先日、30代の派遣社員と話をしていたら「ある日突然クビを言い渡された同僚がいた」とのこと。社歴なのか学歴なのか不明だが、生誕の場所は戸籍謄本でわかるから、ここはごまかすわけにはいかない。「履歴を詐称して派遣会社に登録をして、それが派遣先である会社にバレた」のだと。

人間だれしも見栄はあるのはわかるが、昔は雇い主の総務課長あたりが転職の場合、必ず前職の企業を訪問して、どういう人であったか聞きにいったものである。個人情報保護法でいまは履歴書の中に家族歴(父親の職業など)を書く欄もなくなった。あくまで採用される個人の最低情報だけだ。だから社歴や学歴の詐称は採用側にとっては重い問題になる。いっそう社歴や学歴欄を消してしまうほうが「嘘の発生はなくなる」かもしれないが、そうすると「今の私だけを見て」ということで、すべての過去歴が消えてしまう。ここは判断の分かれるところで、過去のない人というのはどういう人なのだろうか。

なぜ、筆者はこのことを書くかというと、私の育った地区に刑務所があって、青い囚人服を着て畑仕事をしていた。刑務所の周りが中学のマラソンコースにあたり、畑から私たちにガンバレと手を振ってくれた。いい笑顔をしていた。わずかなシャバとの交流時間であった。軽い犯罪の人たちが畑での労働をする。しかし、刑期を終えて、保護司のもと仕事を探して働くのだが、何かの事情で転職して彼らも履歴書を書くとき「○○刑務所で何年服役」と書かざるおえない。罪名も含めて。「世間は冷たい」と刑務所に戻ってくる人が多いのである。筆者の自宅には刑務所で作られた碁盤や将棋盤がある。父親が刑務所へ家具を買いにいっていたことを思い出した。「彼らのつくるものは丈夫で安い」と誇らしげに言っていた。

話題がそれていったが、履歴ってどこか残酷なところがある。すでにそこに自分の努力圏外の偏見や世間の思い込みや厚いラベリングが貼ってある場合が多い。私事で恐縮だが、私の妹が結婚を約束した男の家は兵庫在住の宮家の家系に属していて、そこからの要求が「3代前までの家系図を出せ」ということであった。両親とも仰天して「破談にならないか」希望していた。結果は菓子折りを持って、相手のお母さんが「今回の話はなかったことにしましょう」と頭を下げにきたわけである。家系図も自分のあずかり知らぬ履歴のようなもので、NHKが得意な有名人の先祖を追いかけるお涙番組もその亜流といえる。

札幌にそれどころか、親から捨てられたり、育児放棄された子供たちの施設がある。知人がボランティアでクリスマスが近づくとプレゼントを山のように抱えて施設を訪れて、サンタ代わりをしている。ひとりひとりにメリークリスマスと言ってプレゼントを親に代わって渡すのである。

やむおえず履歴を詐称せずとも、省略してもいいくらいの寛容な社会になってほしいものである。言いたくない時代とか出来事って誰もが持っているのであるから

  1. 若いうちでの就活では、学歴偏重社会ですから先ず学歴で人格判断されます。どんなに良い人柄であっても容赦なく分類されます。また社会人経験者の転職ともなれば、学歴プラス職歴で分類されます。同業種ならまだしも異業種ともなれば更に厳しい審査になるでしょう。まして懲罰欄に前科などあれば最初から問題外となります。新卒でも中途入社でも就活は死活問題ですから本人は必死になるでしょうね。それ故に採用されるための虚偽を記載する事になるのでしょう。面接の経験から言えば、誰でも隠したい事が有るようです。でも本人の口から全ての真実を聞き出す事は非常に困難ですね。策としては採用時に虚偽記載の場合は契約破棄とか、3ヶ月、もしくは6ヶ月試用期間などを設けるのが良いと思いますね。僕も転職で中途入社ばかりでしたから6ヶ月試用期間は体験済みで、6ヶ月後には問題なく本採用になりました。交際から恋愛でも、また結婚でも、相手は知らない他人ですから、最低3ヶ月、良くて1年間は観察しなければ性格も分かりませんね。そんな風に慎重な結婚でさえも数年後の離婚も多いですからね。

    • 履歴書を山のように書いて山のように帰ってきた半年がありました。子供もできて、これからというときに組合運動で解雇された女性を助けるべく書記長をやり→裁判闘争1年で勝利はしたが、疲れてしまいました。新しい仕事を探すべく奔走。ネットのない時代でしたから、顔写真もたくさん撮影。戻ってきた履歴書から写真を剥がして、次の履歴書へ。当時は、新聞は求人欄が多くて出す会社には不自由しませんでした。相手はどこを読んでいるのかわかりませんが、親や兄弟についても書きましたね。本人もさることながら、履歴のここのところも大層大事に読まれたと思います。大まかなその人像を描けるからです。前科が一つでもつくと生きずらいでしょうね。札幌で前科者歓迎の建設会社がありましたね。刑務所で紹介される会社です。もちろん、ムショで模範囚ですが、いい会社です。

  2. 経歴詐称も度を過ぎれば疑われ、いずれは発覚するでしょうね。履歴書にマイナス要素を書けば採用されませんから、問題は小さな嘘の記載をする事が多いのではないでしょうか。一旦記載し提出した履歴書は保管される訳ですから自ら書いた嘘はずっと精神的な重荷になるでしょうね。見栄を張らずに正直に生きる方が楽なのすが。

    • 意外にコネ入社はつらいかもしれません。全員、コネで入るのなら気が楽でしょうが。履歴書に嘘はなくても裏玄関から入ると、どこかでバレてしまいます。仕事がバリバリできればいいというものでも、実はなくて、採用したほうも、されたほうも余計な傷を負う(体験的に見てきて)ケースが多いですよ。ヘッドハンティングされた有能なある女性営業マンが東京から札幌に来ました。向こうで役員をしていて人でした。『欲しい役職は?』と問われて『平でいいです』と。半年経過して、周りの営業マンに聞くと『彼女はできる、プレゼも上手』と評判でした。実力のある女性の力を生かして、伸びて欲しいなあと思ったことです。

  3. 歴史と履歴、人生も、良くも悪しきも変えられないところが似ています。今更どうにもならないのです。そのどうにも変えられない部分を非難したり、妬んだり、蔑んだり、査定対象などにする学歴偏重社会では浮かばれない人たちが沢山います。しかし考え方を変えてみると、そんな人たちのほうが社会では苦労を重ねているはずです。苦労にもそれぞれ程度差はあれ、人間形成の上では大切な要素でもあります。労せずして上り詰める幸せな人も稀にいますが、意外にも著名人の中にも苦労人も多い事に気づきます。ですから、必ずとも約束は出来ませんが、本人の心の持ち方によっては、開けない道は無いのではないかとも思いますね。

    • 『日本の黒幕100人』(宝島)をペラペラ読んでいて、学歴なく政界や経済界でのしてきた人たちがたくさん言葉を残しています。ただ、人間関係や人脈づくりには長けているのは共通項です。そして自分なりの勉強をします。さらに自分を重宝する実力者の横に座っていました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>