*****************************************************
最近の検索エンジンは、ユーサーが求める情報を早く発見できるように、個人情報や検索の履歴などを収集分析し、「おすすめ」を検索結果として表示します。広告も同様で、ユーザーが興味を持ちそうな分野の広告を選び、一人ひとりに違う内容を表示しています。
これは便利なようですが、たまたま車のサイトを見た後には、車の広告ばかりになるといったことも起きます。
検索結果に、地域やこれまでの検索履歴によるバイアスがかかることについて、世界中から新しいことを知りたいという人たちが危機感を感じている人達がいます。彼らはこの現象に、フィルタを通された情報の泡に包まれてしまうという意味で、「フィルター・バブル」と名付けているそうです。

このため、ブラウザに広告を表示させないプラグインをインストールしたり、ユーザーを追跡しないブラウザや、こちらのIPを隠してアクセスできるブラウザなど、何らかの手をうってる人が全体の3割に達し、さらに増え続けています。広告を表示させないのは、広告バナーがユーザーの個人情報を吸い取り、利用履歴を追跡するツールであるためです。
これに対してIT企業側は、広告排除プラグインをインストールしたユーザーにサイトを表示させない、あるいは強い調子の警告が出る、などのハードな対応から、ブラウザ自体に、追跡拒否できるスイッチを設けるというソフトな対応まで、かなり対応に神経を使っています。IPを隠すブラウザが、非合法であるかのような印象操作も行われています。また、広告ブロック・アプリを開発した会社を買収し、顧客の広告だけはカットされないように改変して公開する、という例もありました。そして、そもそもIT企業自体が設置した追跡拒否スイッチなど、全く信用できないという声もあります。
さらに、ごく最近になって、クロスブラウザ・トラッキングという技術が開発されたというニュースがありました。これは例えば、外出先でスマホでチェックした商品を、自宅に帰ってPCから注文といった、まったく異なる環境での行動も、同一人物として追跡できる技術です。こうなると、尾行と変わりがありません。

今、ユーザーの囲い込みと、そこからの開放と、2つの考え方を持つ人々が、互いに相手を出し抜こうと開発競争を繰り広げています。これが、不毛ではありますが、今インターネット上で最先端の話題の一つになっています。


筆者の隣が売り家に出たので、扱い不動産会社のHPから売値を調べてみたら、ヤフーを開くと扱い不動産解会社の広告やあなたと家を査定しませんかなどバナーが入る。うるさい!不愉快!アマゾンでも1冊本を買ったり、本を調べると、先回りして関連図書のおすすめが出てくる。これも不愉快。助かる人もいるだろうけれど、旅に出る前の準備の楽しさに似て、調べる快楽を盗まれているようで愉快ではない。大切な時間を効率と無駄のなさで返されている感じだ。『ほっといてくれ』という人間の根源的な欲望を、このままいくと泥棒されるから注意だ。

  1. アコギを調べれば、何かにつけてギターの広告が、カメラを調べればバナーにカメラが。見事に追跡され情報収集されています。国会でもようやくアメリカ大手のプラウザの個人情報収集関連についての議論が始まったばかりですが、どこまで解決できるかは疑問ですね。上には上が居て、次々と手を打ってきますから、PCも打てない議員さんたちでは到底ムリだと思います。むしろ民間の人たちのほうが詳しいのでは無いでしょうか。サイバー攻撃なども常態化して来ましたから本腰を入れないと行けないのでしょうね。

    • 昔の黒電話でのんびり情報交換したり、手紙を書いて読んでまた返事を書いた時代が懐かしい限りです。話す言葉も乱暴、カタカナ横溢、簡単な日本語だけが、それも感情を乗せた言葉が氾濫していて、70代や80代のおじいちゃんやおばあちゃんは『いったい、世の中、どうなっているの?』とスマホいじりをする人たちを見てJRエアポートで話していました。彼らのほうが人間の歴史の長さから考えると正常な時代に生きています。いずれPC疲れ、スマホ疲れが大脳細胞やシナプスを直撃する社会になるでしょう。サイバー攻撃する人は国家公務員デショウカ。ウクライナや北朝鮮や中国の?何で食べているのでしょうか?彼らに家族はいるのでしょうか?ドキュメンタリー作ってほしいですね。

