシティ(流血の大規模デモ発生) メキシコ
20 1972年 ミュンヘン(選手村でテロ事件発生) 西ドイツ
21 1976年 モントリオール(開催費用は予算の8倍。大赤字) カナダ
22 1980年 モスクワ(ソ連のアフガン侵攻でボイコット) ソ連
23 1984年 ロサンゼルス(市自身は開催拒否、詳細は下記へ記す) アメリカ
24 1988年 ソウル 韓国
25 1992年 バルセロナ スペイン
26 1996年 アトランタ アメリカ
27 2000年 シドニー オーストラリア
28 2004年 アテネ(当初予算の16倍)後にギリシャ財政危機 ギリシャ
29 2008年 北京(施設建設で強制的な立ち退きで泣く住民) 中国
30 2012年 ロンドン(当初予算の5倍) イギリス
31 2016年 リオデジャネイロ(ブラジル大統領辞職・五輪開催反対デモ) ブラジル
32 2020年 東京(森VS猪瀬、国立競技場、エンブレム、舛添都知事) 日本

 

オリンピックを一覧表にしてみた、コメント入れて。『ニューズウィーク』2016年2月2日号に『五輪はもはやお荷物なのか』という特集記事がある。オックスフォード大学経営大学院が1960年~2012年まで開催された五輪の予算を調査したものだ。予算資料が非常に入手しづらく信頼に足りる数字が難しかったが、すべてのオリンピックが予算をオーバーしていた。平均179%だ。しかも、オリンピックは政治そのもの、国税の大量投下がないと成立しない。アテネなんて野球場を無理やり作って、いまはどうなっているか。日本のマスコミは監督は誰だとか選ばれる選手はああだこうだとうるさいが。

奇妙なことに64年の東京大会を含む3分の1の大会ではデータを入手できない現象があった。税金を大量に投下するイベントなので『お金の収支を隠す癖のあるイベント』だということ。なぜなら、明瞭にしたら国民が怒る・『やめてしまえ!』という運動に発展、その責任を問われるからだろうと推測する。

唯一、ロスアンゼルス大会は、当初、市自身は立候補を拒んだが、IOCは民間団体でも立候補できるように規約を急遽変更して、広告代理店を大幅に関与させて、放映権料を民間企業の負担させて(電通の関与が始まり、旨みを知る)、さらにロスアンゼルスはインフラが元々整備もされていて、施設建設費が少なくて済み、2億1500ドルの黒字にした。商業オリンピックの始まりだ。

IOC委員も各種接待、金銭授受で開催地競争が激しくなればなるほど儲かる仕組みだ。開催都市視察と名を借りての大名行列で、袖の下を渡す国も多いし、それをまた『隠す』。国自身が金を渡せば問題になるから、広告会社を経由したり、広告会社は直接責任が来ないようダミー会社を使う。危なくなったら潰せばいい。すべては結果オーライでいこう。しかし、新施設は壊さない限り、維持管理費が税金や自治体の負担で財政を圧迫し続ける。ゼネコンや電通は知らぬ顔である。儲けたら後は野となれ山となれだ。日本中でバブル期、作られたテーマパークが不動産や建設会社が地方財政を猛赤字化したことを思い出す。企画書では、開催終了後は、こういうイベントで使えますと文章を加えてJOCの歴々の素人を煙に巻くのはお手の物。

今回のフランスから発表された東京の誘致運動での金銭渡し疑惑はたぶんこの例だろうと思う。しかし、これには税金が投入されている。招致運動の企画書、制作物には電通が強く関与している。テレビ局がどこまで事件を掘り下げられるか見ものであるが、たぶんできないだろうと思う。トヨタやKDDI、パナソニックなどテレビ局のゴールデンタイムがほぼ電通で買い占められ、BS放送のCM枠も抑えられてるから、できるとしたら経営の半分を購読料と不動産収入で持っている新聞だが・・・。

しかし、この時代にまだ『平和の象徴 オリンピックって必要なの?』という問いかけだ。広告会社とゼネコン、警備会社、ホテルや飛行機会社、テレビ局(バカ高い放映権料を主催者に払うから入るCM代金と釣り合うか微妙)。残るのは借金のヤマ。次々と世界で難民発生、中流階層の縮小、貧民の増加の時代に、現実に目隠しをするイベントやってていいのだろうか。もう世界は目を覚ましてもいいと思う。各競技の世界大会があるわけだから、そこで記録を競ったら安くて済むし、冬のオリンピックは中止した方いい。スキーをしている国は圧倒的に少ない。ワールドカップがある。

