1月16日、胃潰瘍で痛みにドタバタした私の話を書いたが、「痛み」といえば会社の同僚が急性骨髄性白血病を60歳で発症、約2年間、闘病で苦しみながら亡くなったことを思い出した。彼の激しい痛みから見ると、自分の胃の痛み程度はまだまだ。彼は個室のベッドから逃げないよう柵を付けられ、私に「もうこの病院はいいから、俺を自宅に戻してくれ!」言ったが、「まだ無理だよ、もう少しの辛抱だよ」と答えた。ここに至るまでに、彼の骨髄の型に合う登録者がいて、病院側からバンクを通じて本人に骨髄移植の件で連絡したら「親から危ないからダメ出しされた」と返事。当初、私に「見つかったよ、俺の骨髄の型に合う人が。年齢や性別はわからないがね」と嬉しそうに話していたから、それが中止になったと聞いたとき、彼の心中を思うといたたまれなくなる。笑顔は消えたし、それを境に、彼の「痛い!痛い!」の叫びは、単に医学的な痛みだけではなくて、目の前が真っ暗闇、ろうそくの明かりさえないところに追い込まれた、ハートの痛みが加わっていたのだろうと思う。同業他社の人間が彼を見舞いに行くと、「もう、痛い痛いと叫んでいて、彼の病室に入れず、そのまま帰ってきた」と電話があった。余りの痛さに「殺してくれ」と叫ぶ患者もいる。手の施しようのない強烈な痛みを伴う病気。親族もどうしていいかわからない。そういう場面は確かにある。きょう苫小牧市役所へ用事で行ったとき、駅前から見えるレンガ色の病院を見て、見舞いに行ったことを思い出した。「もうこの病院はいいから、俺を自宅に戻してくれ」。それにしても1月の苫小牧の風は冷たい。そして道路は広過ぎる。「

  1. 胃潰瘍、大変ですね。必ず治りますからもう少しの辛抱です。そうですね、病院に行くといろんな患者の方々を見るたび、自分の病気や怪我と比べようが無いと感じます。妻が熱性リュウマチになって通院した時には、顔見知りになった若い女性患者の方が、日に日に病気が進行して手などが変形して行くのを目の当たりにしました。かわいそうでした。

    • 胃潰瘍の原因が判明。昨年はじめに胃カメラ飲んで何もなかったのですからね。心臓の薬で血をさらさらにする薬が胃壁を痛める副作用があって、それが原因ではとある医師が言いました。来週、火曜日に別な医師にも相談してみます。とにかく痛みには弱い、血にも弱い筆者なので困ったものです。

  2. 昨日、知人の大阪の兄から電話で、病院の検査結果でガン摘出後の経過は良好との事でした。ガンもあきらめずに治る事もあるんですね。我々もここまで生きて来れただけで儲け物。今は亡き親に感謝したいですね。

  3. 私の友人と仲の良かった知人は人工透析を受けて入院中でしたが、身寄りもなく、お互いに独身と言う共通点もあって、友人が度々見舞いに行っていました。或る日入院中の彼が私の友人に全財産の40万円を渡してもう死を覚悟していたらしく「オレはもう長くないから、これで宝くじを買ってきてくれ!」と言ったそうです。言われるままに友人は宝くじを40万円分購入して彼に渡したそうです。ところが?何とその宝くじで1億円が当選してしまい貧乏な病人だった彼は一躍大金持ちになってしまいました。その日から、死にかけていた筈の病人がすっかり元気になって世話になった友人を連れて毎晩ススキノでお姉ちゃん遊びに明け暮れました。彼は当時流行っていた写植の職人でしたから写植機メーカーの営業マンを呼んで、札幌には無い書体文字盤を数千万円分もキャッシュで買い、わずかだけ預金をしたようなのですが、友人の話によれば、最後は遊びの無理が祟ったのか死んでしまいました。彼がまるで宝物でも買うように大量に購入した大切な文字盤は、その後、前世紀の遺物として何の役にも立ちませんでした。でも彼は幸せの瞬間を味わって短い生涯を終えたわけです。病気は気からと言いますが、お金も特効薬なのかも知れませんね。

    • 似たような話で、ある大学教授が死の床で(もうおれはダメダ)と言うと、弟子のひとりが(先生、勲章の授与があるといま文部省から通知がきました)と伝えると、むくっと起き上がり、回復したというジョークですが(名誉)も特効薬に加えてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>