健康病の恐ろしさ・健康帝国からの脱出

これは伝染性を持っていて、他人に伝染させることを生きがいにしている。そして自分は正しいと思い込み、周りを健康情報で蔓延させる。いまのテレビ番組や新聞はほとんど感染状態で、特効薬は番組を切ること。新聞購読を止めて自衛策を講じる。

本屋へ行っても「健康」と名のつくコーナーへは近づかない。タバコが本当に肺がんの元凶とは思われず(筆者の見解、向かいの94歳のおじいちゃんが毎日ヘビーに吸っている)、むしろ車の排気ガスが原因だと思うが、自動車産業に従事する社員の数、石油化学に従事する人たち、GDPに占める%の高さ、過疎地域の足の手段、観光やホテル、修理場やディーラーで生活の糧を稼ぐ人たち、車の膨大な広告費で高い給与生活を維持しているテレビ局社員たちを考慮すれば、多少の健康の害は(二酸化イオウ排出など)目をつぶって、タバコ産業が生け贄になったわけである。そういう偏見を私は持っている。

このブログでも「健康帝国」で作文を書いたが(4月3日)、ほとんどの製薬メーカーを回り、営業マン(MR)の方々と余談をしたり、禁煙外来を設けるに至るまでに「日本医師会へ」膨大な寄付が製薬メーカーから寄せられていること。依存症と位置付けて病気にすれば、健保で薬を処方できて莫大な利益が薬メーカーに入る。国民皆保険であるがゆえに、薬メーカーは、薬好きな国民とあいまってモルモット状態にしている。病院と共犯関係にある。

たとえば、血圧降下剤がボケ人口を増加させているとしたらどうだろうか?血圧が高くないと血流が十分に脳へ回らない。高血圧者の方が長生きだと言う統計も出ている。コレステロール値もLDL(総コレステロール値)が140m/gmを超えると「はい、薬を飲みましょう」だ。ある学者が5000人のコレステロール値が140を超える人を5年間、追跡調査をしたら、低い人の死亡率が高い人より5倍高かった。コレステロールの場合、遺伝性以外、この数値はたいして意味がない。

意味がないことに、生活をかける開業医、薬局、薬メーカー、薬問屋が税金とモルモットである国民を食べている図式だ。加えてサプリだ。知人の奥さんが健康食品マニアで、山のようなサプリメントを食べていたが、あるとき脳梗塞で倒れた。手術して治ってから「もう、サプリメントは信用しない。金返せですよ」と見舞いのときに言っていた。

必要のないものを必要なように洗脳して売る商売。健康が絶対神であるかのような宗教の跋扈。どうにかならないか?「私は健康志向ですよ・・」といわんばかりに走っていたり、自転車乗ったり、「自分大好き、自分の健康だけ大好き人間」のナルシスト集団が今日も町を闊歩している。他人への説教だけはしないでね。どんな健康人も寿命が来たら尽きるのだから。

病は気から、気は病から。体は健康だが生き方は不健康も困るし、病の体ながら素晴らしい生き方をする人もいる。

  1. 年寄りのサプリ

    どんなに精密な機械だって金属疲労による耐用年数とか寿命がありますから、どんなに気丈で健康で規則正しい生活サイクルの人にも同じ事が言えるでしょうね。それを知っているからこそ人は健康で長生きをしたいと思うのでしょうね。美人短命とか世に名を遺す人は早死にする事例も多いですね。生まれ持った運命なのかどうかは判りませんが、そのような方々は、きっとどこかで無理をされていたのではないかと思いますね。熱中型で長年の不規則な生活サイクルが体力や気力を衰えさせたり、身体の基本的な機能を低下させたりと原因はあるのでしょう。サラリーマンのように毎日毎日、比較的規則正しく、決まったお給料を貰って何不自由なく過ごす場合にはよほどの外敵や精神障害でも無い限り平和で暮らせますから、きっと身体には良いと思いますね。それでも健康志向の方はジムに通ったり、若い女性などは美容やダイエットにとサプリメントの常習者に成ったりしますね。これは高齢者が健康食品に走る傾向と全く似ていますね。それで気持ちの上では健康と意識したとしても、一番いいのは変なものを呑まず、身体に無理を掛けない事なのかも知れませんね。年寄りの冷や水ならぬ、年寄りのサプリですかね。