  2. バナーなどにはもちろん、自分も忘れていた「最近検索したもの」などと出てきますね。機械的に処理しているにせよ、そのあまりにもスピーディな反応は気持のいいももではありませんね。瞬時に個人の趣味趣向をハッキリ分類されて行くのでしょう。これがいわゆるネット広告であり、広告主は満足するのでしょうがね。最近は個人情報保護法以来、不人気の手書きアンケートの場合
    は最後に利用目的があって厳重管理のもと他に利用しない事を明記していますから、それに了承した方々のみが答えますから双方とも了解済みですが、もし、直接質問したとしたら大変失礼になりますね。例えば女性にいきなり「お歳は?」とか「独身?」とか「年収は?」とか「趣味は?」とか「家族構成は?」など聞かれたら「失礼なっ!」って事になりますね。ネットは質問こそしませんが、それに近い?秘密裏に暴くので、メンタリスト顔負けで、それよりも非常に失礼な行為ですよね。言ってしまえば罠にかかる者が悪いとも言えますが、ネットの裏を知らずに平気で毎日多用している我々側にも問題はあるのかも知れませんがね。

    • プライバシー云々で答えない人がいますが、すでにネットで買い物をしたりメルカリでもしてたらアウトですね。個人情報は全くなくて下手したら預金残額まで知られていると思った方が正解です。自宅床に壺にお札をいれていないと丸裸と思いましょう。私も純金を隠しています、秘密ですが。5gですが。日本のすべての銀行は名前と残高はどこかに集中管理しているはず。たぶん武蔵野あたりにあります。3.11のときにここだけ電力ストップから外したエリアでしたから。ゲオに行っても免許証提示でコピーさせられるのですから。個人は1個の点にしかすぎません。死も数字での表記です、10人の死でさえ、田中さん、小林さん、飯田さん、瀬戸さんという具体的な氏名や人間関係が出てくるわけではない単なる統計上の問題。地域社会が薄くなり、しかし、ここが一番大事なことにいずれ気づくときがきっときます。

  3. 或る地元輸入車ディーラーさんの仕事をしている私の場合、右のデスクトップに扱いメーカーさんのホームページを開いてカタログなどからスペックなどを選べながら、左のデスクトップで制作作業をする事が多いのですが、どうしても頻繁にメーカーさんのサイトで検索する事が多いためか、ネット側で「こいつは、この輸入車に大変興味を持っている奴だな」と判断されたのか?仕上がった制作物を圧縮転送するためのソフトのアプリを立ち上げた途端(つまりネット立ち上げ)直ぐ下に、地元の同じ輸入車を扱うライバル社さんのバナーが現れました。これは機械的に判断選別されているわけで、実際には機械の選別能力の限界をも物語っていますね。人間であれば「あの人は他社ユーザーだから」とか、「他社の仕事がらみの人」と判断できますが、大雑把なデータを鵜呑みにして「ネットの効果は凄い!」などとは言い切れませんね。ネット広告が主流になりつつありますが、夫々のメディアの特性がありますから、これからの広告展開はネットだけで十分とは必ずしも言えないと思いますね。

    • 男の場合、多いんですが、H動画やDVDばかりネットで買うと、そういう広告ばかり出てくるのでしょうね。一度、ビックカメラでソフビの人体模型をしたべたことがあります。するとダッチワイフの広告が出てきて、娘も九州から帰宅するので、使われるとまずいので、アマゾンや図書館、本屋のネットをどんどん検索して、ダッチワイフ広告を消すのに苦労したことがあります。人権侵害はロボットにとってはどうでもいいことなのです。『開くお前が悪いと』いうことです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>