知人に縄文太鼓を演奏する人がいて、『縄文ZINE』というフリーパーパーを教えられた。いまの時代や社会と距離が取れて面白い。縄文時代は約1万2000年続き、弥生はたったの2000年弱だが、貝塚や土器、装飾品以外に縄文を際立たせるものがないが、弥生の5倍の長さを誇る縄文時代の知恵について学ばない手はない。貨幣や残された言葉がなかったので、ずいぶん今の時代とは生き方や自然観やほかの人との交流も違ったと思うが、現代人の悩みを告白すれば的確な答えが縄文人から返ってくるかもしれない。縄文人の考え方の基本は、人間は森(自然・神)で生まれて森へ帰るという循環の中にいること。貝塚というものがあるが、ここは何でも捨てる場所ではなくて、次の世界へ『送る』拠点であるということ。人間はその仲介者だということです。そこで、『縄文人に相談だ』(望月昭秀著・図書刊行会)。

様々な悩みに縄文人に憑依した望月さんが答えてくれる。すべての悩みは貝塚へポイ!私を含めて悩み多い83項目について縄文的に答えている・・・・・羅列すると

・お金がたまらない・毎日の仕事がつまらない・彼女ができない・規則正しい生活がしたい・同年代に比べて給与半分・整理整頓ができない・将来が不安・住んでいる場所で人を判断する・ブログのせいで睡眠時間がありません・同僚に既婚者同士の不倫カップルがいます・どうしても元カノのSNSをのぞいてしまいます・彼氏がダサイです・縄文時代って雑誌がなかったのですか・冷え性で困っています・この国は監視社会になってしまうのでしょうか・古着っていつまで着てもいいの・仕事中のエロサイトの循環がやめられません・妻が心療内科に通いはじめました・彼氏の前でオナラができません・私は夏が嫌いです。縄文人さんは?・私、自分の顔が嫌いです・パンツトレーニング中の息子がいます・私が好きになる人は、毎回、だいたい、既婚者です・クライアントがエラそうで腹が立ちます。・植物をすぐに枯らしてしまいます・きれいな字が書けませんetc。

相談者をほっとさせるシンプルな答えを目指す望月さん、がんばれです。悩みのある方はメールを書いてみてはいかが。

最後に、悩み回答を一つだけ書きます。『ブログのせいで睡眠時間がありません』という悩み。実は私もそうなのですが、名解答なので掲載します。(同著 131p)

現代の、その中でももっとも現代的な貝塚はネットの中にあります。さらにその中でも個々人やグループの記録が時系列となって積み重なっている〈ブログ〉こそ、まさに貝塚の様相を呈しているのではないでしょうか。』言われてみると、一度書いたメールやブログは相当な理由のない限り残り続けるから、世界中は貝塚の山また山。どこまで高くなるのだろうか?ブログ名を〈太古につながる貝塚の山〉に変更か!

 

  1. 縄文人と言う事は土器を量産していたのでしょうね。器は何かを溜めるものですから、食料や水の他にも何かを貯め込んでいたのではないでしょうか。現代で言うプラスチック容器でしょうが、その違いは、ダイオキシンなど有害な貝塚を作らなかった事ですね。彼らに学ぶ事とは、「土で作って土に返す」と言う事でしょうね。

    • 土から容器やレンガ製造を発見する知恵はすごい。一番は水と採取した木の実を入れる器、それから飾り宗教儀式でも調合された大事な飲み物を入れる器で。すべて循環して土へ還る暮らしです。持続可能な地球を考えると縄文にヒントがありそうですが、残念ながらお金がない時代なので物のリサイクル思想には知恵がありそうですが、ファンドマネーの乱立と暴力、素人の株投機が日常になってしまうと縄文は遠くなり、弥生時代の貧富発生に近づきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>