娘の同僚がどうしても東京へ行く用事ができて、5月中旬、福岡空港から羽田に。福岡空港で搭乗を待っていると後ろに誰もいない。機内に入るとひとり、気になってキャビンアテンダーに『客は私ひとりでしょうか』と聞くと『そうです』と返事。恐縮して『わたし一人のために飛んでくれるのですか?』と聞くと『そうですが、この飛行機には荷物や書類も積んでおりますので、人だけ運ぶだけではないのです』と返事。しばらくすると機長から『きょうは○○さん,御搭乗いただき誠にありがとうございます。本日機長を務めます○○です。羽田までの旅、お楽しみください』と自分の実名を入れてアナウンス。照れくさくて降りたいくらいであったと娘に告白。羽田に着くまで落ち着かないことしきり。飛行機に限らず、一人だけ乗る交通機関は照れくさいもの。私もたった数分の循環バスでさえ運転手と二人っきりでは照れる。心の中で『私は運賃200円しか払わないんだよ。これでは赤字の運行ではないでしょうか?』とね。妻と娘が登別の高級ホテルに泊まった帰り、新千歳空港までの豪華バスで無料送迎されたが『乗客は娘と二人っきり・・で申し訳ない気がした』と妻。帯広から足寄にバスの旅もひとり。こうなると私の得意の手は運転手の後ろに移動してやたらしゃべくりして不安を解消する作戦に出る。『どうです最近、松山千春は街に帰って歌を歌ってますか?松山千春は天候でなかなか飛ばない飛行機の中で、乗客に退屈させないために機長の許可をもらい〈大空と大地の中で)を歌って神と呼ばれませんでしたか』『網走でが山下達郎さんがコンサートしたとき、時間がまだあって足寄に寄り、千春さんの同身体パネルから顔出しして撮影、写真を竹内まりやに送ったら『何しているの』と茶化された』などペラペラしゃべっって時間をつぶした。

そんなことで、皆さんも交通機関にひとり乗車のいろんな思い出があると思う。大好きというのならうれしい限りの旅でしょうか、遊園地で天気が悪い日、雨でも降ってきてジェットコースターひとり乗りはないでしょうね?

  1. ♪運転手は僕だ!

    バスに乗らない、地下鉄にも電車にも乗らない、クルマが身体の一部のような僕の場合は、運転手一人だけの大ムダ運行かも知れません。たまに助手席に乗せても短時間ですから、殆ど毎日、運転手一人だけです。これも寂しいもので、MP3など繋いで音楽をかけて歌ったり、時にはハーモニカなど吹いたりしますね。話し相手が居ないわけですからね。

  2. ゼロ戦パイロットの弟。

    パイロットも粋な計らいですね。僕なら涙流して喜びますね。一生の思い出ですね。でも、今の時代?個人情報とかうるさいでうから顧客と言えども余程注意しなければ訴えられる事だって無きにしも非ずですね。「本人に無断で実名をアナウンスした」とかね。ジョークが通じなくなってはつまらないですね。

  3. ソーシャル・ディスタンスどころか個人専用機「プライベート・ジェット」気分ですね。これなら飛行機嫌いの人でも大丈夫でしょうね。機内で叫ぼうが走ろうが誰も居ないわけですから迷惑にもならないですからね。CAには少し面倒をかけますけどね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>