知り合いのブランドのリサイクルショップ経営者と話していたら、いまどきの専業主婦50代・60代の本音が届いてきた。すべての専業主婦がそうだとは言わないが、夫への罵詈雑言・悪口のひどさに独身の彼女は唖然として、筆者に『もうあの人たちとお喋りしたくない』と。元々地元の銀行員で頭取の秘書を永年勤めて、持ち前のバイタリティーでブランドリサイクルショップを30年前に立ち上げた女性である。ブランンド品を売りに来るのではなくて、買いに来る人が多い。『旦那さまにこのブランドのこれこれはいかが?』と勧めると『高いものは夫には要らないわ。安物でけっこう。これで稼いでくれればいいのよ』『夫の給料から内緒で貯金をしているの。一定額溜まったら離婚予定です』『私は2回目の結婚でもう失敗したくないの。浮気しないか絶えず監視を怠らないわ。前の夫が浮気ばかりしていたので、小遣いは最低限しか渡さない。』彼女曰く、『年齢的に子供の教育も終わり、住宅ローンも終えて、そこそこの住宅に住んで外で働かなくても裕福な暮らしが維持されているにもかかわらず、夫への感謝の一言もなく、それはないだろうと思った。もう彼女たちとは口を聞きたくない』。銀行の中で様々な男性を見てきて、職場の中での仕事の大変さを知っているので『専業主婦の皆さんよ、あなた方、何か勘違いしているわよ』ときっぱり筆者に言った。世の中は、妻との会話やケンカを防ぐ本やら、どうやって妻とスムースな関係を維持するのか、家事は積極的にしたほうがいいだの指南本が売れている。ひとり残された夫の惨めさをとことん書いて、今からでも遅くないから始めよう家での仕事と妻への優しい言葉かけ・・・なのか。明治以来、男中心世界は150年にわたって続いている。その悔しさの爆発があちこちで起きているのはわかるが、それを悪用してマジメに働いてきた夫への罵詈雑言はないだろうと筆者も思うが皆さんどうだろうか?男がどうも怯えて生きている現実があちこちの職場で見られる。20代・30代・40代で感じなかった逆差別を感じる。世の中、どうも相当に馬力を持った男以外、生きずらい社会になってきていると思うのだが、皆さんはどう思われます?リサイクルブランドショップで話されている専業主婦の会話について、経営者は『もうあの人たちとは会話したくない。夫の悪口を言うときの人相の悪いこと!』。悪口を言ってるときの人相は自分では見れない。人相は隣の人にも伝染するかもしれない。心すべきことである

  1. 主人の仕事の内容は知らないが、主人には主婦の仕事の大変さを身をもって知って欲しいと願うのでしょうね。ジャンルが違う環境で相互理解も難しいですが、お互いに助け合うことの方が大切でしょうね。主人が稼いだお金さえも「税金も生活費も私が全てを払っている」と勘違いされている主婦もいますね。もともと他人同士が何かのはずみで夫婦になったのですが、最後は他人に逆戻りしてしまうようですね。

    • 突然、わたしらしくないテーマで申し訳ないのですが、彼女のあまりの憤りの激しさに圧倒されて書いてしまいました。わたしの母も専業主婦を60年以上してましたが、お金のやりくりはわたしがしていたと筆者に言ってましたが、実は父親がやっていたことが判明。父と母に何があったのか不明ですが、相当に深い溝があったと思いました。父の告別式の夜に、母は神戸での初恋の話をわたしにし始めたのには仰天。海軍で戦死しましたが、いい思い出だったんだろうなと思うだけですが、父にとって残酷物語。

  2. お昼休みの使者

    「会話」とは、そのコミュニティが存続するために循環している“潤滑油”という見解があります。裏を返せば、その会話がなければ元よりコミュニティは形成されず、拡大解釈していくならば、そこで消費されている会話の内容がそのコミュニティの”色”を決定付ける大きな要因と考えます。悪口だけの会話を維持していく彼女らは、例え物理的な環境が変わったとて、生涯そのようなコミュニティから抜け出せないでしょう。店主という立場上、意図せず巻き込まれることも多いかと思われますが、主の友人様の穏やかな日々を願っています。

    • 太っ腹な女性で、男に生まれて起業家できる逸材なので安心しております。ススキノで女性だけが入れるバーも経営して成功しましたが、従業員の横領で店を閉めました。なんでも話せるキャラクターなので、お客は気軽に言いたい放題をするのではと思います。おっしャルように会話の潤滑油説はまったくそうですね。また

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>