    • 機械と同様、耐用年数来ますね。心臓なんかよく生まれてこのかた動き続けて疲れないか心配になるほどです。心筋細胞がどうして動き続けれるのか知りたいです。死を怖くならなければ、そんなに健康・健康と言わなくなると思います。60歳を過ぎると、お迎えがイツ来てもいいような準備をしたいものです。

      • ジムのランニングマシンは外から見えるところが多いですね。PRのつもりでしょうが、僕から見れば、お金を払って走る事自体が不思議です。そんな事より人手不足の職場で働けば?と。田舎の人はみんな働いて健康維持していますからね。

  2. クルマ産業従事者、鉄鋼関係従事者も、建設関係従事者も、電力会社系従事者も、農業従事者も、漁業従事者も、林業従事者も、すべての人が公害の元凶とも言えますね。人工的なものは何らかのエネルギーを必要としますから、規模が大きいほど現代の主要エネルギーの化石燃料を消費し、その結果が公害をも同時精生産する事になりますね。一般の人たちに目立つところでは身近なクルマの排気ガスですが、火力発電や製鉄所や無数の生産工場での排出ガスも膨大です。それも日本だけでなく、今では中国大陸からもPM2.5などの微粒子が毎日のように飛来していて北海道の景色も霞んで見えない状態ですね。自動車産業は叩かれていますからハイブリッドやクリーンディーゼルなど有害ガスを減少させる段階的な改良から、現在では電気自動車などへの転換期に入りました。しかし自動車全てが電気や水素エネルギーに変わっても、生産時での化石燃料や電力消費が増える訳ですから、発電に要するエネルギーが化石燃料では同じことですね。そこで風や太陽光や水力発電の動きも急速になってきましたが、果たして将来的に電気だけが地球環境を救うエネルギーなのか?それとも、全く新しいエネルギーの研究開発はどこかで進んでいるのでしょうか?今や核ミサイルなど作っている場合じゃあ無いですね。次期エネルギーの研究開発が必要ですね。

    • わたしは当面、化石燃料ではなくてダムの見直しで発電できるのではないかと考えてます。プラス天然ガス(現在北ガス稼働中)と風力かもしれません。西側諸国の繁栄は、たくさんの貧しい国の犠牲で成り立ってましたから、そこが生活レベルをどんどん上げていきたいと考えれば当然、西側との過激な軋轢が出てきます。エネルギー消費も上がって、膨大なCO2や二酸化硫黄など出て公害を出してます。大気汚染しない規制を彼らに押し付けられるかどうか。いままでいい思いを西側はしてきたではないかとね。ルールや法律は、それを決める国や人間たちの都合ですから、守る必要がないといえばそれまでです。

  3. 昨日はオフイスに立ち寄ったのですが、何とエレベータの点検整備作業中でした。工事関係者に聞くと「あと15分ほど掛かります」との返事で、仕方なく8階まで階段を昇りました。3階ごとに休まないと息が切れて膝も持ちません。年齢による体力の衰えを感じるのはこんな時です。でも多少の高血圧の他には悪玉コレステロール値が高い以外は健康な方です。病院には定期的に行くだけですし、普段から食事も外食はなるべく控えて塩分や糖分も控えめにしています。身体の内部機能は何とか持ちこたえていますが、足の衰えは顕著ですね。長く歩くのがつらいので、車の移動ばかりです。でも今から足や身体を鍛えるなんて?かえって良くないのではとジムなども止めました。年寄りの冷や水なんてムリせずに、歳相応程度の運動程度が一番ですよね。

    • 私はジムに通って、水を全然飲まず、かえって心臓に負担をかけてしまい倒れた苦い記憶があります。倉本聡の講演会で『ジムになんか通う暇あれば公園でも街中でも歩けばいいものを』を揶揄してました。美味しいものを食べ、太る、血糖値高い、そしてジムですか?都会人は何をしているの?と説教してました。自然人の彼らしい文明批評でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>