知り合いのブランドのリサイクルショップ経営者と話していたら、いまどきの専業主婦50代・60代の本音が届いてきた。すべての専業主婦がそうだとは言わないが、夫への罵詈雑言・悪口のひどさに独身の彼女は唖然として、筆者に『もうあの人たちとお喋りしたくない』と。元々地元の銀行員で頭取の秘書を永年勤めて、持ち前のバイタリティーでブランドリサイクルショップを30年前に立ち上げた女性である。ブランンド品を売りに来るのではなくて、買いに来る人が多い。

『旦那さまにこのブランドのこれこれはいかが?』と勧めると『高いものは夫には要らないわ。安物でけっこう。これで稼いでくれればいいのよ』『夫の給料から内緒で貯金をしているの。一定額溜まったら離婚予定です』『私は2回目の結婚でもう失敗したくないの。浮気しないか絶えず監視を怠らないわ。前の夫が浮気ばかりしていたので、小遣いは最低限しか渡さない。』彼女曰く、『年齢的に子供の教育も終わり、住宅ローンも終えて、そこそこの住宅に住んで外で働かなくても裕福な暮らしが維持されているにもかかわらず、夫への感謝の一言もなく、それはないだろうと思った。もう彼女たちとは口を聞きたくない』。

銀行の中で様々な男性を見てきて、職場の中での仕事の大変さを知っているので『専業主婦の皆さんよ、あなた方、何か勘違いしているわよ』ときっぱり筆者に言った。世の中は、妻との会話やケンカを防ぐ本やら、どうやって妻とスムースな関係を維持するのか、家事は積極的にしたほうがいいだの指南本が売れている。ひとり残された夫の惨めさをとことん書いて、今からでも遅くないから始めよう家での仕事と妻への優しい言葉かけ・・・なのか。明治以来、男中心世界は150年にわたって続いている。その悔しさの爆発があちこちで起きているのはわかるが、それを悪用してマジメに働いてきた夫への罵詈雑言はないだろうと筆者も思うが皆さんどうだろうか?

男がどうも怯えて生きている現実があちこちの職場で見られる。20代・30代・40代で感じなかった逆差別を感じる。世の中、どうも相当に馬力を持った男以外、生きずらい社会になってきていると思うのだが、皆さんはどう思われます?リサイクルブランドショップで話されている専業主婦の会話について、経営者は『もうあの人たちとは会話したくない。夫の悪口を言うときの人相の悪いこと!』。悪口を言ってるときの人相は自分では見れない。人相は隣の人にも伝染するかもしれない。心すべきことである。恐ろしや、過去の夫の様々な気にくわぬ記憶の噴出、消えない。消さない!

  1. もともとは他人同士ですから、育った環境の違いで考え方も生き方も夫々ですからある程度は仕方ないとは言え、運命共同体としてお互いに長年助けあって来た相手の誹謗中傷はいただけませんね。それも同じ様な話題で盛り上がるのも冗談程度ならコミュニケーション話法として許せますが、相手を丸裸にするほどのプライバシーまで曝け出すのはいけませんね。言われている本人は知ら無いうちに街中の人の笑い者になっているかも知れませんね。言っている本人の人格も疑われますけどね。それに気付けば良いのですが。

    • 私も何を言われているやらわかりませんが、それを止める必要もないと思いますね。その人を選んだのはあなただしということになれば恥はおっしゃるとおおり、本人に帰ってきます。しかし、それを強く言いたいほど、不満が蓄積過多になっているのは事実で、小噴火をさせる必要ありです。

  2. 相手の同意を得たり、同一の話題に引き込んだり、奥様方はコミュニケーションのプロかも知れません。話題の内容的な問題は有りますが、知り合い同士なら未だしも、全く知らない初対面の人にも誰彼構わず話しかけてコミュニケーションを試みるのは見事とさえ思います。夫への愚痴は別として、去年の夏に夫婦で広島へ出かけた時の事。新千歳から伊丹行きの機内で通路を挟んで隣にいたお婆ちゃんに妻が話し始めました。何でも夏休みに幼い孫たちを北海道に預かっていたが、これから送って行くのだとか。新大阪から新幹線の車内でも通路を挟んで座っていた老夫婦に話し掛けて出身地や、お互いの行き先などの話題で盛り上がり広島まで話しっ放しでした。一方、私はそんな話題についても行けず終始黙して語らず、でも時々作り笑いでお付き合いする程度でした。そんな訳で、環境が変わっても即馴染む妻に関心するとともに女性のコミュニケーション力は男性には真似できない特技では無いかと思いましたね。

    • いまを楽しむ女性の(近所の専門学校の女生徒やJR内の高校生を見ても)の会話スキルは本人は気づかないでしょうが凄い。しかし、これが一転、イジメにも通じると思います。旅をしても楽しそうにワイワイ他人と話せるスキルはいつ身に着けているのでしょうか?その起源はままごと遊びあたりから?

  3. まるでダメ夫。

    喋りたい奥樣とは?私見ですが、穏やかで物静かに話し、他人樣の悪口など余り言わない人。欲を言えば身綺麗で清潔感があるお洒落な人ですね。近所にもいらっしゃいますが、そんな奥様とは毎日顔を合わせていても、それほど話す機会はありません。一言二言ですが話すのも、我が家に来られた時くらいですね。そんなに接触しない距離の関係では挨拶程度ですが、果たして家庭内ではどうなんでしょうね。夫婦となれば接触度合いが多すぎるので、お互いの主張を通さんとばかり我儘放題になり、挙げ句の果てには夫婦喧嘩さえ勃発します。どちらかの蛾が通らないと収集がつきません。大抵は夫が折れて一旦沈静化の繰り返しが多いのでは無いでしょうか。夫は悔しくても折れる事で治る事を家庭外でも多数経験しているからでしょうね。

    • そうですね、上品な奥様で言葉少ない人って近所にはいませんが、どの家庭も似たりよったりではないでしょうか?ケンカはほぼ男が白旗を上げると収まります。困るのは、ケンカが収まったと思うと、大昔の夫の所業が出てきて(妻はこういう夫のマイナス点を記憶の特殊な場所に積み上げている)、夫の気分を害することがおおいですね。困ったものです。

  4. 良いものはなかなか伝わりませんが、悪いものは時と場所さえ得ればウイルス同様簡単に伝染しますね。そしてどんどん拡散します。でも、よく言われるように「天に向かってツバ」では無いですが、他人の中傷ばかりしていれば、何れは自分にも降りかかって来ますね。そして重篤状態にもなり兼ねませんね。

    • 天に向かってつばばかりしている私なので、おかげで10万円の申請書がようやく月曜日届くありさま。テレビに向かってつば、新聞記事につばを吐きかけてますが、通勤途上やJR内ではそういう所業はしておりません。これからどういう時代が来ても、妻の夫への悪口はなくなりませんね。自宅での仕事ばかりになると急増しますね。

  5. おしゃべり好きの奥様たちも、今ではストレスがピークなのでは無いでしょうか。ソーシャル・ディスタンスとかで、マスクをして2m以上も離れて横並びでは会話も成り立ちませんからね。そんな奥様方もテレワークならぬLINE通話なら出来そうですね。長い休校中だった孫たちは、毎日LINEでお互いビデオ通話で過ごしていました。ビジネスも大げさなテレワークなどより、スマホで十分な時代ですね。

    • サラリーマンや学生のストレスNO1は人間関係なので、多少解消されたりするし、ひきももりの連中も少し出番が増えるかもしれません。スカイプ1回しましたが止めました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>