「遊び」という大事な概念がある。子供でも大体8歳までに大脳の各部位を活動させることで、生涯その子の可能性や才能が花開くし、ピンチになっても耐えられる人になれるらしい。「遊び」の大きな意味だ。アリの世界も遊んでいるアリがいるから、アリ社会の強靭さが保たれているのかもしれない。中学や高校時代に超優秀な生徒が自殺したり、精神病院へ送られた身近な人もいるので、「遊びの大切さ」は筆者にはわかるつもりだ。偏差値や勉強がすべての彼らであった。


庭の真ん中に、大きな切り株を置いてある。近所の農家の伐採作業で株を掘り起こして路肩に捨てられれてあって拾ってきたのである。ベンチ代わりに使えると思ったのである。10年以上経過する。その切り株が腐りだして、捨てようかとエイッと持ち上げたら、小さなアリが大混乱。大混乱していてもだんだん統制が取れてきて、大事な卵を次々、安全な穴の中へ運び出した。しばらくすると、卵は1個もなくなり、見事な仕事ぶりだ。若いとき、こんなに筆者は仕事をしただろうかと考えた。


仕事ぶりといえば、働きアリの15%程度は、全然働かないらしい。いつも女王アリのいる部屋の近くでゴロゴロしていて働こうとしない。しかし、この働かないアリを全部除去したら、やはり15%のアリは働かなくなる。さらに、働かないアリだけを集めた集団を作ると、85%は働き出す。つまり集団を構成するためには15%程度の遊びのアリが必要なように自然界では組み立てられている(のかな?)「俺はその15%のアリだよ」とサラリーマン氏は思うかもしれない。実際、筆者も、この説、妙に説得力があって好きだ。


昆虫は、ほぼ本能で動くので、これは初めから決められたことなのかどうなのか。「アリとキリギリス」というイソップ物語があるが、アリの中にも怠け者がいて、ほかのアリに寄生して生きているのが15%いるとしたら、イソップさんもビックリ発見だ。応用編として、ミツバチはどうだろうか?蜜を採取しに行かないハチがいるかもしれない。養蜂家に聞くとわかるかもしれない。働いているふりをしてどこかで遊んでいる。またまた筆者の営業マン時代に日々に似てきているが、アリの世界って、役割分担の一項に「普段は何もしないが、いざとなったら動き出す」アリが一定数いることは確かであるらしい。


進化生物学者 長谷川英祐さんの「働かないアリに意義がある」(メディアファクトリー新書)には「生態を観察すると7割のアリはボーとしており、1割は一生働かないことがわかってきた」との記述もある。さらにコロニーの長い期間の維持のために年齢に伴う労働内容の変化は「齢間分業」と呼ばれ、固体余命の短い年寄りアリは危険な仕事に「異動」してもらい、幼虫や子供の世話は若いアリにしてもらう。ハチもそうだと。若い順の仕事からいくと①育児卵の世話(たえず舐めていないと土壌菌にやられる)②巣の維持(巣の補修)③エサを取りに行く(一番危険を伴う・・人間や自転車に踏まれたり、雨にやられる)。老齢アリは③の危険地へやられる。集団全体(コロニー)の維持にいたしかたない役割分担だ。人間界から見ると無慈悲(同書38・39p)。さらに(お馬鹿さんがいたほうが成功するという)興味深い章もある。民俗学で言う「トリックスター」か。アリから人間世界(社会)のことへ話が動いている。「効率・効率だよ!」という生き方は、結局、失敗が多くて結果的に大損に至るという法則をどなたか証明できないか?


 

  1. 人間社会も蟻や蜂の社会にソックリですね。女王様が居て働き者の亭主が居て、子供が居て。蟻や蜂との違いは巣の大小ですね。人間の巣は小さい住宅と言う個人主義。それが沢山集まって街とか村とかのコロニーを形成していますが、やる事は蟻や蜂と大差ないですね。蜜の代わりに人間しか使えない通貨を稼いで貢ぎながら暮らしの支えをしていますからね。宇宙から見れば人間も蟻んこのようなものですね。

    • 働き者の亭主ばかりでは、昨今ないですね。電車で通勤の往復だけしている、ニコニコは給料日だけ。マスコミ関係者を見ていて、果たして働いているのかと疑問を呈する人々をたくさん見たので、その感強いです。怠け者の分まで働く人がいるので、犠牲者がたくさん出ました。どこの企業でも構造は同じです。そして責任取りません。私も49歳と50歳で倒れて入院騒動。意地と無理がたたった。半分、死を宣告されたので現在、ブロガーで復活とはこれいかに?

