モースの見た明治12年から15年の日本の子どもたち。


少し長いブログになりますが、例外的な現象ではあろうと推理したいですが、自分の子供へシカトしたり、暴力を奮う親たちのニュースを見て、たまたま江戸から明治にかけての日本の子供たちを活写した欧米の人々の観察文です。参考まで。

明治期、子どもは病気で亡くなることも多く、生きてる間は自由に天真爛漫に育てようと思った親が多かったらしい。5月19日の再録です。イザベラ・バードの部分のみ追加してあります。

エドワード・シルベスター・モースという大森貝塚を発見、発掘したお雇いアメリカ人がいた。小さな頃から貝拾いが好きで、シャミセンガイという貝に凝っていた。この貝が日本に行けば種類・量とも豊富だということを知り日本行きを熱望。サンフランシスコから横浜まで19日間の蒸気船の旅で上陸、日本の土を踏んだ。

貝が好きだったこともあってあの土の層の白いところは貝塚だとすぐにわかり、世紀の発見につながったのである。明治10年は維新から10年経過したとはいえ、庶民の暮らしは江戸時代と連続していて、生き方や考え方、暮らしで使う様々な生活道具は江戸時代の延長であった。

日本史や政治思想を学び過ぎて、「明治とは〇〇な時代だ」と観念や言葉、アタマで明治をわかろうとする癖では庶民の暮らしはわからない。現代でもそうだけど。自分の五感を大事に生きたいものである。モースが初めてスケッチしたのが、木製の下駄だった。カタカタという音が気に入ったのである。3回の来日で、北は北海道、南は鹿児島まで旅をしてアイヌ資料から武具・陶芸・根付・仕事道具・服飾・看板まで。それこそ、庶民が日常使うもの、商人や職人が使う道具を中心に膨大なコレクションをした。「通訳なしでも結構やって行ける。私は、日本中一人で旅行することも、躊躇しない気でいる」。

≪閑話休題≫明治11年英国人女性イザベラ・バードが「日本奥地紀行」(本国の妹へ日本のあれこれを手紙・書簡を書いてそれをまとめたもの)の中に「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたがまったく安全でしかも心配しなかった。世界中で日本ほど婦人が危険な目にも遭わず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている」。彼女は通訳兼馬引きとして伊藤鶴吉を同行はさせたが。明治維新の10年後であっても庶民の世界は外国人を排斥するどころか、快く迎えるもてなしをしていた。排外主義が闊歩しだしたのは昭和に入ってからではないだろうか。そう思う。司馬史観は勝手に明治をドラマチックに作為し、庶民の目を持っていないなと感じる瞬間である。インテリ受けする、バイプレイヤー史観だと思う。無名な庶民の感情が消えている。経営者から見たら管理職の気持ちはわかるがヒラ社員の心根は知りたくない・・そういう史観(考え方)ではないだろうか。人間に冷たいのだ。

それ以上にびっくりしたのが、日本の子供たちであった。「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供の為に深い注意が払われる国はない。ニコニコしている所から判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい。」「それは日本が子ども達の天国だということである。・・・・赤ん坊時代にはしょっ中、お母さんなり他の人なりの背中に乗っている。」遊び道具もモースはたくさん収集した。鼠のからくり玩具、こま、輪投げ遊び、土メンコ、貝遊び(おはじき)、お人形、縮れ麺細工、墨で描いた手習い帳、雛や端午の節句玩具など。

39歳で来日して、79歳になって書いたのが「日本その日その日」(Japan Day by Day)日本滞在の4年間、3千5百ページに及ぶ日記をモースは書いていた。ビゲローという親友がモースにそれを出版するよう促したという。「君(モース)と僕(ビゲロー)とが40年前親しく知っていた日本の有機体は、消滅しつつあるタイプで、その多くは既に完全に地球の表面から姿を消し、そして我々の年齢の人間こそは、文字通り、かかる有機体の生存を目撃した最後の人であることを、忘れないで呉れ。この後十数年間に我々がかつて知った日本人はみんなベレムナイツ(いまは化石としてのみ残っている頭足類の1種)のように、いなくなってしまうぞ」。

