自宅のブルーベリー(8月撮影)

これは伝染性を持っていて、他人に伝染させることを生きがいにしている。そして自分は正しいと思い込み、周りを健康情報で蔓延させる。いまのテレビ番組や新聞はほとんど感染状態で、特効薬は番組を切ること。新聞購読を止めて自衛策を講じる。

本屋へ行っても「健康」と名のつくコーナーへは近づかない。タバコが本当に肺がんの元凶とは思われず(筆者の見解、向かいの94歳のおじいちゃんが毎日ヘビーに吸っている)、むしろ車の排気ガスが原因だと思うが、自動車産業に従事する社員の数、石油化学に従事する人たち、GDPに占める%の高さ、過疎地域の足の手段、観光やホテル、修理場やディーラーで生活の糧を稼ぐ人たち、車の膨大な広告費で高い給与生活を維持しているテレビ局社員たちを考慮すれば、多少の健康の害は(二酸化イオウ排出など)目をつぶって、タバコ産業が生け贄になったわけである。そういう偏見を私は持っている。

このブログでも「健康帝国」で作文を書いたが(4月3日)、ほとんどの製薬メーカーを回り、営業マン(MR)の方々と余談をしたり、禁煙外来を設けるに至るまでに「日本医師会へ」膨大な寄付が製薬メーカーから寄せられていること。依存症と位置付けて病気にすれば、健保で薬を処方できて莫大な利益が薬メーカーに入る。国民皆保険であるがゆえに、薬メーカーは、薬好きな国民とあいまってモルモット状態にしている。病院と共犯関係にある。

たとえば、血圧降下剤がボケ人口を増加させているとしたらどうだろうか?血圧が高くないと血流が十分に脳へ回らない。高血圧者の方が長生きだと言う統計も出ている。コレステロール値もLDL(総コレステロール値)が140m/gmを超えると「はい、薬を飲みましょう」だ。ある学者が5000人のコレステロール値が140を超える人を5年間、追跡調査をしたら、低い人の死亡率が高い人より5倍高かった。コレステロールの場合、遺伝性以外、この数値はたいして意味がない。

意味がないことに、生活をかける開業医、薬局、薬メーカー、薬問屋が税金とモルモットである国民を食べている図式だ。加えてサプリだ。知人の奥さんが健康食品マニアで、山のようなサプリメントを食べていたが、あるとき脳梗塞で倒れた。手術して治ってから「もう、サプリメントは信用しない。金返せですよ」と見舞いのときに言っていた。

必要のないものを必要なように洗脳して売る商売。健康が絶対神であるかのような宗教の跋扈。どうにかならないか?「私は健康志向ですよ・・」といわんばかりに走っていたり、自転車乗ったり、「自分大好き、自分の健康だけ大好き人間」のナルシスト集団が今日も町を闊歩している。他人への説教だけはしないでね。どんな健康人も寿命が来たら尽きるのだから。

病は気から、気は病から。体は健康だが生き方は不健康も困るし、病の体ながら素晴らしい生き方をする人もいる。

  1. 知人の大阪在住の兄は盲腸ガンを手術して成功かに見えたのですが、その後まもなく転移して再検査し抗がん剤治療中です。薬のせいで頭髪が抜けて来たらしいです。しかし昨日も今日も夜勤で働いているようです。前向きな人で、不住な体の筈なのに、働ける事は幸せだと言っています。落ち込んでしまえば更に悪化して精神的にも追い込まれますが、普段は誰よりも穏やかで優しい性格なのに芯は気丈な人のようです。病気は誰でもかかるものです。ケガもするかも知れません。でもそれらを克服して生きている人も沢山いらっしゃるので、いつ何時自分もそのような事態になろうとも、お手本にしたいものです。

    • 大阪の義理のお兄さん、人生のいいお手本ですね。働けることは幸せ・・・わかります。近所の人でも何気なく暮らしていても、不妊治療と戦っていたり、40代前半で乳がん手術していたり。NHKでサンドイッチマンの『病院ラジオ』があります。病院の中にラジオ局を作って、患者さんがおしゃべりに来るテレビです。自分の生ぬるい人生が打ちのめされ人々に会えます。

  2. 血圧降下剤は呑んでいます。最近忘れっぽくなったのは?そのせい?ですかね。朝、出かけた直後に忘れ物を思い出したりと、その程度ならいいのですが、生涯現役を目標にしている僕にとっては、仕事の打ち合わせの約束日時など忘れるような事があれば、考えただけでも怖いですね。それも自覚症状があるうちはいいんですが、それすらなくなったら大変ですね。「俺を一体、誰だと思っているんだっ!」なんて言った直後に自分に「誰だっけ?」とならないように気をつけなければ。

    • 物忘れを防ぐために手帳にメモしなくては?と思うのですが、その手帳が無くなり半年後出てきました。それも毎日持ち歩くカバンの中からです。真面目に探していないのでしょうね。メガネにもGPSをつけないと忘れます。もちろん手帳にも。これってビッグビジネスになりません?透明なシール1枚を貼るとGPS作動。それで位置を知る。スマホとPCで。老人にバカ売れしますね。子供たちが喜びます。人ではなくて物にGPS。サイフでもOK.

  3. 健康食品?なのか何なのか?友人に「これ呑みなさい」と渡されても「一切薬は飲まない主義なので」と断ります。皆んな何かしらサプリを呑んでいるようですね。薬に頼り過ぎると自然治癒力も低下すると思いますが?

    • もともと生物は病気になるとじっと休んでいます。自然治癒力があるからでそれで治ればしめたもの、直らないと素直に死を受け入れます。薬は毛細血管の中に、血液の中に入らないとその効果は出ないのに、その血管に入らない大きさのサプリは口から入ってお尻から出すだけです。疲れたら点滴が一番です。疲労回復のために入れてもらえばいい。ユンケルなど高いお金を払う必要ありません。

  4. ジョークの言えるご長寿。

    或る年の敬老の日に、或るTV局が100歳越えのご長寿の男性宅へインタビューに行きました。TVに映ると言うので、ご長寿を真ん中に、息子夫婦、孫たちも、ご家族総出で出演しました。そこで、女性アナがマイクを向けてご長寿に聞きました。「おじいちゃん、長生きの秘訣は何ですか?」と。するとご長寿は「毎日毎日、マッズ~イ物を食べる事です」と薄ら笑いで答えました。一瞬!世話を焼いているご家族の間に気まずい空気が漂いましたが、家族も合わせて苦笑いしました。ご長寿は、してやったり!と得意満面でした。ブラック・ジョークを言えるのですからマダマダ長生きしそうでしたね。年寄りに対しても、ただ幼稚な子供のように扱うのではなく、少し位、いたぶった方が元気になるのでしょうね。

    • 老人を子ども扱いする施設は多いですね。一番嫌なのは職員の『言葉遣い』や『態度』です。1年に1回だけの敬老の日は必要ないですね。プレゼントして美味しい食べ物を食べて記念写真を撮ってのセレモニーしますが。『マズーイ食事!』はナイスな返答です。皮肉屋さん、家庭に限らずどこの世界でもたくさんいて欲しいです。ヘソ曲がり万歳です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>