ローマやベネチアには飽きたという話

小樽風景

小樽の建物一角

笛と少女

恵庭図書館前の像

同業者が退職の記念旅行にイタリアへ行った。帰国して「はい、これ、お土産」と私にミラノで買ったイエローブランド品のネクタイ。1か月後、ラーメンの汁をつけてしまったが。「イタリアは飽きたよ。どこへ行っても教会と彫刻とステンドグラスや天井画でね」。どれを見てもいっしょ。サッカーの試合やバスケットの試合を見ていた方が楽しいと。

彼は油絵が小さいころから大好きで、一度、カルチャーの油絵教室の発表会で彼の自画像を見たけど、玄人はだしのいい顔つき・色彩だった。こういう率直な感想ってなかなか言いにくいもので、先日も万里の長城へ行った人から、雄大で素晴らしいけれど、トイレがね。トイレが水洗にならないと中国へは行きたくないな。政治や民族の話ではなくて、もっと生理的なレベルの話。

イタリアの観光ガイドブックにまさか「イタリアはどこへ行っても教会と彫刻と宗教画が溢れていて、関心のない人はどの町を旅しても飽きますし、オリ-ブオイルでお腹を痛める人にはお勧めできない国です」とは書けない。ローマも掘れば掘るほど古い時代の遺跡が出てくるとはいえ、関心のない人は「だからどうなの?」でチョン。それより観光地にいるロマ人(ジプシー)は国籍どこなの?

勉強し過ぎで行くときは、知識で概念で先入観を先に入れてものを見てしまう。「えっ、そんなこと、あなた知らないの?」という返答が帰ってくる。知らない方が対峙した人の五感に直接ぶつかると思わないのだろうか?そっちの方が衝撃が激しいだろうと思う。

私は京都へ3回行ったが、金閣や銀閣を見たこともない。1度目は大学入学のため下宿探し(結局入学断念)、2度目は京都で女子大生殺人事件があって娘が心配で京都へ。3回目が娘の大学卒業式参加。高校の修学旅行は不参加でもあって金閣・銀閣へ行ってない。どこへ行くかというと、国立博物館や美術館。博物館は1日いても飽きない。私にとってここは苦手な日本史の教科書みたいなところだ。あとは普通の市民が暮らす家々を覗いて歩く趣味だ。歩道から家の中が丸見えの住宅が多くちゃぶ台を見たこともある。狭い道をキョロキョロ歩く。

バスに乗ると、花を持ったおばさんの京都弁を聞ける。寺が多くていつもどこかで行事があるのだろう。乗ってはすぐに降りる。古本屋周りも飽きないし、錦市場も大好きだ。妻から電話で「せめて、清水寺と三十三間堂は行きなさい」と言われてしぶしぶ。ホテルの土産屋で女主人に話しかけると、自分の由緒正しい家柄自慢が始まった。金沢の前田家に仕えた〇〇で、その子孫が京へ〇〇移り住んでとか止まらなくなる。京都育ちの人も「京都はもともと地方から来た人の集まりだよ」と言う(松岡正剛)。

こんな話をし過ぎるから部落差別がなくならないんだよ・・と突っ込みたくなる。北海道は、食えなくなった全国の町村の団体が下級士族ごと入植したり、一発当てるための野心家、流れ者(囚人たち)が集まってできたところ。差別に苦しむ人がいたらどんどん北海道へ渡ってきなさいと、言いたくなる。

旅の話から、最後は北海道に来たらという話へ。思い込みから、あらかじめの偏見(知識)からどれだけ自分たちの生き方が狭くさせられて、自由な感性を失ってるかという結論です。パニック障害回復を試すために飛行機搭乗を兼ねて上野の国立博物館へ行きたいものである。

 

  1. 知らない街は好きです。初めてのところには、良くも悪くも必ず驚きがあります。幼少時から進んで隣のお婆ちゃんに頼まれて列車に乗って知らないお家へお使いに行くのがたまらなく好きでした。お駄賃を貰って、駅前で小豆キャンデーを1本買ってSLが引く列車に乗って一番後ろのデッキから線路を見るのが好きでした。アイスを食べながら「♪線路が動く~♪線路が動~!」と呪文のような節でオリジナル曲を歌っていました。3~4駅先の知らない街で降りると、隣のお婆ちゃんが書いてくれた地図を頼りに歩きます。時々立ち止まって確認しながら、心配になると通行人の人や民家で教えて貰いながら目的のお婆ちゃんの息子さんの家だったでしょうか?探し当てた時の喜びはひとしおです。そこで同じような年代の子供がいて一緒に遊ぶのですが、お金持ちで地球ゴマを見せて貰い不思議な玩具が有るものだと感心しました。帰りには必ずお土産を持たせてくれるので知らない街へのお使いは大好きでした。そんな癖が大人になっても続いていて知らない処へばかり行きたがる自分に気づきます。でも、外国には行きたくありません。何故なら、自分の国である日本さえも未だ知らないからです。

