私と同じ年齢でまだまだ事業意欲を失わない女性がいる。今ならどこでもあるけれど、ブランド品のリサイクルショップを40年前から金融機関に勤めながら経営をしてきた女性である。先日、正月挨拶に顔を出してきて、のんびりお互いの人生を語ることになった。昨年、お母さんを看取り、意気消沈するかと思えば、勉学意欲も出てきて『経営学』をある先生について学びたいと早稲田を受験するが落ちて、そのショックから立ち直れないと言ってはいた。小学校に入るも皆と同じことをするのが嫌で今でいう登校拒否。携帯もない時代で家庭は『娘はいつもの時間に帰ってきた』学校から見ると『体調が悪くて休んだのだろう』で10日間過ごし、さすがに先生が自宅に様子を見にやってきた。学校へは通うようになるが浮いた感は取れず、変わった子で通す。で、彼女の発見は『何でも1番になればつべこべ言われない』であった。猛勉強をして中学・高校を過ごすが、お父さんの建築会社の倒産で大学進学を諦めて就職へ。最初、テレビ局から内定をもらい、訪問すると当時の局員が『今度一緒に仕事する○○君か。君みたいな可愛い女性にコピーを取ってもらうのは嬉しいね』と。次の日、彼女は『お宅の会社へは行きませんので内定取り消し願います』と電話。仕事をするために行くのであって、そのレベルの男たちの職場に嫌悪を感じたのである。ここでも何でも一番の原則を発揮して、金融機関への就職選び。都銀より地元信用金庫をターゲット。試験は1番で合格。会長の秘書になる。それから自分のアイディアをどんどん実現させて、社会福祉事業や文化事業、地元の企業家向けの経営者大学創設に邁進した。特例で自分自身も事業として『ブランド商品のリサイクルショップ』を経営し、成功を収めて、東京代官山へも出店したが、彼女が常駐していないゆえに、経営を任せていた男に店の売上げ持ち逃げされて失敗。信用金庫を50代で辞めて札幌市内で4店舗に増やした。商品は市内の奥様族から電話が入り、取りに行く。山のようなブランド衣料品やバッグ、宝石類を格安で買い付け販売する。しかし、テナントビルのトラブルに巻き込まれて万事休すと思ったら、市内中心部の小さなビルで1店舗だけ店名を替えて再開していた。長唄や日本舞踊・お茶もやるのでそちらの人間関係も広い。『活躍する女性』コンテストの北海道代表に選ばれたこともある。他人と同じことをしたくないので、めまぐるしくアイディアや夢が浮かび、走ろうとする女性だ。そのパワーを筆者も10%は欲しいと思う。書くのことも大好きなので、書き出したら止まらなくなるとも言っていたから、いずれ自伝ができるかもしれない

  1. ナンバー・ワン派もオンリー・ワン派も人間として魅力的ですね。その他一般派と違う訳で、いろんな分野で活躍されている方々ばかりですね。いずれもご自分の世界感をお持ちの器用な人たちなんでしょうね。平凡とか普通を嫌い、絶えず新しい違いを求めて挑戦し続ける事が人間形成にも繋がるのでしょうね。ご自分の考えを押し通せるこの方は生涯独身者でしょうか?それとも結婚経験者か既婚者でしょうか?もし後者だとしたら、連れ合いの理解も相当なものでしょうね。

    • 独身ですが、会社の同僚や会社経営者の友人は男女問わず多い人です。20代の人も彼女のファン多いです。お父さんの会社の借金を返し、残されたお母さんの面倒を見てもいたのでスーパーマンみたいな女性で独身です。読書量も半端でなくて、私と傾向が違い、経営系の本がやはり多くて、すぐに実践につながる本を読んでましたね。札幌における女性起業家のはしりみたいな人です。

  2. バイタリティと勝ち気はハンパ無いって感じですね。失敗してもめげずに、更に挑戦できる性格は男もお手本にしたいですね。また人間、若い時分から行動し続ける事の大切さをも教えてくれていますね。多くの経験や失敗を積む事によって、その場その場で臨機応変に対応できたり斬新なアイディアが生まれたりもするのでしょう。多趣多芸もお見事ですね。これだけの行動力を理解し影で支えてくれる協力者も、きっと多かったのでしょうね。

    • それでいてお人よしで、困ってる人にお金をポンポン貸して、戻ってこないお金も多いかも。最後は彼女に頼ってくる人も多いかもしれません。ダメ男社会への怒りも当然あって、いまでも勉強志向強いです。陰で支えている人については知りませんが、むしろ人生の母的な存在で同性から悩み相談を受けているみたいです。

  3. 私などは、怠け者ですから、何をやっても中途半端で終わってしまいますね。一つの事を長く続けることに飽きてしまい転職を重ねて来ました。でも不思議な事に一見無駄な事だらけでしたが、ジグザグしながらも現在の自分の職業の糧にはなっているようです。若い時から多少の無理をしなければ成長もしないのでしょうね。

    • 若いとき(20代30代)にがむしゃらに仕事をしないと、達成感のある仕事をしないと、40歳50歳になったらもう取り返しはききません。個人として魅力のない男で終わりますね。失敗があっても取り返せる年齢だからでしょう。失敗がその人をつくる、顔をつくる、生き方をつくるのではないでしょうか?成長か退歩かはわかりませんが、あっという間に人生は終わりますから、今・ここを充実させないと不調な時間潰しだけの暮らしになります。隣の人(電車の中でも会社の中でも元会社の後輩たちにも家族にも)と丁寧に付き合うことを心がけて生きていますが、果たしてこれに普遍性があるのかどうかわかりません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>