定年を廃止した会社、そのわけは?

いま定年がない職業は、医師・弁護士・税理士・公認会計士・農業・漁業・林業・商店経営者・会社経営者・自営業・政治家も定年がないかもしれない(政党内で定年の年齢を考えてるだろうけど)。主婦も定年がないね。(妻はよくこぼす、主婦にも定年が欲しいと)。ブロガーにも定年がない(どうでもいいか)。

札幌のある会社が、定年を廃止したと知人から聞いたので報告をしておきます。食品製造業の会社で、プロ感覚・職人的な技や技量が問われる世界。流れ作業で機械で作るのだけれども、肝心なところはやはり熟練工が必要な業種だ。最近、社員から辞表が多く出るようになって、理由を聞くと、親の介護のために故郷へ帰るというのだ。50歳台が多くて、親が70歳台から90歳だ。社長としては、物づくりのベテランに残って後輩たちの育成にまだまだ力を振って欲しいので、考えた。

工場の周りの空き地に「老人ホーム」を作って、彼らの親を故郷から呼んで住んでもらおうと。社員は工場のすぐ近くに親がいるので、仕事が終われば顔は出せるし、安心だ。さらに社長は、この際、定年も廃止して、好きなだけ働いてOKというふうにした。

働く側からいえば労働のインセンティブが持続して、いい商品を作り続けられるメリットも出てくる。それに比例しての賃金体系がどう変わるのかまでは聞いてはいないが、社会感度のいい会社へ変貌していくことは間違いない。社員同士のチームワークにもプラスに作用する。社長さんは、よく決断したものだと感心する。

成長している会社だからできることかもしれないが、株主の配当を多くするための会社経営が主流になった世界で、こういう仕組みは新人を採用するとき、高い評価を受けて、素晴らしい人たちが集ってくると思う。世知辛い世の中でほんわりするニュースだ。

  1. これこそオリジナリティですね。時代にマッチした経営法で感心してしまいます。経営側からではなく、社員たちの都合からの発想がヒントになってお互いに良い関係になりますね。しかも定年後の暮らしも最近では年金から税金ヤ保険などが、どんどん天引きされるのですから、仕事は続けた方がいいですね。

    • 定年は度外視した生涯現役で男なら行きたいものですね。大人ならともかく小人は閑居して不善をなすでは、年金目減り、すがりつく子供もいたり暮らしも楽になれませんよ。楽でなくてもいいが食べていければいいのですがね。この会社はロイズですが、観光客が減っていまは経営どうなのかわかりません。地元の名品を道民自身あんまり買ってないですから、この際、たくさん買っておきたいものです。

  2. ロイズには大昔に訪問した時の事を思い出します。社長自ら働いていて私の話を聞いてくれました。当時は東苗穂の工場しかなく、小さなトンカチが付いた板チョコがメインでした。輸入車のノベルティにオリジナルを作れないかとの相談でしたが、話をよく聞いてくれました。その後、規模も大きくなり、知り合いのデザインスタジオでパッケージデザインなど独自のオリジナル製品を作るようになりました。大きくなってから、仕事がらみで太美の工場(ふとみ工場)へ打ち合わせに伺いました。その時には社長ではなく、マーケティング担当の女性が対応してくれました。あの頃のロイズを知っているので、随分立派になったものだと感心してしまいました。

    • そうですか。身近な付き合いがあったんですね。大きくなった会社もスタートは自分でこつこつ仕事から始まります。創業ってそういうもので、雪印も黒澤酉蔵夫婦がリアカーで乳製品を行商していたので、そういう苦労な話を若い人に知って欲しいと思いますね。ホンダやソニーもそうです。松下幸之助も。企業の方向が分からなくなったら、スタート地点に帰ってみるといいですね。事件の解決も、迷路に入ったら、再度、初めに戻るといいと言います。迷路のゲームも行き先が無くなると戻るのに似てます。ロイズコンフェクトは最初、鉄道沿線の田んぼの中に看板で表示されて、何かドイツやフランスのメーカーなのかと思って見てました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。