偶然の重なりで大きな事故に。

 

首輪

近在で発掘された縄文人の首飾り

滝2

人生の角々に偶然あり・・という実感をたくさんの人が日々体験しているわけで、言葉で説明すると嘘になるような生死の境目もあって、たとえば1分1秒、そこを早くか遅くに通過すれば遭わずに済んだ交通事故もある。

知人に法事の帰り、タバコのショートホープが切れていることに気付いて、タバコの自販機が置いてあるいつもと違う道路を走ったがゆえに頑丈なBMWに正面追突されて重傷を負った。彼の乗っていた車も偶然、知人から購入したばかりのHONDAアコード。アコードもBMWほどではないが、中古で固いボディーで助かった。医者の話ではあと数ミリ頸椎に近いと植物人間になる可能性もあったと。幾つもの偶然が重なって一命を取り留めた彼は、退院後、彼にアコードを売ってくれた人に大感謝をしていた。この事故から、彼は車の運転は止めた。

実は私も大きな交通事故を起こした。32歳のときだ。大きな道路から1本入った道で、一時停止を繰り返して前に進む直線道路だった。結婚して3回目の転職を考えていて、ラジオでロスオリンピックの男子マラソンを聞きながらある喫茶店を探していた。宋兄弟や瀬古が走っていた。ラジオに夢中、転職のことで頭がいっぱい、喫茶店探し、一時停止の繰り返し。

ところが、そこは一時停止ではなくて赤信号だった。発進と同時に私の運転席に車がドーンとぶつかってきた。交差点で私の車はくるくる回り、コンクリートの電信柱に後部をぶつけて止まる。軽自動車はフロントはめくりあがり、運転手は気絶していた。ラジエーターの水がしたたり落ちていた。不動産屋さんがすぐに警察に電話して、妻と娘と軽自動車の運転手を近所の外科へ救急車で運んだ。

偶然、前と後ろの固い柱部分(ピラー)にぶつかったがゆえに私のドアは凹んだけれど足の骨折はなかった。HONDAアコードだ。相手は信用金庫の営業マン。車にはお金を積んでいて、すぐに同僚が金の回収にきた。私に向かって「いくら自分が100%正しくても事故を起こすと自分の出世に響くので、示談にできないでしょうか?」と言われた。こちらも助かった。

次の日に、彼の勤める信金へ菓子折りを持って上司に頭を下げた。「お互い、大けがをしなくてよかったね」と被害者の上司から言われた時のうれしかった事。「何か、具合が悪くなったりしたら、必ず私へ連絡ください」と言って別れたが、その後、何の連絡もない。ただ、当時3歳の娘が衝突時、天井に頭をぶつけてそのときできたコブが30年経過しても頭のてっぺんに残っている。申し訳なかった。

私にぶつかってきたのがもし大型トラックだとしたら、ぞっとする。いまここでブログなんて書いていないかもしれない。最初に書いたように1分1秒の違いで、人生が大幅に塗りかえられる。28歳のときに、高校の同級生と喫茶店で待ち合わせをして10分遅刻したがゆえに地下鉄の階段で3年ぶりに出会ったのがいまの妻だ。学生時代に小樽に寿司を6人で食べに行き、お互い、生意気なやつという印象で別れたのに。偶然にもいろいろある。大きな仕事をとれた時も偶然の要素もあるかもしれない

  1. 世の中は偶然の積み重ねですね。数分早く出かけて居たら、あの大爆発事故に巻き込まれていたに違いない。とか。あの飛行機に乗るつもりが何故か前日に偶然変更して一日遅らせたばかりに事故に遭わなかったとか。そのほか日常には大小さまざまな偶然に助けられた事は何度もあります。そんな時には神に感謝したい気持ちになりますね。でも裏を返せば、そんな幸運は不幸と表裏一体ですから手放しで喜んでばかりはいられませんね。もし反対側に自分を置き換えて見ればわかる事ですが、人間は都合よく喉元過ぎれば忘れる動物ですから、気をつけたいものです。

    • いまここに生きていてブログ返信を書けるのも、偶然の所為だということを忘れがちです。父の約10億個の精子から1個選べられて細胞分裂を繰り返して私ができているわけですから、ほかの精子なら賢い私に、大金持ちの私になったかもしれません。途中で人生おしまいの病気遺伝子持っていたかもしれません。生まれる前から偶然に左右されています。宇宙に浮く地球も微妙なバランスで、太陽の光線を防いだり、有害な熱を防いだりしてバランスを取ってるのも偶然かもしれず、これがないと生物は地上に発生しませんから。むしろ必然は見えない偶然の積み重ねと人間の傲慢が生み出す理屈かもしれません。不思議な地球です。

  2. 大変な目に遭われた方々には、不謹慎な話になるかも知れませんが、「偶然」を信じ続けて早や10年。キャリーオーバーのロトを時々千円だけ購入していますが、頭で考え続けている「偶然」には未だ遭った事がありません。しかし、購入しなければ端っから「偶然」はあり得ないので、「ハズレ」を繰り返しながら、懲りずに「偶然」と言うを夢見る、はかない人生です。昨日は金曜日、ロト7の発表日でしたが、丁度いま急ぎの大事な仕事の作業中ですから、財布の中の抽選券は意識して、急いで結果を見ないようにしています。何故なら、万が一「偶然」が「真実」になって居たとしたら、仕事さえ手に就かず、大ミスを起こしかねないですからね。仕事が片付いた週明けにでもネットで見る事に。またガックリでしょうけどね。捕らぬ狸の皮算用?ですか。

    • 私は200円のスクラッチを買ってます。30万~300万の範囲です。10万でもOKなのですが、当たりくじの最高は200円です。売り場の人に『額が少なくてもいいから当たりくじをくださいね』と注文して3年になります。サイフに2枚ありますが、夜にこっそり削ります。亡き父が1億円が当たったら子ども3人に3000万あげると言われたときは嬉しかったですね。『父さんは1000万でいいの?』と聞くと『もう長生きしないから1000万でいいよ』と答えました。夢のような会話でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>