5月18日、老子について加島祥造さんの自由訳を掲載したが、一貫して老子の思想に流れる(価値観の相対化)。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教を支える神(一神教)の絶対化が彼らの行動に潜んでいるから、自分を正義や絶対善にするとそうでない人々を悪に祭り上げてしまう。限りない殺戮劇がヨーロッパの歴史を血なまぐさいものにしている。16世紀の海外への布教(植民地化活動)とともに、アフリカやインカやカリブ海への進出にも『キリスト教を信じない人々は人間ではないから殺しても構わない』人間観が合わさってとんでもない殺人行為と金銀の簒奪をして、スペインのカトリック本山も血塗られた財宝を平気で蓄財していった。海外へ探検に行く冒険家には必ず宣教師も同行していた。(たてまえは布教であると弁解の余地を残しながら殺戮・略奪ができる)。400年後、アメリカがリビアやイラク、南米の国々に『自由と民主主義』を建前に、独裁者は民主主義からほど遠いから倒して殺してしまえという生き方に繋がっている。カダフィもフセインも殺された。彼らが生きていたほうが国の中はもっとまとまっていたかもしれない。世界にアナウンスされた『自由と民主主義』はアメリカ国内でこそ必要な実現しなければいけない価値観であり続けているのに、他国や自国民への押し付けが、強制をしてしまうプロテスタント国家である。そういう国に向かって、老子の言葉は生き続けている・・・・。(第44章)伊那谷の老子190p

君はどっちだね——

地位が上がるためには、そして

収入や財産をふやすためには

自分の体をこわしたってかまわないかね?

それとも自分の命を大切にしたいかね?

自分の生きる楽しさを犠牲にして

名誉や地位を追う者は、実は

いちばん大切な「何か」を取りそこねているんだ

マネーをひたすらためこむ者は、実は

大損をしているのさ。

いま自分の持つもので満足する人は

デカイ顔でいられるんだ。

まあこんなところで充分だと思う人は

ゆったり世間を眺めて、

いま持つもので結構エンジョイできるのさ。

すると、そういう人は

思いのほか長生きするものだ、あくせく

地位やマネーを追う人よりもーーーーー

 

老子はそうは言うけど、毎日の暮らしの中で、まだまだ子供にかかる・孫にかかるマネーが必要と感じる人には「なんて贅沢な生き方でしょう」と思うかもしれない。子育て終えて、ローン返済を終えた65歳を過ぎないとわからない老子の言葉かもしれない。しかし、果たしてそうなのか?すでにこれに気づいて生き方を変えている人も多いのではないか?

  1. 現状の暮らしで十分ですが、その暮らしをも揺るがすのは各種税金ですね。モノを持たずに暮らせば、税金もいくらかは減るでしょうが、家を持てば消費税から登記料から固定資産税から。生きて行くためには光熱費や食費、保険料など諸々。クルマを持てば消費税、取得税、重量税、保険から車税から燃料税、車検、修理とキリが有りませんね。これらを全て捨て去れば理想なのかも知れませんが、果たして?生きて行けるのでしょうか?。そしてどれだけの人々が実践できるのでしょうか?

  2. 財産?などと言うものは全く無縁ですね。しいて言うならば古びた家屋とその土地でしょうか?しかし家屋は30数年も経ちますから価値も無くなり、土地も値下がりしています。今これらを売却しようとしても購入時よりも価値は下がってしまっている事間違いなしです。あくせくしている原因は、既に老後にもかかわらず、いつになっても理想の老後が来ない事ですね。高齢者も不安で受難な時代です。

  3. 山奥で仙人のように暮らす事が最後の夢でしたが、どうやら下界で最後を迎えそうです。いつの間にか社会人の一人になってしまいましたから、幾らもがいても生き地獄?蟻地獄から這い上がれそうにありません。65歳は過ぎてしまいましたが、老子の教えには程遠いですね。

    • 京都近郊にいた仙人は実は、街中の横にちょこっと暮らすのがいいそうで、ときどきシャバを見たり、人混みに身を任せたりしてましたから、現代でいえば郊外に住むのがベストです。わたしも仙人の要件を満たしています。仙人は粗食です。朝風呂も好きです。すこしHでもあります。死ぬまで悟りには至らないのが普通です。

  4. 主義の押し付けは争いの元ですね。相対的に物事を見ながら自分の道を決めればいい訳で、他人を勧誘したり洗脳したり煽動するから、些細ないざこざが大きな争う事に発展してしまうのでしょう。他人は他人、自分は自分ですね。

    • 価値観の相対化というのは簡単ですが、わたしも大脳がキレやすくなっているのか、おこりっぽっくなってます。クワバラクワバラです。世の中にイラついているのかもしれません。困ったわたしです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>