健康診断はしないほうがベターかも。

60代に胃癌で胃を全摘出をした人と電話で話すと、もう10年は経過しているから大丈夫かなと思っていたが、『最近、病院で腫瘍マーカー値が少し上がって気になってしょうがない。ずっしり肩に石臼を乗せているようで、その記憶や心配が取れなくて、落ち着かない毎日を過ごしている』と話していた。『健康診断なんかしないで、すっきりした人生の後半を送りたい』と。

病院に行けば何らかの病気が発見されて、やれ検査や薬で病院と薬メーカー、MRIやPET検査にも機器の原価償却をしないといけない病院経営であるから、次々と検査に回されてくる。5月26日、知り合いが札幌へPET検診に行くと、待合室に中国語のポスターが多数貼られていたので、『中国人は多いのですか?』と聞いたら『そうなんですよ、富裕層が団体で来るのです』。MRIとPETはガンの疑いがあれば日本人なら3割負担で約4万円。日本の健康保険が効かない中国人は健康目的のPET検診で40万円くらいかかるはず。

北海道の土地や水や森林も買われていて、いずれ中国郡北海道になる日も現実の問題になるかもしれない。先日、北海道に来た中国の首相も目的は北海道の食糧をもっと買いたいという趣旨であった。生き延びるためには、食べものがないといけない。川も土壌も南シナ海も汚染され、空気も汚れた中国都心から新千歳空港に降り立つと、空気が違うはず。北海道は人口密度も低く森林や畑や牧場がある土地は桃源郷だ。面積は九州+四国+山口県の面積。ニセコや倶知安の土地に別荘を作り、札幌のビルやマンションも買われ、それを導く不動産業者も跋扈している。中国富裕層を相手に商売と観光を手がけている華僑や日本人も多い。PET診断もその一つである。

しかし、PETでがん診断をされて、その処置は中国の大都市病院へその画像を持って手術をするのか、日本の病院で処置を受けるのだろうか?とんでもない費用になるが、それでもOKなのか?健康診断の話から中国人観光客が日本の医療機関にやってくる話を書いたが、実は筆者はある大手旅行代理店から『中国人にPET検査を受けるツアーを企画しているができないか』相談されたことがる。『検診を受ける人は1泊2日にして、同行する家族は観光旅行をさせる』というものだった。もう10年以上も前の話であったが、現実になってはいるが、手遅れで死んでいくのも生き方のひとつの選択肢かもしれない。

  1. 健康診断と言うより半年置きに血液検査だけはしています。結果は一覧表で貰えます。余程の異常を感じれば脳神経外科や循環器科や風邪を引けば耳鼻咽喉科に行くのですが、今冬は風邪も引かず病院通いはしませんでした。血圧の薬とコレステロールの薬を朝夕呑んではいますが、それ以外に薬は呑んでいません。年齢的な疲れなどはあるものの比較的健康な方だと思っています。ただ人間の身体は複雑ですから自分でもよくわからないことだらけです。ですから、せいぜい規則正しく?食べ物に注意して塩分や糖分や刺激物など多く摂らず摂生するくらいしか出来ませんね。幸か不幸か飲み食い友達も居ませんから助かっています。風邪も引かなかったのは、人ごみに出向かなかったことと、風邪ひき患者の多い病院の待合室にも余り行かなかったのが良かったのかも知れません。病院に行って病気になるくらい馬鹿げたたことはありませんからね。

    • 暖かい日曜日です。庭の雪も解けて芝生が出てきてます。こういう日は散歩に出てお日様に当たるのが一番です。愛犬でも生きていればサイコーの日でしょう。たぶん、そういう日々が体を作るのではと思いますね。健康に健康にと定年後ウォーキングを毎日欠かさない友人がある日、『変だ!疲れる!歩けない!』と言って帰宅、最初の医者は風邪、次の医者は『念のため血液検査を』すると白血球が急増していて、即入院。急性骨髄性白血病でした。62歳のときでした。1年後死去。前兆なく突然来るのが病気、それも死に至る病気です。良く寝て、食べて、酒を減らし、仕事をして、困ってる人がいれば助けて、笑う時間が一日1回あれば贅沢な人生を送っていると思えばいいのかもしれません。健康はたぶん『幻想』の世界で、どこかしこ皆皆、おかしいところ(部位)はありますから、医者の暮らしと病院経営に貢献しないよう、工夫したいですね。

  2. 医療ツアーは良いとしても、何も異常が見つからなければ良いのですが、最悪の結果が出たとしたらどうでしょう?。旅行は楽しいはずが、悲しい旅になりますね。でも今では中国のほうが医療も含めて全て進化しているのではないですか?日本、特に北海道は空気や水や食べ物は安心でしょうが、病気を見つけるための旅行など楽しく無いですね。

    • 北京の病院は、貧しい人や地方の人はなかなかたどり着けず、ハードルが高いみたいです。大金持ちや中国共産党の幹部や子弟などある意味特権階層が行くところでしょう。テレビで診断の順番を待つ北京市民の列を見たことがあります。医療ツアーで人気はPETですが、見つかってからどうするのでしょうね。画像データは持っては行くと思うのですが・・・。美味しい水・空気・食べ物食べれば、道産子は長生き県に入るはずが、一位は長野か沖縄ではなかったでしょうか。除雪が寿命を短くしている可能性大ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>