英語学校のホームページを作成した知人がお客さんに作品を見せたとき、カナダ人のご主人から『勇気のないホームページだね』と言われ、勇気ある内容に変更した話を聞いた。勇気なんて言葉を久しぶりに聞いたので軽く私もショックを受けた、しかもカナダ人から。さらに勇気とホームページと意味的にどうつながるのか知りたかったが、挑戦的ではない、自己主張的でない、未来志向性が足りないという意味合いだと思う。理科系の知人の性格から考えると、正確で上品で知的な内容に構成したのだと思うが、パンチや迫力、強い主張が足りない、どうも遠慮がちなホームページに見えたのかもしれない。しかし、それを直観とはいえ久しく日本語で聞いていない『勇気がない』というフレーズがカナダ人の口から出たのだから驚きである。彼は新渡戸稲造が英語で書いた『武士道』あたりを読んでいたのかもしれない。きれいな日本人のお嬢さんと結婚して、本格的な英語学校を経営しているのだから、これから生徒をどんどん増やしていい仕事をするぞという決意がホームページから感じられるものにしたかったのだろう。

『勇気がない』の伝でいけば、先日大学生を持つ主婦と話したとき、12月1日は国連が設けた『世界エイズデー』の話から筆者が昔、『エイズ企画〈対談)』を担当してコンドームメーカーへ全社営業周りをして失敗したこと、日本における使用される量が減っていることなどを歩きながら語ると、『ところで最近の若い子、女の子にアタックしないわね、勇気がないのかしら女の子、待ってるのに!』と。筆者は『なるほどね、例のストーカー法が施行されてから気軽に女性に声をかけづらくなったと言えないかな。薬でも盛らないとアタックできないのかも』と私。昔、早稲田大学にあったスーパーフリー・強姦集団を念頭に置いて話した。付き合う女性を誘うには経験上、ハードルは高いし『勇気が要る』ことで断られたら面目丸つぶれ。ほとんどの男は何回かは経験していることだ。しかし、それを乗り越えないと関門を越えられない。大恥を覚悟でアタックする。それが最近は女性が男性をアタックする、押されおされてゴールンインが多い。

『勇気があるのは女性のほうだ』。結婚に限らず、仕事においても決断力は女性のほうが正確で強いかもしれない。しかし、どうすれば『勇気ある生き方ができるか』ということだが、それは他人が判断することで自分で自分を判断することはできない。一番の他人は異性だから彼女(妻)に聞いてみるといい。それで付き合いが深まるかもしれません。

  1. 根性無しの男どもが多いのは確かですが、昔の様に誰彼かまわずナンパした時代とは社会全体のイメージが違ってきていますね。ナンパ=ストーカー犯罪とされてしまいますから、君子危うきに近寄らずとばかり面倒な事には関わりたくないと言う事でしょうね。女性アレルギーとか男性アレルギーに過敏な時代かも知れません。我が国は一夫多妻制ではないので、複数の異性と同時にお付き合いすることは不倫=罪悪とされますから、異性選びには細心の注意が必要ですね。しかし若気の至りで一緒になったのは良いのですが、しばらくすれば、お互い化けの皮もはがれて離婚となります。そんなケースが余りにも多い昨今ですから、若い人たちもより慎重に成らざるを得ないのでしょう。未婚の人たちが増えていますが、異性同士の結婚やお付き合いには、モデルケースがなかなかありませんね。

    • モデルケースは自分の両親でしょう。仲のいいところを見せておけば結婚願望は深くなるかもしれません。モデルがないんですよ、こればっかりは。自分たちでつくっていかにとね。そういえばナンパって死語に近づきつつありますが、現実はナンパですからね。

    • 考えてみると、恋愛はオールオリジナルといえませんか?特定の男女(同性同士でも)だけの事件ですから。よくあるのは、『あなたの科白、昔の彼女にも同じセリフを言ったのでは?』と疑われことです。単に映画や気の利いたトーク集の借用であっても昔はクサイとか気障(キザ)は嫌われてました。そんな言葉を言うなら寡黙な男が信頼やもてたらしいです。これでは勇気は沈黙ですか?

  2. 勇気?って最近気にしていなかった言葉ですね。言い換えれば積極性ですかね。先んじて物事を判断するとも言えますかね。未来志向とも?。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>