筆者の住む団地の日本庭園のカモ

67年を生きてきて、同世代の近所の旦那さんが49歳、53歳、55歳、52歳、60歳で病気や事故で亡くなると、『平凡で普通に暮らす。静かに暮らす』ことは奇跡ではないかという思いが日々強くなる。同世代以上の長生きがいたとしても、早くに亡くなった人をやはり思う。黒澤明の《「生きる」言葉》の中に『普通に生きることが一番むつかしい』がよみがえる。

普通って何?と聞かれても、基準があるようで実はない。人生に平均はない。昨日のような今日があって明日もきっと太陽が昇って沈んでいく・・・という何の変哲もない日常、普通の暮らしが実は一番いい。それが突然のミサイル落下、配偶者の病気、子供の事故、貸し倒れや自己破産、交通事故、突然のリストラ、大地震で自宅消失、原発事故での居住変更と移住、白血病発症の不安増加、見知らぬ通り魔に襲われるなど不幸な種は数え上げればキリがない。芸能人や政治家にだけに事件やスキャンダルが襲うわけではない。

平凡さに飽きて、「何かおもしろいことはないか」「どこかに美味しい店はないか」「イベントをやってないか」「いまの流行は何だ」など変化を絶えず探し求めて刺激を求める。電波からチラシからポスターから「イベントだらけ」「イベント漬け」に市民を洗脳してしまっている。そういう社会の中で、平凡に普通に暮らすのは至難の業である。私も実はこの平凡さや普通って具体的にわかるようでわからない。しかし、私自身が救急車で運ばれたり、子供がケガをした、具合悪そうで迎えにきてくれと学校から知らせがあったり、母から「お父さんがトイレで動かなくなった」と電話があって、葬式の準備を考えながら氷の冬道を走った真夜中を思い出すと、「何もないことがありがたい」という意味がわかる。 

反対に「無事に生き返って退院できた」「無事に希望の大学に合格した」「無事に孫を出産した」「無事に事故もなく帰郷した」「無事に通夜と葬儀を終えた」。共通は「無事に」という副詞である。無事に案件は終わり、普通の日常に戻るということだ。空から危険なものが降らず、突然、刃物を持った人が玄関口に立つこともなく、たんたんと日々が過ぎてゆく。

特段、人に伝えることは何もないが、きょうも酸素を吸って二酸化炭素を吐いて私は生きている。いま吸った酸素が地球上でいつ、どうして発生したのか約45億年前の地球の歴史を読んでいて、複雑な人間という生命体の奇跡を考える。たとえば、『酸素を放出した最初のシアノバクテリアは先カンブリア時代の氷期に誕生(30億年前)』(生物はなぜ誕生したのか・・ピーター・ウォードほか 河出 90p)。光合成が24億年前から始まり、短期間で環境に酸素が横溢する(大酸化事変)がある。生命の発生を促す営みはかかくも長い年月を経て、現在の人と今の自分につながる。ここを省いて植物の光合成と呼吸とかホモサピエンスの話をするが、とんでもない時間の中で一瞬に生まれてまたたくまに去っていくのが一人ひとりの存命期間ではあるが、そう考えると、死は宇宙へ帰る営みだと思えば怖くもない。そう思いたいこのごろである。

 

  1. イベント大得意の私も、今回のコロナ禍では、イベントは開催しない事にしています。また広告表現でも来店を促進するような表現を避けています。来店の際は電話予約で密にならない時間調整や、電話でも、ネットでもコミュニケーションを取れるとの内容です。これまでは来店促進や購買意欲を高めるような表現が普通でしたが、特に昨年春からは慎重に広告制作をしています。広告の場合は何とかしのいでいますが、飲食店などの時短や休業は死活問題でもありますね。政府がようやく2月までの一か月の非常事態宣言を発令しましたが、足並みが揃わない理由は売上減による倒産への危機感からですね。国や自治体からの支援も限られ、対象外の事業者も大勢いて混乱するばかりです。人が動かないだけで感染拡大を食い止める事が果たして出来るのか?も疑問が残りますが、一年前には想像もつかなかった事態が現実に起きている事は事実ですから、私たちでできる事は極力実践して行かなければならないでしょうね。考えるに、言い換えれば、皆が原点に立ち返って「普通に生きる」事なのでしょうね。

    • 人間の本質は動くことでもありますからね。動かないとが餓死してしまいます。広告の原点は口コミなので一人づつ来てくれれば高額商品なら採算取れるでしょうが、大勢の客が来て商売が成立する業種は補償金なければ倒産します。中小企業で成立しているこの国は,底が抜けて日本沈没です。コロナ対策を1年して情けない専門家・政治家集団、間違ったら謝って軌道修正すればいいものを。PCR検査を無料で全国で実施すればいいだけの話。オリンピック中止して、その予算をコロナ対策費に振りむけるか、ホテルや土産屋、居酒屋、旅行AG、鉄道会社へ昨年比下がった分をお札を刷って与えて、そのかわり全く仕事をしていない国会議員の歳費を半分にするとかできることあると思うのですが、いつも居酒屋や夜の街を狙い撃ちされて、政治判断のミズを自己批判しない厚顔無恥集団です、官僚も同罪。頭脳が失われた20年です。

  2. 流行おくれだとか、知らない事が古い人間だとか、とにかく目まぐるしい時代ですね。こんな時代の普通の基準は一体どこなのでしょうね。つまり個人差がある訳で夫々の普通があると言う事でしょうね。誰の真似でも無く、周囲を気にするでもなく、時代の流れに乗るでもなく、自分自身の普通が有ればいいのでしょうね。

    • たぶん普通は数値的には、日常暮らせる生活費、子供がいれば餓死させない、家庭内暴力がない、親たちの愛情がもらえている、近所や仲間に助けてくれる人たちがいる。そんなところでしょうか。爆弾が落ちてこないもありますえん。夜はぐっすり眠れて、朝に目覚める。

  3. 世界中が普通では無くなっている今、何もなく普通だった昨年1月までの自分を振り返って、初めて感じる普通の日々への感謝ですね。何がどうと言う事もありませんでしたが、それが「何もなく」良き日々だった訳ですね。この先も何が起きるか予測は不可能ですが、それにしても今回のコロナ禍は人類史上最大の危機になるかも知れませんね。過去の歴史のペストやスペイン風邪の話がまるで蘇ったかのような出来事で、他人事では無くなって来ました。この先の事は全く予測もつきませんが、最悪の場合でも、せめて最低限の暮らしが続く事を祈りますね。

    • 最近、買い物をしても夫婦二人なら食品の量も減り、1日3食は多いので2食する日が多くなりました。そのかわり美味しいものを買うようにしています。しかし、貧乏時代の癖で半額とか20%引きとかワゴンセールに首を突っ込みたくなります。腐っていなければ食べれますからね。贅沢が身につかない私です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。