老子・・・加島祥造自由訳 第76章。柔らかさについて。

私のブログに老子が登場することが多い。それも大好きな加島祥造さんの自由訳だ。自由訳だといっても老子の声が聞こえるように優しい言葉で訳されていて、中学や高校時代の硬い固い漢文と注釈の羅列にうんざりした記憶がある。教える教師が学者ぶるのであった。あくびをしながら40分の授業に耐えていた。老子の英訳本は多いので(『老子』は聖書に次いで最も数多く英訳された外国書である)、加島さんは英語で書かれた老子の凄さを実感した。なぜ『老子』がこんなに英語圏で人気があって影響力があるのか?現在、世界のベストセラー『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』の著者ユバル・ノア・ハラリ氏自身にも、筆者は密かに老子の影響を感じるのである。

まずは第76章の加島(カジマ)訳を紹介します。(淡交社 伊那谷の老子 183p~184p)引用部分はブルー表示。


人は生まれたとき

みずみずしくて柔らかだ

死ぬときは、こわばって

つっぱってしまう。

人間ばかりか

あらゆる生きものや草や木も

生きている時はしなやかで繊細だが、

死ぬと、とたんに固くこわばってしまう。

だから固くこわばるものは死の仲間であり

柔らかで弱く繊細なものは

まさに命(いのち)の仲間なのだ。

あくまで頑張る軍隊は全滅する。

木も、堅く突立ったものは風に折れる。

もともと、強くてこわばったものは

下にいて根の役をすべきなのだ。

しなやかで、柔らかで

弱くて繊細なものこそ

上に位置を占めて

花を咲かせるべきなのだ(第76章)


人ノ生マルルヤ柔弱、ソノ死スルヤ堅強ナリ。万物草木ノ生ズルヤ柔脆(ニューゼイ)、ソノ死スルヤ枯槁(ココウ)ス。故ニ堅強ナル者ハ死ノ徒、柔弱微細ハ生ノ徒ナリ。是ヲ以テ兵強ケレバ即チ滅ビ、木強ケレバ即チ折ル。故ニ強大ハ下ニ処(オ)り、柔弱微細ハ上ニ処(オ)ル。


最近、読んでいる『私のタオ』(筑摩書房)の副題が(優しさへの道)となっていて、論語の男社会的な規律守りから老子の女性原理的な母性的優しさを論じている。一神教が生まれるずっと前の社会は実は長い長い間、女性(母性)社会で争いを好まずの社会がいつのころからか、戦いや腕力が前面に出てきて父性的な社会や文明に変わってしまったらしい。柔弱の『柔』は、『矛』と『木』で成っている。矛は金属であり固いが、それにつく木の部分は、しなるけれども折れない棒だ。すると『柔』の字は、矛につく木の意であり、『しなるけれども折れぬもの』、さらには『しなやかな強さ』の意なのだ。『弱』という漢字も,辞書を見ると、これは弓と”(毛)とでできたものを二つ並べたもののことだ。弓も毛もしなう柔らかさを持つ。柔よりももう少ししなうものを指すのだろう。だから古代中国での『柔弱』とは、根本に『しなやかな強さ』の意を持つと察せられる。『私のタオ』150p


孔子との違いで『たぶん老子はその人生において幾人かの女性にしっかり愛を注いだ人だ。--そこが孔子と違う!!』とも書かれて感嘆符まで打たれている。エロスから孔子は逃げていたかもしれない。論語を素読する習慣は禁欲的な人生観(縦社会を維持するための)にずいぶん寄与した思想だということもいえる。男社会をここまで作り上げたのであり、霞が関はじめ現在も脈々と流れている。ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も男性原理の宗教であることを考えると21世紀から22世紀に向かっての運動はたぶん女性原理でしか救えない気もするのである。(筆者の感想である)武器は男の物であり、戦争やテロでたくさん人を殺してきた。

  1. 男性化社会も今や女性にまで蔓延しつつありますね。国会などにも見られるように男性化した女性議員たちも多いですよ。戦いを好む発言で野党から辞職勧告案を提出された若い男性議員もさる事ながら、社会経験の長い老齢議員でさえも失言で自らの立場を失う事もしばしば見受けられますね。失言そのものは一時的なものでは無くその人の心のどこかに隠されていたものがその時の環境や精神状態によって引き出されるのでしょう。いくら失言を撤回しても覆水盆に返れずの如しですね。

    • 作為的な発言より、早めに失言して議員を去っていただくのがいいですが、これをすると国会議員はいなくなる(首相をはじめ)可能性が出てきますね。失言の内容はその人の本音なので撤回する必要はなくて、その言葉を胸に抱いて議員後の人生を歩んでいただきたい。

  2. 老子の論語から見れば、現代は正に危険な状態ですね。硬い主義主張や、固い頭、難い行為などがあふれています。しなやかさは全く見当たりませんね。我が国も、柳に風とばかりに根はしっかり張りながら柔軟性を持って受け流せればよいのですが、寄らば大樹の陰とばかりの政治や外交ではまるで根なしの浮き草ですね。流されてしまわぬようにしっかり根を張りたいものですね。

    • 固いものはぽっきり折れてしまいます。一番柔らかいのは水で、岩も砕いてしまいます。固い人は根の部分で生きて、けっして命令や部下を持つ人ではなくて(迷惑をまき散らすので)、しっかり基礎部分で頑張って働いて欲しいです。花は若い人や小さな柔らかい人に乗ってらうと素敵な集団や組織になります。老子はそう思っていました。

  3. 女性の男性化も、男性の女性化も、中性化も進んでいますよ。街には髪を色とりどりに染め、ピアスをありとあらゆるところにつけ、タトゥーを入れ、アニメに登場するようなコスチュームの性別不明な者たちが増えました。彼ら彼女たちにとっては、自由を得た証なのかも知れませんが、傍目からは気持ちの良いものではありませんね。自己主張とは言うもののオリジナルではなく真似事に過ぎないですね。現代人には、もう既に老子も通じないのが現実なのかも知れませんよ。人類の末期さえ感じますね。

    • まだ良質の部分で老子は生きてますよ。70代80代でニコニコおばあちゃんは、私も庭先や道路でお喋りしますが、あけすけで好きです。こういうおばあちゃんにはブルーベリーを上げてます。知恵のかたまりみたいな人たちで、定年親父たちの頑固さに比べると宝物みたいな人たちですよ。未来はたぶんお喋りにありそうです。いずれタトゥーの人たちも気づく日が来ますよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>