札幌にはたくさんの社宅があった。中でも金融機関の社宅が円山や真駒内に集まっていた。いわゆる静かで高級感のある、近隣の学校もそこそこお出来になるエリアだ。中学の同級生が、金融機関に就職して本店で働いた後、札幌に戻ってきた。社宅の4階に住んでしばらくたって、支店長が変わった。しかし空きは3階しかなかった。以前の支店長は社宅は利用しなかったが、新支店長がおれは社宅に入るということで、彼は銀行の総務から呼ばれて『悪いが4階から3階に移動してくれないか』と打診され、しぶしぶ荷物を移動したと居酒屋で話をしていた。最初から4階に支店長部屋を用意しておけば何の問題も生じないはずが、世の中である。現在は、金融機関の統廃合で銀行名も変わり、社宅は廃止されたと聞いているが、『上司の上に部下が住むことは、社宅では厳禁』という決まりって、わかりやすいといえばわかりやすいが、残酷と言えば残酷。支店長が一言『いいよ、どこに住んでも。4階から3階への引っ越しも大変だし、無理しないで』と言えば済む話が、総務部が先回りでご機嫌取り。犠牲は彼と奥さん。銀行内では名物の話になってしまった。もちろん同情は彼と彼の家族。国家公務員の社宅は依然としてたくさん札幌市内にはあるので、そちらはこういう話はないとは思うが調べてはいない。もしあっても官僚特有の都合の悪いことは隠す趣味があるのではっきりしない。私も小中のころは国鉄アパート4階建てに住んでいたが、階下は国鉄病院の医者であり、なんの矛盾もなく棲み分けていたので公務員の方がフラットだったかもしれない。それにしても簡単に済む話を、世の中は複雑にして手をかけてイライラをまき散らしてしまうのだろうか。この場合は単純に『空いたところに住む。嫌なら社宅に入らない』でチョンだ。気を使って不快をまき散らす。最近は社宅が流行らず、一時、先輩と後輩が一緒に住む『寮』的な住み方リバイバル記事が雑誌をにぎわしたことがあるが今がどうなっているのか。私の知っている話で、社員同士はできるだけ近くには住み合わないという若い人が多かった。結婚していれば、奥さんが嫌がるのだと言うがわかるような気もする。現役時代、北海道が気に入った(飲み仲間の部下がたくさんできて)社長が私に『君の住んでいる○○の団地が、犬の散歩もできて、妻も気にっている。中古住宅があれば教えてくれ』と言われたが、『待てよ、あの社長ならアゴで人を使う悪癖があるし車の運転もできないから、下手したらゴルフ場への運転を命じられる危険がある』と判断。一切、紹介に応じなかった。正解であった。野菜作りのために、ニセコに別荘を買ったものの、飲み仲間がつくれず、月に2回、札幌に来ては部下を招集、威張っていると風の便りに聞いている。看護師に聞いた嫌われる入院患者が元社長と大学教授であった。助平なおさわり屋さんはまだ許せると古い本には書いてあったが・・・。威張り癖が取れないと現役時代も定年後も入院生活でも苦しむことになる。

  1. 仕事以外で、同じ会社の人とは付き合いたくないですね。それも特に上司とは。社宅や団地や、マンションなど集合住宅ではあり得るでしょうね。私の場合は、部下を馬鹿にする大っ嫌いな支店長が居ましたから、会社に行きたくない時もありました。経費で飲食、ゴルフ三昧でしたし、ゴルフ会員権まで経費で購入しながら、知らないうちに自分に名義変更してしまうなどやりたい放題でした。或る日、妻と始めたゴルフの練習のために、比較的近場の名門ゴルフ場の練習場に行きました。フロントで千円でコインを購入して練習場の自販機でボールを購入。二人で練習を始めて間もなく、そこに支店長の彼がクラブを2~3本持って現れました。スタート前の練習だったようです。すっかり忘れて居ましたが、そう言えばこのゴルフ場の会員でもあったのです。目が合うと開口一番大声で「お前!何やってんだ?」と、妻も驚きながらも「いつもお世話になっております」とは言ったものの、余りに無礼な態度に無理な笑顔とは裏腹に、練習を始めたばかりでしたが「そろそろ帰りましょうか」と。家族の前で「お前!」とは、妻はもちろん、私自身も、さすがに傷つきましたね。そのゴルフ場には二度と練習に行かなくなりました。

    • その支店長は、ばかにされながらそこまで行った人なんでしょう。彼にとって尊敬する人には出会わなかった哀れぶべき人で、いつかどこかで社会から報復を受けているはずですね。または気が付かないで生涯を終えるかもしれません。教養とか人間性とかには価値を置けないのでしょうね。私はサラリーマン時代、いやでたまらない人っていなかったので、というより外回りばかりしてましたから。ゴルフはそんな土地があるならイモとか野菜をつくる畑にしろという持論でした。奥さんのいる前で屈辱的なふるまいをされて吐き気する上司ですね。私も妻とコンサートへ行ったとき、以前面接で落とされた会社の社長がいて妻に私を落とした理由をとくとくとしゃべりだしました。もう40年も前の話ですよ!全く、楽しい新春コンサートが台無し、不機嫌な正月になりました。80歳でボケ始まっていたのかも。奥さんには自分の趣味を音楽・クラシックは全然聞かず、韓流を追いかけていると言ってました。Kポップも大好きで全国追いかけていたと。彼も社長が長かったですから、威張り支店長、クラシック通・オペラも大好きで、無料のオペラチケットあるから来ないかと電話あるも聞かないので断りました。また自慢話と蘊蓄にはうんざりしますからね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。