しかし、サッカーのワールドカップの主催国決めやFIFAはIOC以上に腐臭を放っている。元アスリートがJOCやIOCやFIFAの理事に沢山なって生計を立てている。現役のときと違って、共通は人相が悪くなってきていること。悪相にはなりたくないものだ。

olympics201936

先日急死した建築家サハ・ハディト女史、前の国立競技場のデザインを巡る裁判も解決していない(国立競技場突然の不採用の件が、心労で心臓病併発の引き金になってる可能性あるし、現在、ドケチ醜悪なヘナマずるい升添都知事がメディアを賑わしているが、これも東京オリンピック税金不明朗大事件を矮小化するための政治的な関心移動戦略の匂いも筆者にはする)。

  1. 東京オリンピック2020は最初から問題続出でしたね。シンボルマーク、競技場デザイン、聖火台、その他競技会場、誘致の裏金、そして札幌に会場変更のマラソン、競歩などなど。大きなイベントなどには表面上には見えない裏が必ずあります。権力や利害が暗躍しますね。時代の進化と共に歴史は必ず塗り替えられます。これまでのオリンピックも次第に意味を失くして来そうですね。

    • 日本のオリンピック招致自体、アフリカ票を集めるための裏金撒いて成功。しかし、フランスIOCはIOCへ提訴するも電通から出た金は曖昧模糊のまま解散など、組織委員会に嘘が多くて信用できないというイメージを与えた。マラソンなんか「暑いけど、死にそうになったら走らないで棄権してね」と断りいれて開催するといいですよ。

  2. 喜んで良いのか?喜ぶのは大手広告代理店やメディアですかね。ホテルなど接客業も。オリンピックのマラソンや競歩が札幌で?。正に寝耳に水ですね。現状のままの凸凹道路は多分全舗装しなければならないでしょうね。地元予算で?。テロ対策として警備にも。北海道マラソンでも交通機能が麻痺していたのでオリンピックが市街地でとなればパニックですね。

    • 厚別競技場と円山競技場、真駒内競技場の組み合わせですね。札幌が断れば東京へ戻るしかないのですから、ここはマラソン競技の歓迎は止めて返すのがいいですよ。

  3. 昔は確かに社会に貢献していたのに、今はお荷物。若い人から見れば、我々年寄りも襟を正さないと、オリンピック爺いと呼ばれてしまいますね。

    • 東京オリンピックの記憶にさいなまれた世代が映画(強制的に鑑賞しに映画館へ行った)がお暇なら見てね・・と。もっと別にやることあるだろうに。退屈をテレビ観戦で時間消耗する世代ですかね。

  4. 開会式や閉会式のセレモニーが陳腐ですね。シナリオも演出も。相当無理していますね。あんなにカッコつけずに普通にやった方がいいんじゃあないでしょうか。古代ギリシャよろしく。シンプルに。度が過ぎると、そのうち御臨終?になりますね。

    • もうオリンピックをしている余裕は世界にはありません。紛争を減らし、原発から出た放射性廃棄物を子孫に影響を与えぬよう処理するところに国費を投入しないといけないときにイベントでしこたま儲けようと電通が仕掛けた今回の東京五輪と大阪万博。

  5. 小池氏の発言でガッカリ。「北方領土でやれば!」(?)地方(札幌)を小馬鹿にしていると同時に、一時は国会に出ようとした人物にしては無頓着さに呆れます。北方領土を取り戻す事の方が遥かに先決事項であって、東京オリンピックなど後回し課題ですから。また、東京オリンピックに北朝鮮や韓国が不参加になるとしても、そんな事より拉致被害者を早く救え!と。物事の後先を間違っていますね。

    • さっそくロシア大使館からクレーム出ました。北方領土にそんな場所はないとマジメに対応してましたが、単なるアジテーターの発言ですが、それより豊洲は反対をして豊洲にしたままの責任はどうしたのか、ここぞとばかり、ようやくテレビでスポット浴びてのマラソン発言、哀れな政治屋。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>