モースの目は、職人や商人、大道芸人、見世物、物売りの世界(魚売り、煙管ヤブリキ細工を修理する人)はしごを売る人にまで注がれる。看板やお札・おみくじ収集している。子どもを道ずれの心中事件を聞くたびにモースの言った「子供たちは朝から晩まで幸福であるらしい」という言葉を虚しく反芻する。(明治のこころ モースが見た庶民のくらし 青幻社刊 2013年9月26日発行)

  1. 子は宝、子は鎹と言われていたのは、せいぜい昭和初めまででしょうか?。親子の関係も日本特有の家族制度の硬い絆で結ばれていたようにも思います。そんな親子関係の中で親は子を大きく成るまで育てて上げ、歳をとれば今度は子が親に尽くす暗黙の構図が成立していたものです。長男は家を継ぎ、責任を持って親の老後を支え、弟姉妹は支援する日本の社会常識がありました。さらに隣近所との親しい付き合いもありましたね。それも終戦後の生活様式の変化によって核家族化も進み、必ずしも長男が実家に残る事も無くなり、親子関係も次第に希薄に変化してきましね。明治以降の日本では両親と祖父母や隣近所の方々が子共を見守る構図が出来ていたのでしょう。現代では他人には余り関わらない風潮も多く、ましてや他人の子供を見守ったり、叱ったりする大人も居なくなりましたね。これでは子供たちも昔のようには行きませんね。今や老後も子供をあてにできない時代で、離婚も増えて子は鎹にもならない時代ですかね。

    • 『子はかすがい』の要素はまだ色濃く残ってると思いますよ。大森貝塚を発見したモースが見た明治12年から3年間、子供たちはまだ江戸時代の風潮の中で育てらてました。明治維新があろうと庶民は江戸の延長です。平成になっても昭和の延長であるのと同じです。元号変わっても暮らし方や価値観ががらっと変わるわけではありません。筆者のみるところ生き方を変えているのはネットやスマホ普及、携帯に依存する生き方にいつのまにかなってしまってることが怖いです。ここは単純化の世界ですからね。丁寧に日本語を話す習慣が消えたり、他人が子育てに介入したり、地域で育てる子供はある団体に任せたりして丸投げ。自分が自然に他人の子供に関わると『知らないおじさんに声をかけられたら逃げなさい』と教えらえてるかもしれません。共稼ぎが多いですから、両親に子供を預けている人も多く、親子の会話(微妙なニュアンスの言葉のやりとり)時間も中身が減り、子供自身話し方や日本語の単語(語彙)を覚える貴重な機会が失われてしまい、遠い将来の言語生活が貧しくなる心配もしています。

  2. 明治後期生まれの父母の話を思い出せば、確かにのびのびとした少年少女時代だったようです。父は田舎で、母は東京でそれぞれ環境は違っても両親や祖父母からは大切に育てられたようです。母の兄弟姉妹は13人でしたが、男の子は楽器を買ってもらったり、女の子は日本舞踊などと、皆んな習い事をさせてもらっていたそうです。なぜか、どこも子だくさんなところも共通しています。遊んだり学んだりする子供たちか多ければ地域もにぎやかになりますね。それに子供同士の遊びも盛んになるでしょうね。そんなにぎやかな情景を想像できますね。

    • にぎやかさの中で子供は『人間関係』を自然に身に着けたと思います。学年もばらばらで、中学生と遊ぶ小学生、女の子と遊ぶと冷やかされたり、あちこちで大声や笑い、時に鳴き声も飛び交った夕方5時(夕食時間)まで遊び呆けていました。幼稚園や小学校で大事なのは『人間関係を学ぶ』です。そのためには教師も教員室での教師同士の人間関係を客観的に見る目が必要ですね。これを学ぶと、どんな成績だろうと長い人生を乗り越える知恵や力が必ず育ちます。こんな変なやつがいる、こんな病気の人がいる、こんなお金持ちがいる、こんな貧しい人がいる。そういう人たちと自分がどうやって人間関係を取り結んでいくのか、働くようになって同じことが職場や集団、国境を越えてもあるので一番肝要な教育だと思いますね。この年齢になってわかることでした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>