不信や不安や監視は高くつく!

カメラ1カメラ2

近所のスーパーのトイレに「清算を終えていない商品をトイレに持ち込んだりしないでください」と3枚も書かれている。それを読み終えないとトイレへ入れないくらい文字が躍ってる。盗んでいく人が多いのだろう。

社会不安や生活格差は、日々の私たちの暮らしに毎日見えるところでずっと前から始まっていて、別に国や自治体の統計数値が出るまでもなく、現実は私たちの目の前に転がっている。そんな時代を反映して監視カメラ市場が興隆している。

調べると、監視カメラ市場は2014年度、世界で約4000億円、周辺機器を加えると1兆6千億円に及ぶ。キャノンがことしの2月に世界最大のネットワーク監視カメラ会社スウエーデンのアクシス社を3300億円で買収した。

監視カメラはスーパーや小売店に設置してマーケッティングにも利用できて消費者の行動や商品購買行動も分析できるから用途は幅広いが、しかし、しかしである。凶悪な犯罪者を特定したり、誘拐犯や被害者の行動もコンビニや街頭で写されて、犯人逮捕につながっていたり、痴漢や盗撮も監視カメラで御用ができるとしよう。先日も町内会の会議で、公園内に監視カメラの設置を増やすよう市へ要望を出したりした。痴漢が多いのである。

映画「未来世紀ブラジル」やジョージ・オーエル「1984」の近未来のSFの世界が現実化しつつある。これに警備会社が加わると息苦しくてたまったものではない。前にも書いたけど、洞爺湖サミットの厳戒態勢は、全国の警察車両が札幌周辺に集まり、余りにも市内が息苦しいので筆者は中心部にある原始林の残る植物園に自由な空気を吸いに行ったが、そこにもゴミ箱を漁る警官を見て、この場所、全然関係ないところでは?と思って吐き気を覚えた。

平気で市民の自由や平和な空気を脅かす、そのために膨大な税金をつぎ込む。テレビ衛星会議でサミットくらいできないものだろうか?顔を合わせるにしても、無人島ででもやってもらいたいものである。専用のホテルとヘリコプター発着場でも作って。それにしても近未来SFがこうもダークサイドの映画ばかり作られるのはどうしてだろうか?明るいのは甘たるい嘘のディズニー世界しかないのかな。

何度も書くけど信頼や信用は安くつく。大昔、小さな部落で食べ、子供を産み、住んでいるひとたちが全員知り合いなら、玄関やドアも必要はない。人間が移動して都市を形成してから、徐々に変わっていった。ローカルから働くために大都会へ流れた。その分、知り合いを頼り、小さなコミュニティから生きる空間を作り広げていったが、元々の根がローカルである場合、どこかに不適応や他人への不信が芽生えてくるのは想像できる。金しか信用できないとかね。そうなると自分を守るのは第三者であるカメラや警察や深い友人しかいなくなる。なんと心細いことだろう。

信頼や安心は安くつく・・・・これは果てしない理想なのか?外交や軍事においても軍事費の高騰は近隣諸国への不信や不安の産物でしかない。私たちの生きる社会にそっくりだ。ただ、違うのは監視カメラがGPSや衛星からのカメラ(地上の人間を識別できるらしい)に高性能化していることだ。

  1. 監視カメラもカギも無い戸建て住人。

    幼少期の田舎暮らしではカギは掛けない事がほとんどでした。実は、今も戸建てですが、カギは掛けません。と言うのも、我が家は大家族でいつも誰かが居るからです。しかし全員で出かけても掛けません。空き巣泥棒は我が家の4軒先のお宅へは2度も入ったようです。元同庁職員で子供が居ない夫婦が海外旅行中だったようです。空き巣泥棒も心得たもので、我が家など見向きもしませんね。ですから監視カメラなども最初からありません。カメラがあると言う事は自ら「財産がありますから監視しています」と言っているようなものですね。泥棒もバカじゃあありませんから、そのカメラの向きを変えたり、見えなくしたりして犯行に及びます。下調べは明るいうちにしていますからね。そんな事よりも、鼠小僧でも現れませんかね?

    • 私の家には塀がありません。木々で囲むんでもいないのですが37年で一度も泥棒は来ず。開放的な家は来ない、むしろ塀や木々で覆われている家には入りやすいし、向かいの家の窓から見える家が安全ですね。それにしても最近の犯罪者はカメラに写ってますね。

  2. 覗かれる恐怖。

    我が家からそう遠くないところヤクザの親分のような方が住む住宅がありました。その家は一段高く屋上には回転式の監視カメラや、無線アンテナ、パラボラなども設置されていました。カメラが自動回転して、いかにも監視している感じでした。朝になると、子分らしきクルマがお迎えに来ていました。最近は引っ越したのか?見なくなりましたが、その家には、今でも監視カメラなどが残されています。自己防衛のつもりでしょうが、覗かれる我々にとっては全く近所迷惑でしたね。

    • 住む人間を選べないですから、戸建てやマンションに住むのは冒険です。賃貸のほうが自由度高いかもしれません。ガレージにカメラを置いている家もあります。それにしてもたえず見られるのは気分のいいものではありませんね。

  3. 衛星写真で監視されストリートビューで映され、街を歩けばカメラ、道路を車で走行もドライブレコカメラ、カメキチは超望遠レンズをつけて街中をうろうろし、個人携帯電話にはすべてカメラ付き。まるで興信所に付け回されているようで、居る場所が無くなりますね。個人情報保護法などお構いなしですね。そのうちカメラに映らないファッションなども登場するかも知れませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>