何が怖いといって、地震ほど怖いものは戦争もそうだがないといっていい。南海トラフのシミュレーションCGがニュース番組で流され始めているので、このブログを再々録する。

地球上の地震エネルギー10%、日本で放出!黒澤明のこと。(2016年2月9日掲載)

 

 

500_10958580

丸の内

図説「地震と人間の歴史」(原書房・2013年刊)によれば、1年間で地球上で放出される地震エネルギーの実に10%は日本に集中しているという。

アンドルー・ロビンという英国の自然科学者の本に書かれてある。2030年代に発生が予想されるマグニチュード9以上の南海トラフ巨大地震。東日本大地震の復興途上にもかかわらず、さらに桁の大きな津波や地震がこの本を監修した京大の鎌田教授のまえがきに書かれてある。週刊誌で、毎月のように大地震の話題は書かれているが、津波は34メートルと予想されている。

自分がいま働いていたり・住んでいる場所の海抜は何メートルかはネットですぐに検索できるから便利だ。ちなみに札幌駅で日本海から海抜約20メートル。私の住む場所は太平洋から30メートル。新千歳空港は30メートル以下かもしれない。空港の下には追分断層という活断層が南北に走っている。ここに限らず、日本じゅう活断層のない所はありませんというのが正解かもしれない。

東大地震研が書いた「日本活断層地図」があるけれど、予算がなくて全部を調査できないとも書かれてあった。だから、日本列島で起きる地震や津波はどんなに大きくてもすべてそれは「想定内」と思って物事は勧めた方が、日本の過去の歴史や地震体験・記録を見てもリスク管理面から考えても正しい選択だと思う。無駄な議論と時間を使わなくて済む話。自然からみたら、想定の内外は全く関係ないことだ。

これに加えて火山の噴火もある。私も有珠山の爆発を身近にしているから、洞爺湖温泉街のゴーストタウン化もあった。支笏湖そのものも樽前山の大爆発でできた窪みだから、湖の多い北海道は九州や中部地方東北もそうだけど火山だらけだ。

お隣の中国も地震大国で、3000年前から記録があって(記録に残していること自体凄い!)、これまで地震で亡くなった人は1300万人以上、そのうち83万人は1556年の想像を絶する地震からだと。吉川弘文館の世界史年表には明帝国の項目に書かれていないのを発見した。1775年11月1日のポルトガル・リスボン大地震は首都を壊滅的にしたにもかかわらず、ヴォルテールが「カンディド」で書かなければ、歴史の記憶から消えている。ヨーロッパの経済、政治、知性の僻地とみなされていたからだ。津波もあって約3万人が亡くなっている。

ところで、この本に映画監督黒澤明の名前が出てくる。1923年の関東大震災のときに彼は13歳、中学2年生だ。山の手に住んでいたが、自宅は半壊状態ながら運よく家族全員無事であった。60年後、彼は自伝「蝦蟇(ガマ)の油」(岩波書店)を執筆、この中に兄貴と廃墟の遠足を試みた文章が引用されている。「私は、まるで遠足へでも出掛けるような浮き浮きした気分で、兄と一緒に出掛けた。・・・・その遠足がどんなに恐ろしいものかに気がついて、尻ごみしたときはもう遅かった。・・・・怯える私に無数の死骸を見せた。・・・・兄は私の手を掴んでどんどん歩いていく。・・・・黒焦げの屍体も、半焼けの屍体も、どぶの中の屍体、川に漂う屍体、橋の上に折り重なっている屍体、四つ角を一面に埋めている屍体・・・あらゆる人間の死にざまを、私は見た。私が思わず目をそむけると、兄は私を叱りつけた。(明、よく見るんだ)・・・・・死骸の山の一つに、座禅を組んだ黒焦げの。まるで仏像のような死骸があった。兄はそれをじっと見てしばらく動かなくなった。そしてポツンと言った。(立派だな)私もそう思った。」

*「蝦蟇の油」を入手したので後日、読了したら書くかもしれない。少年時代の黒澤明は泣き虫でいじめられっこであったと自分で書いていた。指につばきをかけて書いた絵をクラスメートからゲラゲラ笑われたにもかかわらず、三重丸をつけてくれた絵画の先生への感謝の話を感動的に描いている。それ以来、絵を書くのが大好きになり、映画監督になって絵コンテを丹念に描くようになったのにつながっている。何がどう転ぶか、人生わからないものである。

  1. 東京から田舎へ疎開した我が家

    地球そのものが活動しているので地殻変動は当然ですが、それによる地震や津波の予測はできません。最近ではスマホに高度(海抜)も出ますので津波被害も推測はできますね。それに自身の数秒前に警告アナウンスが入りますから、とっさの対応はできます。今日も近くで被災した建物を見ましたが地震発生から半年以上経ちますが未だ復旧していません。近くの小学校のグランドもまもなく新学期が始まると言うのにブルーシートが敷かれたままです。都会で地震が発生すればと考えただけでも怖いですね。東京は関東大震災で、戦争でと何度も瓦礫と化したのですが、何故か?また危険な街づくりを繰り返しています。一極集中のリスクを今のうちに解決しておかなければ大変な事になりますね。

