撮影するのは勝手だが、焼き場から出てきた骨を熱いうちに脚立を持ってきて、骨を撮影し始めた福岡の親戚がいる。遺族はびっくりしたが、『彼はカメラ好きだからしょうがない』と誰も咎めなかった。彼自身、製薬メーカーに勤めていて59歳で奥さんを亡くして趣味はカメラ。夜明けの富士山を撮影したリ、腕前は相当なもので、退職後も健脚でもあって登山を繰り返して、素人には取れないアングルでセミプロ級の腕だ。しかし、亡き妻の親戚とはいえ、焼けたばかりの骨を遺族の骨拾い風景を遺族の承認もなく撮影できるのかなあ?亡くなったばかりの人にお化粧を施して写した写真は見たことはある。この人はひょっとして亡き妻も撮影したかもしれないと私は思った。それほど愛していたのだろう。彼からの年賀状に私は写真が好きだと書いたら12枚の撮影した写真(CD)を郵送してきた。そのうちの3枚が上記の写真。メモには焦点距離やシャッタースピード、使用レンズも記入されていた(もちろんメーカー名も)。筆者などは面倒くさい世界だなと思う。写真のみで十分、点検が必要なのだろうか?しかし、骸骨を主題にした静物画はヨーロッパには多くて、教会の周りは骸骨で覆われているような気もするからそれを撮影する行為はあながち不道徳ともいえず、ペストでヨーロッパの都市は死骸で満ちていていた。そのままのリアリズムでいけば、ありのままの姿であることは確かである。ある時期からテレビや新聞から死体が消えた。死体があっての死なのであるのに隠そうとしている。ガンジス川の焼き場はどうだ、あそこにも遺体はある。鳥葬もあってドキュメントで見たことがある。太平洋戦争の記録も見たが、つらくて目をそむけた。石井細菌部隊で犠牲になった中国人、ポルポト政権下虐殺された人々の頭骸骨の山々も写真で見たし、アウシュビッツもスターリンによって虐殺された人も地面から掘り起こされて骨になっている映像も見た。アメリカ南北戦争の遺体の写真もたくさん見た。戦争と殺し合いのあるところ、埋められ放置された遺体はいずれ骨になり、土に還るはずだ。そういう観点からいくと皆に見守られて平和裏に高熱で燃かれただけで幸せな65歳と言わなければならない。そう思いたいが、せめて、脚立に上らず、自然の角度から撮影するのが良かったかも。私の葬儀に彼が一眼レフを持ってきて、同じように撮影されるのだけはご勘弁だ。写されたら私の骨が暴れる気もする。

  1. 僕のまた従弟に5つ年上のやんちゃな双子の兄弟がいました。片方は装飾デザイナーで関西で活躍。もう一人は東京で某化粧品会社に勤務も大学時代から写真部だったこともあって、そこのカメラ部に所属。或る休日、浅草の仲見世の裏をノーファインダーでカメラをブラブラとストラップで足元にぶら下げてモータードライブ撮影。トライXのモノクロフイルムで粒子も粗い写真でした。その写真が当時の太陽と言う雑誌のコンクールで最優秀賞を獲得。彼の画風はどの写真も何故か昭和初期の日本の色になるのです。その後もその画風で一躍有名になった彼は化粧品会社を辞めてプロカメラマンになって創作活動を開始。度胸がいいとか?非常識だとか言われながらも世界を飛び回りニューヨーク美術館にまで作品が飾られたようです。最終的に東京の写真総合専門学校の講師から校長にまでなりましたが、講師時代には学生たちに無理難題の課題を与えてマスコミにも取り上げられたほどです。彼が実践してきた事の序の口の課題なのでしょうが、単位を取れない学生が殆どだったようです。僕も偶然札幌の大通の横断歩道で彼と出くわしてしまい、仕方なくお茶しましたが、名刺を見てクリエイティブ・ディレクターの肩書を笑われてしまいました。そして、会社を辞めて一緒に外国へ行かないか?と誘われましたが、ハッキリと断りました。彼には幼い時に、雪玉をぶつけられたり随分いじめられましたが、その度に彼と同い年の私の姉がやっつけてくれていました。彼女は男勝りで彼らには恐れられていました。幼い頃の恨みは、大きくなってもなかなか消えません。

