小さくて見えないが,点が収容所の位置でソ連全土に広がる。

8月15日のポツダム宣言を日本が受諾したことで、連合軍はマッカーサーを司令官に決め、各国は彼の命令に服することを決めたことはご存じだとは思うが、ひとりソ連のスターリンだけは異を唱えて、北海道の北側半分(留萌から釧路を結ぶ線以北)と東北の北側、さらに東京を英米と半分づつ(ベルリンみたく)占拠する案を要求した。言下にアメリカはこれを拒否した。なぜ、スターリンは北海道占領にこだわったのか。『1919年から1921年にかけて日本は、ソ連に侵攻して、ソ連の極東地方全域を占領していた。その恨みがあるから、この際、日本の一部でも占領しないことには、ソ連国民はおさまりがつかない』(スターリンからアメリカ大統領・トルーマンへの書簡)。歴史というものは危ういバランスに立って今がある。(万一、ソ連の侵攻があれば現在の私はいないかもしれない)それならばということで実行されたのが極東地域にいた日本軍人の『シベリヤ抑留』でシベリア開発をさせるためである。北海道を占拠した場合も道産子のシベリア行きを計画していた。シベリアは天然資源の宝庫で、スターリンはソ連全体を収容所化して、囚人1000万人を奴隷化して働かせた。日本の軍人は60万人で、一番多いのはソ連自身で700万人、次に多いのはドイツ軍捕虜240万人で3国で合計1000万人になる。最近の研究ではもっと多くて1500万にはいたのではないかと言われる。4000万人になるのではないかと推理する人もいる。というのはドイツ軍捕虜は350万人、フランスとイタリア合わせて400万人を超えるとか、さらにバルト3国や東ヨーロッパの捕虜数が数えられていない。反ソ分子、スパイ活動家、社会的な危険分子などの罪名をつけてシベリア送りは数知れずの世界だ。作家ドストエフスキーもシベリアに流されている。シベリア鉄道は囚人の移送鉄道であった。囚人の国別の死亡率も残っている。ドイツ兵は30%を超える、日本兵は約10%、イタリア兵は88%の死亡(映画ひまわりの背景にシベリア抑留がある)。日本兵の抑留者については、自身、シベリアから生還した村山常雄さんが10数年にわたって作成したシベリア抑留者死亡者名簿がある。http://yokuryu.world.coocan.jp/

*参考:立花隆『シベリア鎮魂歌』香月泰男の世界 文藝春秋

  1. ゼロ戦パイロットの弟。

    今では考えられない事実ですね。余り詳しくは語られていませんが、それだけ多い抑留捕虜がいれば、生還した証言者も多い訳ですよね。北方領土の4島は日本固有の領土と言えども未だに変換されないロシア政府との折衝の難しさの原因は、「♪ニッポン勝ったニッポン勝ったロシア負けた~ロシアの軍艦底抜けた~」なんて浮かれていた時代の日露戦争に遡る根深い怨念があるからなのでしょう。戦争を知らない世代の日本政府や日本人には理解できないかも知れませんね。ロシアの二枚舌外交とばかり責められない過去の負の事実も忘れてはいけないのでしょうね。

    • 日露戦争以上にシベリア出兵1900年ですね。外交は2枚3枚ないといけません。小学校から外交をカリkィユラムに入れるといいです。教える先生がいないだけです。職員室で人間関係構築も外交なんですがね。

  2. 北海道に移住して間もなく、東西冷戦時代の中、北海道はソヴィエトに、いつ侵略されるか分からないと思いましたね。根室あたりに行けば、ソヴィエト軍が駐留する北方領土が目の当たりに見え、漁船の拿捕は日常でしたから。当時は北方領土の書籍を読んでいたので、いきさつは概ね理解していたのですが、千歳の熊基地から米軍が撤退した時点で更に侵略への不安も増したのを覚えています。自衛隊を増強はしましたが、これも実戦の経験の無い(無い方が良いのかも知れませんが)軍隊ごっこでは、相手にとっては好都合でしょうから、不安は増すばかりでしたね。ここに来て再び東西冷戦に中国も巻き込んで火がつきそうな世界情勢ですから平和ボケの日本が標的にされなければ良いのですが。どっち着かずの中立ならまだしも、どこにも良い顔をしても自衛隊海外派遣はアメリカのやり方そのものですから、危険極まりないですね。

    • 北海道に自衛隊員が多いのは旧ソビエト対策ですが、い私の町には戦車部隊がいます。空砲や実弾射撃が聞こえてきます。米軍との合同演習も始まり、また税金の無駄遣いをしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。