    • 東京なんか見てると、『大変なことになる』というWORDでしかし、何をすればいい?でハタと止まっているように見えます。水や毛布や食糧の確保はしているでしょうが、その数たるや莫大です。高層建築物の落下もあるし、東京湾の津波も入ってきます。札幌で新千歳に至便なJR沿線のマンションを探している東京の人もいます。お金のある人は逃げる場所や避難場所を買うことができます。

  2. 今は亡き叔父さんが関東大震災の時に東京で瓦礫や死体の運搬の仕事をしたそうです。田舎の囲炉裏の周りに煙管タバコの叔父さんと従弟と焚火を囲んで、そんな話を聞きました。余りに酷かったのでしょう。子供の僕たちには余り詳しくは教えて貰えませんでした。

    • 『蝦蟇の油』にはリアルに表現されていました。さらに、震災で井戸に朝鮮人が毒を入れたという噂を流した人がいて、彼らを日本人が多く虐殺した事件もあります。福井地震は報道を控えましたよ。

  3. 地震・雷・火事・?

    地震・雷・火事・親父。なんて言われていましたが、親父もすっかり威厳がなくなりました。子供たちが怖いのは地震と雷と火事でしょうね。我が家に大きな被害はなかったものの、あの悪ガキも地震には恐れをなしたのか最近でも盛んに「地震はまた来るの?」と聞いてきます。「来るよ、いつ来るか分からないけどね」と答えています。両親が働いていて家に子供たちだけの場合は地震発生時の対応を教えておかなければいけません。親父の言うことを聞かない悪ガキでも地震の言うことは聞くでしょうから。

    • おはようございます。日本史年表をペラペラみると地震の発生や被害は飢え(飢饉)と並んで半端じゃない回数起きています。地上の歴史が権力闘争や戦争の歴史であっても海底や地球内部は人間の歴史と関係ないですから自然についてというか自然そのものについて、心身で感じられる人間に育てたいですね。

  4. ホランペッター。

    今、11時9分です。まもなく11時半には新元号の発表らしいですが、つい先ほど、ある筋からの情報漏洩によれば「アンシン」らしいですよ。漢字は不明ですが?。アンは「安」。シンは「晋」。?ではないですか。

  5. 新元号が「令和?」と密室で決まったそうです。「平成」も平静ではなかった30余年でしたから「和」を入れて平和を意味するのでしょうが、今回は初めて漢語ではなく日本の書物からの引用らしいです。万葉集の巻五 梅花の歌三十二首并せて序にある「初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」初春の令月にして、気淑く風和ぎ、鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。からの引用らしいですね。令は律令、法令、命令、条例。和は柔らか、穏やか、なごむなどの意味でしょう。いずれにしても少なくても人災・天災の無い時代になって欲しいものですね。

  6. ゼロ戦パイロットの弟。

    新元号の「令和?」は漢詩ではなく日本古来の文学「万葉集」からの抜粋とは言うものの、文字も文体も漢からの伝承ですよね。6本に絞った中からアイウエオ順に右から左にプリントされた二つ折りの紙を渡された学識経験者たちの多数決で選んだようですが「令和」ラ行ですから一番最後にあったらしいです。詩の中の二文字をつまんで組み合わせただけで「令和」の熟語などありませんから一文字に意味はあっても熟語に意味はないですね。後で取ってつけた説明はあったそうですが。「令」にはお上の匂いがプンプンすると感じるのは私だけでしょうか?。官邸での情報漏れを防ぐために官邸付記者の携帯電話にも妨害電波を出していたらしいですね。もっとクリアに見えるところで堂々と選考会議をやった方が良かったのではないでしょうか。そもそも天皇陛下と大いに関係がある元号ですから、結果報告だけでなく天皇陛下や皇太子殿下とも相談した方が良かったのではないでしょうか。

    • 出てきた案を表にだしたほうがBETTERです。令には息苦しさを感じるし、例の日本会議のメンバーである宮崎みどりのファッションの時代錯誤感はないですね。漢字は中国からの伝承で、別に日本古来の云々ではないです。秘密好き、密室好きの茶番劇でした。テレビのフィバーぶりは異常としかいいようがありません。

  7. ハウスメーカーも、ジェネコンも地震や津波に耐えられる建築物や造形物の研究はしていないのでしょうか。もし研究をしていたとしても福島の原発の爆発事故を見てもハッキリしているように、東電なども「想定外」で片づけるのはどうかと思いますね。高速道路でも阪神淡路の場合を思い出しますが、札幌の高速だって今や老朽化で危険ですね。開発や建設は良いのですが、後世のメンテナンス費用さえ想定外では、先が思いやられますね。建設予算には後々のメンテナンス費用まで計算して、それに見合った規模の開発にすべきでしょうね。東京オリンピック施設も後々負の財産とならなければ良いのですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>