国の一般会計予算の半分を医療費が占めている。介護費8兆円と合わせると48兆円。消費税を10%にしても焼け石に水。最近、夫婦とも医療機関に行く回数が増えた。問診より検査がやたら増えた。たとえばA病院で1週間前にした血液検査表をB病院に持参しても『ここにはここの血液検査がありますので』と再度の血液検査を求められる。胃潰瘍を患ったときに『鼻から麻酔で胃カメラ』は感動したが、『来月○○土曜日、肝臓の診断エキスパーが来ます。この際、見てみましょう』と予約を入れられる。医師の友人みたいだ。しかし、肝臓の検査を受けた後に、まだ気になるところがありますから精密検査をしましょうと、有無を言わせず、自分で電話を取って肝臓CTをC病院(検査専門病院)へ予約。1週間後、私はキャンセル電話を入れた。胃カメラで1万円を超える診療代、肝臓検診で3000円、さらに肝臓CTなら5000円くらいか。胃腸科の医師に、医療費の増大に関する彼自身の意見を聞いてみたい。糖尿病の主治医は『ジェネリックスの薬は効き目ありません。一体、どこの国で製造されているかわかったものではない』と断定される。国民皆保険制度とはいえ、私の周りには無保険者が何人もいる。サラリーマン時代には気づかなかったことだ。医療費を節約しないと暮らしていけない人たちで、企業の社長にもいた。知り合いの40代の引きこもりの子供を持つ親は、子供にかかる税金をすべて負担しながら70代後半を迎えている。2月中旬水曜日、いつもの病院へ心臓定期検診に行くと駐車スペースなし、ロビーは超満員、老人の海であった。本人負担が1割の人たちが多い。老健施設から介護士が車いすを押して近隣からやってくる。老人を連れてくるだけで老健施設の収入になる。1時間幾らを何度も筆者は施設へ払った(天引きされた)。必ず電話が来て『どうしますか?お母さんを施設の方で運びましょうか?それとも○○さんいらっしゃいますか?』と聞いて来る。会社を抜け出して、2時間くらい私は母を運んだ。日本医師会という組織があるが、この組織は医者のための組織で決して国民の健康を第一に考えている組織ではないことに注意したい。医者や医院の利を求める政治的な圧力団体である。それにしても膨大な医療費である。

https://labcoat.jp/world-ranking-for-ct-mri-pet/

上記のOECDのデータでCTやMRIの機器が何台保有されているかわかる。特にガン発生に一番近いCTについては1万人に1台でダントツに多い。2014年で13、636台だ。減価償却するために検査で回転率を上げないと借金を返せなくなるから、税金を当てにした医療行為になってしまう。その程度なら病院に来なくてもいいよという病院が現れる日が待ち遠しい

  1. 僕の顧客の息子さんが外科医ですが、彼曰く、少しくらい身体が痛いなど病気の内ではないので、病院に行く必要はないと。年齢のせいと、運動不足からくる贅沢病とも。そう言ってくれる医者がいればどうでしょう?怒って別の病院に行く人も居るでしょうが、僕ならかえって安心しますね。薬はなるべく飲まない方が良いに決まっているし、医者の言うとおりにするのも考え物ですが病院で診てもらうと確かに安心しますね。二段脈などが出た時に行った病院ではホルターも着けましたが、くれた薬は精神安定剤だけでしたし、医者曰く「心臓の不整脈など誰でもありますよ」と。頭痛が続いて行った脳神経外科でもそうでした。「人間の脳は余程の事以外そんなに簡単に壊れませんから」と。そして首の筋肉の懲りを自分で矯正する方法を教えてくれました。それからは自分で治療できるようになりました。友人にもその方法を教えています。

    • 不養生のほうが健康を保つという人もいます。もう健康病気の蔓延社会に入っています。健康帝国ですね。昔のヒットラーもそうでしたね。最近、ガンになってわかった医者の告白本が増えています。ホモ・デウスにはいずれ医者が最小限の世界が来る可能性ありますと書かれていました。AIの利用で手にバンドをして自分の健康が自動的にチェックされて診断がくだされ、薬もロボットが出してくる(カリフォルニアで実験中、グーグルらしい)。そこまで技術は来ています。

  2. 健康な若い時に比べ、高齢者にとって医療費はどうしてもかかるものですね。医者はそれで成り立っていて立派な施設と設備が売りですが、命を救うためには患者を持つ親族は保険とは言え1割でも3割でも負担は大きいですね。税金で賄う国の負担はさらに大きいですから、簡単に病院に行く今の時代では医療費予算も当然間に合わなくなるでしょうね。確かに病院の待合室には高齢者が多いですね。私も二か月に一回は行きますが。

    • 最近、もう僕は血をさらさらにする薬は飲まない、10年以上になって健康度が増してきたと豪語する人に会いました。ステントを挿入した人です。なるほど、こういう考え方もあるもんだと。『あんなアメリカの製薬メーカーのろくでない薬なんか飲むもんではないよ』と付け加えた。東洋医学の信奉していました。

  3. 高齢者になれば働いて居ても社会保険から外され、国民健康保険に加入しなければならず、僅かな収入があれば現役時代と同じく3割負担ですから大病を患う訳にも行きませんね。しかし病は突然発覚したりもしますから蓄えの無い我々には大変な事になりそうです。保険には入っていますが、僅かな足しにはなるでしょうが、不安はありますね。それに更に家族に超高齢者を抱えている場合には介護や医療関連費に押しつぶされそうですね。親子の関係も時代の変化とともに希薄になって居ますから、必ずや子供たちが老後の面倒を診てくれるとは限りませんがね。

    • 子供はあてにしないほうが賢明です。私もそう思います。焼き場に送ってくれればいい、それだけですね。あとは野垂れ死にで少し地域社会に迷惑をかけますが、よろしく頼みます・・・です。いつ死んでもいいように生きるのが日々の勤めです。

  4. 後期高齢者になった途端に社会保険から外され、自治体の発行する保険証が自動的に送られるてくるのです。扶養家族の配偶者は後期高齢者になっていなくても外されますから新たに国民健康保険に加入することになるんですね。社会保険の脱退届けを市町村の保険窓口に提出して加入手続きをすることになるんですが、年寄りには大変ですね。銀行でも役所でも高齢者に出向かせ、若い職員が椅子に座り早口で説明するのにはついて行けないと思いますよ。

    • 配偶者も外されるとは過酷なことですね。ヒドイサービスですね。私の住む町は人口が7万人弱ですが、それにしても老人がわざわざ役所に出向くとは!先日、確定申告にたくさん老人が来ていましたが、必ず子供が同席していましたよ。印鑑を本人が押すだけにして、説明も子供が聞いて質問です。話すスピードに老人はついていけません。これではおれおれ詐欺にだまされるはずです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>