    • 凄い才能ですね。幼いときの恨みは消えない・・けだし名言です。私も小学生時代、中学生にいじめられました。町内の野球チームに所属していて、打てないとビンタされてました。その彼の苗字が、娘の嫁ぎ先の名前になり複雑な心境になりました。こういう体験を誰しもあって、イジメを快感で来た人もまたいるわけですが、社会人になって(こいつはイジメをしてきた)(彼はいじめられた)と大体見分けがつきます。カメラの話から遠くなりました。

  2. ゼロ戦パイロットの弟。

    津波や震災で被災され亡くなられた方々が収容された或る学校の体育館。棺が大量に並べられている中での或る国営放送?報道カメラマンが事もあろうに、棺に土足で上がって俯瞰撮影をして大問題になりました。国営だから何でもありではありませんね。仕事熱心などと弁護は出来ません。自分の身に置き換えて考えれば馬鹿でもわかるはずですね。

  3. ホランペッター。

    実は、僕もある時期、カメキチでした。ニコンの一眼レフを2台。ブロニカ1台。マミヤプレス2台。ライカのようなカメラを1台、2眼レフ1台。三脚もプロ仕様、特殊レンズも数本。現像機材や、オプションも沢山持っていました。しかし或る時からデジタルカメラの台頭で、フイルムを必要としなくなりました。その瞬間からカメラ熱は一気に醒めてしまいました。保存していたフイルムも全部破棄し、即、カメラ機材一式を車のトランクいっぱいに積み込んで中古カメラ店へ売りに行きました。店主は少し疑いの目での対応でしたが、けじめをつけたかったので、何とか引き取って貰いました。300万程だったものが24万円になってしまいましたが、そのお金を、そっくり家内にあげました。女性はお金を大変喜びますね。息子はネットで売ればもっと高かったのに、と皆んな「どうして売ってしまったの?」などとは一言もありませんでした。それ以来、カメラを買う事は一切しなくなりました。今ではスマホだけが唯一の僕のカメラです。

    • なるほど、歴史を感じるカメラ話です。スマホのカメラ機能が優れていて、素人目には一眼レフか否かわかりません。大量の画像と文章が世の中にあふれている一大要因がスマホの普及で、デジカメが売れないわけです。しかし、一体、パソコンとスマホの次は何が主流になるのか見えてませんが、いずれ終わるときが来ます。それに備えたく思います。

  4. 素人の?いやアマチュアのカメラマン?のようなオジサン、オバサン、お嬢さんたちが、超高級カメラを首からぶら下げて、決まったように長い超ズームレンズを装着して街中や公園あたりをうろついています。たいていは鳥や植物を撮影していますが、私たち歩行者にもレンズが向けられる事もしばしば。そんなカメラマンもどきと全員がスマホかガラケイのカメラを持っている時代ですね。やたらと、断りなしに写真など取らないで欲しいですね。それでなくてもあちこちに監視カメラがあるわけですから。犯罪には役立つかも知れませんが、絶えずカメラに追いかけられているのは嫌ですね。えっ?決して悪い事?していませんが。

    • 望遠レンズはのぞきに使いますから、危ないですよ。監視カメラだって犯罪に逆利用できますから怖いです。こんなにカメラだらけになる世界はなかったです。人間が人間を信用できなくなるに比例して増えてるかもしれません。

  5. カメラも時計も前時代の遺物化してきましたね。かつてのタイプライターがワープロに、そしてパソコンやタブレットに変わっていったように、今や、カメラもパソコンもタブレットも、スマホに集約されつつありますね。子供から大人までスマホさえあれば何も要らないみたいですね。

    • でも一番安心は、生きた人との会話のような気がしますね。これは失われないと思います。電気がなければ使えないしね。

Leave a Reply to ホランペッター。 Cancel Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>