昨年の知人からの投稿原稿である。

TVがなくなると・・どう変わる。

TVがなくなるとどうなるかというと、自分の家なのに
旅館にでも来たような新鮮さを感じるようになります。
TVがあったときは、視線がどうしてもTVに引きつけられていたせいで
気が付かなかった部屋の様子に目が向くからです。
汚れに気がついたり、いつまにか増えていたものがあったりという具合です。

また、それまでTVをつけていた時間が、手持ち無沙汰になります。
さて、何をしようかと考えなくてはならなくなりますが、
これこそ、今までその時間、ものを考えずに過ごしていた証拠です。
また、物事を長時間考えることができるようになります。
例えば物事考えてる時、だれかが「ええっ!これは何?」と叫んだら
思わずそちらを見てしまいますが、CMの口調は「ええっ!」や
「大変!!」のようなものばかり。
ああ、CMかとわかっても、十中八九、それまで考えていた内容は
忘れてしまっています。
また、TVがなくなると室内はびっくりするほど静かです。
静かで、騒ぎ立てるものもない、考え事にうってつけの環境になります。

そうしてちょっとしたことでも自分で考えるようになると、
若い頃から疑問に思っていたことの答えがわかります。
もういい歳なのですから、これまでに問題解決に必要な情報は
頭に入っています。単に思考をまとめる時間がなかっただけだったわけです。

さて、TVを見ていた頃は、日々TVをくだらないと感じていました。
TVのくだらなさに比べ、自分はなんと高尚なのだろうと確認していたわけです。
TVがなくなると、たまに見かける番組が面白くて仕方がありません。
なぜなら自分は低俗な人間だし、お下劣が大好きだからです。
番組内容だけでなく、制作費が年々減っているのを痛感します。
それだけに、よくやってるなあと、苦労や工夫がわかるようになります。
そんなふうに、惰性で見てたころより見どころは増えるのですが、
それだけに落ち目なんだなあと、しみじみ感じます。
がんばって若作りしている往年のアイドルを見ているように
慈悲やいたわりの気持ちが湧き上がってきます。
しょせんそれだけのものなのに、なぜ日課にするほどのめり込んでいたのか
不思議で仕方がありません。

  1. 老人たちの間でもTVは面白く無いと評判です。視聴者にCMを見せるために番組途中の肝心なところでやめて引っ張るからです。大した事でも無いネタを最後まで引っ張ってCMスポンサーに気遣う今の手法はどの局も全く同じです。つまり視聴者への配慮は後回しと言っても過言では有りませんね。CMで稼いでいるとは言え、公共の電波に乗せるのなら、もう少し公共性が有っても良いのでは無いかと。

    • 肝心なところでいったんCMですね。無料の放送なので視聴者は局から見たらエサみたいなもので、向いてるのは広告代理店の意向とスポンサーからの意向ですからね。ドラマは全然見ないので俳優名がわからないし、テレビ捨て同然ですがドキュメンタリーや探検もの化学もの古代もの、将棋や野球はかろうじて見ます。しかし、これもユーチューブでほとんど見れるのでCMの入ったテレビは見る必要ありません。ドラマ大好きな妻と対照的です。自分でものを考える習慣を無くするには最適なメディアですよ。個人は違うのにしゃべる価値観や言葉が同じでは批評性さえ感じません。

  2. TVは見ませんね。新聞も余り詠みません。何故なら?無くても全く困らないからです。でも、TVも有りますし、新聞も取っています。TVは知人宅あたりでは間が持たないので見ます。新聞は余程時間があればザッと見ます。その程度になりました。つい昨日の事、東京のある広告主のマーケから新聞やチラシへの広告掲載は一切止めるとの通告がありました。ネットやイベントはOKらしいですが、とうとう来るべき時が来たと言う感じです。時代の確実に変化していますね。

    • 新聞広告は哀れです。健康食品ばかり。しかし、ニューヨークタイムズは絶好調です。ネット配信の有料ニュースに(トランプ批判や政府内暴露もの多い)加入者が増えて、広告料が新聞を超えてしまった。きちんと読まれるニュース記事を書けば、読む人は読むのです。噂の真相の編集長が先日沖縄で亡くなりましたが『命がけの雑誌』を作ってきた岡留さんは凄い人です。事務所に日本刀を持ったヤクザを放つほど、真実を(半分は噂として)書いてきて、これの発売日は官庁やマスコミ関係必読の書でした。その執筆者陣が現在週刊誌に移動していると思います。神戸新聞から噂の真相へ転職した西岡研二さんはJR東日本をぶったたきしている本も書いてます。動労の委員長(松崎)もね。血のにじまない軽い話題、きれいごとばかりの博識誇る受験時代のなごりが、現在のメディアの停滞を生んでいますね。

