モースの見た明治12年~15年の日本の子どもたち(5月19日再録)


少し長いブログになりますが、例外的な現象ではあろうと推理したいですが、自分の子供へシカトしたり、暴力を奮う親たちのニュースを見て、たまたま江戸から明治にかけての日本の子供たちを活写した欧米の人々の観察文です。参考まで。

明治期、子どもは病気で亡くなることも多く、生きてる間は自由に天真爛漫に育てようと思った親が多かったらしい。5月19日の再録です。イザベラ・バードの部分のみ追加してあります。

エドワード・シルベスター・モースという大森貝塚を発見、発掘したお雇いアメリカ人がいた。小さな頃から貝拾いが好きで、シャミセンガイという貝に凝っていた。この貝が日本に行けば種類・量とも豊富だということを知り日本行きを熱望。サンフランシスコから横浜まで19日間の蒸気船の旅で上陸、日本の土を踏んだ。

貝が好きだったこともあってあの土の層の白いところは貝塚だとすぐにわかり、世紀の発見につながったのである。明治10年は維新から10年経過したとはいえ、庶民の暮らしは江戸時代と連続していて、生き方や考え方、暮らしで使う様々な生活道具は江戸時代の延長であった。

日本史や政治思想を学び過ぎて、「明治とは〇〇な時代だ」と観念や言葉、アタマで明治をわかろうとする癖では庶民の暮らしはわからない。現代でもそうだけど。自分の五感を大事に生きたいものである。モースが初めてスケッチしたのが、木製の下駄だった。カタカタという音が気に入ったのである。3回の来日で、北は北海道、南は鹿児島まで旅をしてアイヌ資料から武具・陶芸・根付・仕事道具・服飾・看板まで。それこそ、庶民が日常使うもの、商人や職人が使う道具を中心に膨大なコレクションをした。「通訳なしでも結構やって行ける。私は、日本中一人で旅行することも、躊躇しない気でいる」。

≪閑話休題≫明治11年英国人女性イザベラ・バードが「日本奥地紀行」(本国の妹へ日本のあれこれを手紙・書簡を書いてそれをまとめたもの)の中に「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたがまったく安全でしかも心配しなかった。世界中で日本ほど婦人が危険な目にも遭わず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている」。彼女は通訳兼馬引きとして伊藤鶴吉を同行はさせたが。明治維新の10年後であっても庶民の世界は外国人を排斥するどころか、快く迎えるもてなしをしていた。排外主義が闊歩しだしたのは昭和に入ってからではないだろうか。そう思う。司馬史観は勝手に明治をドラマチックに作為し、庶民の目を持っていないなと感じる瞬間である。インテリ受けする、バイプレイヤー史観だと思う。無名な庶民の感情が消えている。経営者から見たら管理職の気持ちはわかるがヒラ社員の心根は知りたくない・・そういう史観(考え方)ではないだろうか。人間に冷たいのだ。

 

それ以上にびっくりしたのが、日本の子供たちであった。「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供の為に深い注意が払われる国はない。ニコニコしている所から判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい。」「それは日本が子ども達の天国だということである。・・・・赤ん坊時代にはしょっ中、お母さんなり他の人なりの背中に乗っている。」遊び道具もモースはたくさん収集した。鼠のからくり玩具、こま、輪投げ遊び、土メンコ、貝遊び(おはじき)、お人形、縮れ麺細工、墨で描いた手習い帳、雛や端午の節句玩具など。

39歳で来日して、79歳になって書いたのが「日本その日その日」(Japan Day by Day)日本滞在の4年間、3千5百ページに及ぶ日記をモースは書いていた。ビゲローという親友がモースにそれを出版するよう促したという。「君(モース)と僕(ビゲロー)とが40年前親しく知っていた日本の有機体は、消滅しつつあるタイプで、その多くは既に完全に地球の表面から姿を消し、そして我々の年齢の人間こそは、文字通り、かかる有機体の生存を目撃した最後の人であることを、忘れないで呉れ。この後十数年間に我々がかつて知った日本人はみんなベレムナイツ(いまは化石としてのみ残っている頭足類の1種)のように、いなくなってしまうぞ」。

モースの目は、職人や商人、大道芸人、見世物、物売りの世界(魚売り、煙管ヤブリキ細工を修理する人)はしごを売る人にまで注がれる。看板やお札・おみくじ収集している。子どもを道ずれの心中事件を聞くたびにモースの言った「子供たちは朝から晩まで幸福であるらしい」という言葉を虚しく反芻する。(明治のこころ モースが見た庶民のくらし 青幻社刊 2013年9月26日発行)

  1. 物の無い時代の子供たちに比べ、今の子供たちの周りには物が溢れています。子供たちの親の時代からの消費時代ですから、我々昭和の感覚で子供たちに教育のつもりでしつけをしてもピンと来ないようです。昭和二桁生まれは既に前時代の遺物とでも言われそうです。仕方がありません5月に元号が変わりますが、昭和と平成だけでも、早や一世紀近くにもなるのですから。

    • 自分としては、育てられたように、子供を育てるのが精一杯ですが、これといった指針があって育てたわけではないので、ずいぶんいい加減な子育て(妻の役割、任せっぱなし)のような気もして、その子供が結婚して孫ができましたが、それも甘やかしているものですから砂糖菓子のような家族かもしれません。ああだこうだと言える立場ではないですね。

  2. 今でも僅かに残る日本の良いところは日本人には気づかない事が多いですね。情けないですが、外国人の感性で見つけ出される始末です。それにしても明治時代からそんな外国人がいたなんて驚きですね。言葉が分からなくても観察力には鋭いものがありますね。私たちは昭和ですが、子供の頃は何もなかったのに工夫しながら不平不満も無く楽しく過ごしたように思います。その分、親たちが苦労を見せずに元気な子供たちを育てていたのでしょうね。

    • 日本の良さを発見した外国人はたくさんいますよ。渡辺京二さんの本『逝きし世の面影』に山のように引用文があります。しかし、清潔好きとか順番を待つとかゴミを拾うとかお辞儀をするとかまだまだ世界が日本から学ぶ習慣はあると思いますが、どうでしょうか?昔あった他人の子供も自分の子供のように叱ったり、褒めたりすることがあればもっと生きやすい地域になるのですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>