    • なるほどですね。列車で行く買い物の旅をしていたのですね。驚きや発見の旅を小さなころからしていて、大人になって北海道へ渡ってくることにつながってるかもしれませんね。わたしも実は北海道にいながら道内を知らないのです。山登りもしないし、自宅周辺のドライブ程度で情けない見聞です。東北もさっぱり、東京も30年行ってません。四国も神戸以西も福岡・大分以外ゼロ。札幌在住の福岡や東京・四国・東北出身者と付き合ってますから、彼らからその土地の匂いを感じながら、間接的な擬似旅行をしているんだと慰めています。

  2. 修学旅行と観光旅行は似ていて、強行スケジュールで名所めぐりをしますから、余り記憶にも残りません。高校の修学旅行で広島も九州も行ったのですが平和の像の記憶は残っていましたが、果たして長崎に行ったのか?さえ覚えていません。旅行はもっとのんびりするものでしょうね。

    • (これを見るぞ!)という旅より、無目的な町歩きに発見や出会いがありますね。学生時代、一人旅ばかりしてましたから思い出たくさんあります。そこに住む人たちや、同じ旅人と長話しました。駅前の喫茶店の主人ともその町について教えてもらいました。一人旅は現代ならスマホで誰彼となく会話できますが、当時は通信機器も持たずでしたから、誰かと話したくなり、わたしのほうから声をかけたものです。この癖が長じてわたしの営業職をつくったのかもしれません。人生、何がどうなるかわかったものではありません。

  3. 海外旅行ばかりしていて70回、80回も海外に行ったと豪語する人も居ますね。「よっぽど暇なんだなぁ?この人は?」とか「果たして外国人に歓迎されているのかな?」とか内心では思いつつも「凄いですね~!」と驚嘆して見せる「嫉妬する」自分が居ますね。東京すら名古屋すら大阪すら数えるほどしか行っていない、それも帰省だとか葬式だとか出張だとかの所用が目的ですから、例えば故郷の地方の名所さえ知らない有様です。友人はTVを見ていてヨーロッパ各地の映像が流れるたびに「あっ!ここも行った。ここも行った」と言っています。更に「もう一度行きたい」とも。国内でさえ「中山道を歩いた」とか「飛騨高山に行った」とか言っています。考えてみれば元々住んで居た田舎の隣のようなところばかりですが実際に行ったことが無いのです。遠い場所になった今、初めて後悔していますね。そう言えば、地元民より他府県からの旅行者の方が名所や名物などを良く知っているものですね。灯台下暗しです。

    • 海外旅行はお金を散財するにはいいですね。兼高かおるさんがハシリですが、ああいう味のあるきちんと現地の人と会話できる旅行者であればいいのですが、ただカメラで名所旧跡を撮影するのなら、それでOKだといえばそれまでですが。義理の姉夫婦が3年かけて、北欧・フランス・ドイツ・イタリア・ギリシャ・ナイアガラ・イギリス・北京・オーストラリアへ散財してきました。すべてツアー参加で値段の張るJTBのオプション付きでしたが、夕食パーティーで姉は参加者の夫人たちと談笑できるのに、夫は不機嫌。後で(自分をかまってくれなかった奥さんへふてくされ)でした。初対面の人ときちんと会話ができる能力をつけてから行って欲しいものです。世界史の元教師。

  4. 昨日も或る社長さんとランチの時に、よく行く出張先のヨーロッパの食べ物について聞いてみました。「不味くて食べられない」との事でした。北海道の食材と比べてでしょうね。今話題の苫小牧あたりに浮上しているカジノなども北海道の広大な土地と、豊富な食材や空港と港が好条件だからなのでしょうね。自家用ジェット機や豪華客船で外国の富裕層を呼び込むのが自治体の夢なのでしょう。美味しいものは記憶に残り、一番確かな口コミで拡散して効果を拡大して行きます。既に自然環境に恵まれたニセコなどにもその現象は現れていますね。札幌パークホテルもヒルトンになるそうですから、受け入れる準備も始まっているようです。

    • 北海道は乳製品・肉・魚・野菜の宝庫で世界一の島です。世界中を旅した義理の姉が言ってましたね。一番美味しいのは水ではないかなあと思います。食事の基本は水。それと空気や湿度ですか。

  5. ホランペッター。

    郷に入れば郷に従いと言われてきましたが、果たして現在では?決して郷に従って居ない気がします。旅行者は中国語、サラリーマンなど企業関係者は関西弁や名古屋弁。北海道に来たら北海道弁で話すようになればいいのですが。行く先々でご当地の言語を学ぶ上でも、地元に敬意を払う上でも「行くベア」とか、「バクルベ~!」とか、「したっけ!」とか、「シバレるね~」とか、「マイドさん!」とか、「オバンです!」とか外国人などにも簡単な北海道弁を使わせたら面白いのと、地元民との触れ合いも出来て楽しい旅や暮らしになると思いませんか。

    • 方言ですね、暮らせば自然にそうなります。兄も妹も住む町のイントネーションに馴染んでました。転勤族で絶対、関西弁を直さない人がいて、反対に関西弁を封じて喋る人もいたり、生きる価値観それぞれですが、どちらかと言うと、北海道内で威張る人が多かったように思います。江戸の敵を北海道で・・ですか?何年か住むと変わるのですが・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>