  3. 我が家では小・中学校の子供たちでさえTVは見なくなりました。もっぱら見るのはYOU TUBEです。PCモタブレットもスマホも子供たちの方が簡単に使いこなしています。TVに家族が集まった時代と違い、各自が夫々の情報を入手していますね。

    • 居間に家族が集まってみていた時代ですか。正直、あんまり記憶がないのですが、恐怖のミイラや少年ジェツトくらいで、講演で同級生とボールけったりしている時間が長かったですね。マンガも実はたいして読んでもいないので、世の中や流行に鈍感な性格はそのころから私を作ったのでしょうね。ぼんやり生きているですかね。一番、好きなのは空から舞い降りるチラシ集めでした。金や銀色のキラキラ光って落ちてくる紙には感動して、チラシ集めをしました。車もほとんどない時代で道路は安全でした。チラシに書いてあるのは『パチンコ屋オープン』だったりします。チラシはストーブや七輪の燃料に消えます。

  4. 独り暮らしの高齢者にはTVは必須かも知れませんね。PCやスマホなど使えれば問題ないのですが、自宅に隠りっきりで会話も無くなれば孤独感に耐えられないからです。誰もいなくてもTVに向かって毒を吐いたり、うなずいたり、独り言を言っていた方がストレスも貯まらず精神的にも良いと思いますよ。地上波TVの番組内容そのものには問題が多くても、BSやCSなどで往年の歌番組や映画専門チャンネルなどもありますから。大昔に観た映画も殆ど内容を忘れていたりして改めて感涙したりして目にもいいですね。

  5. モノクロTVが登場した昭和には街頭や銭湯やTVの有る家に群がったものです。プロレスの力道山、歌番組、やがてはアメリカ製のTV向け映画には西部劇有り、恋愛もの有り、戦争もの有り、と楽しんだものです。やがて東京オリンピックをTVで視る頃にはカラー番組も増え子供向けアニメや人形劇も盛んでした。そんな時代を見て来た私などはTVに関してはいろいろな想い出があります。幼い頃の我が家は貧乏でTVが無く、ラジオしか有りませんでした。夜になると両隣にお邪魔してTVを視せてもらいました。チャンネル権は無いので画面に映っているままを視せられていました。右隣の家では野球だったり、左隣では歌番組だったり。でも毎晩楽しみでした。社会に出て初めての給料で田舎の父母に大きなTVを贈りました。父は独居暮らしの後、他界するまでそのTVを大切にしていました。また自分用にはSONY製のTVとラジオとカセットテープが使えるオールインワンタイプでコンパクトなものを買って書斎で仕事をしながら使っていました。今では50インチの4K1台と古いプラズマと29インチの古いタイプの3台ものTVが有りますが、家族も余り視なくなりました。4Kに至ってはプレステで子供のゲーム機としてだけ活躍しています。

    • テレビは小学校3年くらいのときに日立のテレビを親戚の電気屋から買いました。4本の足の付いたモノクロで、父親が力動山が好きで始まると体を揺するので母が『冷やかしていた』ことを思い出します。空手チョップをすると一緒になって興奮する父を見ていました。戦争帰りの名残でしょうか?キスシーンになるとチャンネルを変えられたり、思わず両親とも咳をしたり、立ち上がって別なところに動きます。『ああ、こういうテレビは子供に見せないほうがいいんだな』という両親の価値観を感じたりしました。当時としては平均的な禁欲性だったかもしれません。日本テレビの編集室(制作室)を訪ねたことがあります。社員は足を机に乗せて、全局のテレビをつけてタバコを吸ってました。番組が録画された大きなビデオーテープが順番に並べられて、1本が終わるとゴロゴロと次のテープが転がってきます。その向こうに何十万というテレビ視聴者がいると思うと気持ち悪くなりました。幾らでも編集して、嘘を流せるぞととも。テレビ離れは正解だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>