  2. 全く働かない人間も居ますね。働き方を知らない人間も居ます。働いて居る振りをする人間も居ます。また働き蜂か働き蟻のような人間も居ます。夫々の比率は場合によって違いはあるでしょうね。どう言う経緯で違いが出るのかは判りませんが、兎に角いろんな人種(差別?)が居るのは確かです。自宅近くに大型パチンコ店があります。毎朝8時過ぎにその脇の道を通ると大駐車場には平日にもかかわらずクルマがどんどん集まってきます。ほとんど毎日のように駐車場は満杯になっています。もちろん、働きに来ている訳ではなく間違いなく遊びだと思います。それも大人ばかりです。「イヤ、これは仕事」と言うパチプロなる人物も居るかも知れませんが、それこそ85%は遊び人でしょう。つまりそんな大人たちの集まる遊戯施設の直ぐ傍に小学校があり、少し先には中学校があり、高校もありで、彼ら生徒児童が毎日それを見て通学しているのです。近い将来、それらを手本にした遊び人が増える可能性だって否定できませんね。大人たちよ、平日くらいは、少しはまじめにやれ!ですね。

    • できれば働かなくても生きていける時代が来ればいいのですが・・。家庭をのぞくと、母親が子供にパラサイトしている家庭が多いですね。精神的な依存状態で、夫を見放して子供にいってますね。見放された夫はパチンコ依存へ。笑えませんね。パチンコ行かなくても会社依存や仕事依存、アルコールやタバコ依存、スナック依存や活字中毒もあります。さらにテレビ依存やブログ依存。親の依存症を見て子供はメール依存、漫画依存、ゲーム依存、スポーツ依存。それを見て老人は健康第一依存、散歩依存、時々孫依存、そして新興宗教依存。最近、私はトイレ依存で、この中に入ると落ち着きます。新聞やチラシや文庫本がスムースに読めます。考えてみると人間、依存なく生きれない生物だということがわかります。

  3. 現代と全く同じですね。蟻に見習ったのでしょうか?若い夫婦は子供に掛かりっきりで、むしろ男性が家事や育児を積極的に行い?両親世代が必死に労働していますね。つまり、稼ぎの少ない(ムリに労働しない)世代の若者たちが両親の援助のもとで生計を立てているケースが多いようです。ただ心配なのは、次の世代です。労働しない両親の行く末は果たして誰が面倒を診るのでしょう。その時になれば彼らも目覚めるのでしょうか?それとも成人した子供たちに支援をしてもらうのでしょうか?しかし多分少子化時代の子供たちが成人しても、全体的労働力は減少するのではないでしょうか。その時、我々世代はこの世に居ないとは言え心配ですね。

    • 一人っ子なら親の財産、いただきですからね。一人っ子同士のカップルなら家が2軒できて重いですから売らないといけません。私たちは野垂れ死にが理想の最後ではないでしょうか。孤独死も理想です。どうにかなるもんです。「日本人の戦争」(ドナルド・キーン著)を電車の中で読んでますが、真珠湾攻撃前後の社会の雰囲気や自分の感想を作家の「日記」が再録されています。一番、興奮せず冷静なのは永井荷風さん。日の丸万歳詩歌は高村光太郎でした。郵便通帳を持って生涯独身、最後は部屋で死んでいた。横にたくさんの通帳。理想ですね。

  4. 子供時代に我が家は父の故郷の疎開先の田舎で半農半林の暮らしでした。当時の竹馬の友の家は両親とも保健所とかに勤務していたサラリーマン家庭でした。その友はいつも科学雑誌を定期購読したり電気関係の工作や実験などしていました。僕は実験台に使われたこともありました。暇さえあれば二人は悪さをして、村や学校では札付きの悪と噂されていました。僕は両親から家の仕事の林業や炭焼きや田畑や椎茸の栽培の手伝いのノルマを課せられましたが、友達は家の手伝いなど一切無く、僕を誘いに来ました。両親の目を盗んで抜け出して悪さをしていつも叱られていました。当時からサラリーマンの子が羨ましくて「暇」な時間が自分にもたっぷりあれば、と思いました。暇さえあれば自分の好きなことができて楽しいからです。彼の父は趣味で写真をやっていました。一方我が家の父は肉体労働はしていたのものの、他の田舎の人と違い、何でも半分しか働かず、趣味の釣りと絵画と俳句や短歌をたしなんでいました。貧しいながらも学んだ事は「暇」は自分で作るものだと言う事です。

    • 名言です。暇は自分でつくるもの。怠け者に限って「忙しい、忙しい」と言います。要領が悪いだけです。暇な人には仕事を頼むなという格言もあります。忙しい人に頼めと。早く正確に仕上げるからです。私もサラリーマンの子供ですが、ほとんど公園で遊んでました。豊平川や創成川で魚を取りました。街中の創成川では野球のボールが落ちていました。野球部のメンバーは川に落ちて無くなっても、拾いにこないのでしょうね。小学校1年性のころです。肉体労働はカラッキシダメ。世紀末では最初に死んでしまうタイプです。そのかわり誰も殺したりしません。しかし、美味いものは先に取ってしまうかもしれないので、子供たちは「父親には気をつけろ」と言ってます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>