初めて聞くイタリア作家の27編のエセイ集だ。湖北省武漢で2019年末に発生した新型コロナウィルス感染者、アジア地域限定の流行だとタカをくくっていたCOVID・19がイタリアにも上陸。人類の有能さである飛行機・鉄道・車など・客船など早く遠くまで感染を拡大させる。『感染症の流行時は、人類の有能さが人類の不幸の種ともなる』(同著54p)同時にさまよう75億人の民、まさにそれこそがコロナウィルスの交通網なのだ。ウィルス発生の原因は研究所から漏れた説、市場で売られていたコロナに感染してたコウモリを人間が食べた説。この本では、ワンクッョン置いてヘビが介在していると推理している。

ジョルダーノの知人にミラノに住む日本人女性と結婚した男がいたが、母と娘がスーパーに買い物に行くと、二、三人の男たちから『何もかもおまえらのせいだ、さっさと国に帰れ』と怒鳴られる光景が書かれていた。中国人と韓国人と日本人は外見から区別がつかない。人種のことも含めて印象深いのは『感染症とは、僕らのさまざまな関係を侵す病だ』(同著13p)というところ。まったくある日突然、コロナに罹患した女性が、しかも小さな町での第1号であったがゆえに、いつのまにか自宅に大きな声で『この町を出ていけ』と叫ばれたりする。この女性は違う町に実際転居した。またある男性は、熱が少しあったが、親戚の通夜に出てから実家に帰り、コロナであることが判明して、親戚に電話したら『テメイコノヤロー、人殺しか!と暴言を吐かれたときの心痛が消えない』という手記も読んだ。100人の罹患者がいたら家族や職場や近隣の多数の人たちも検査を受けないといけないから『感染症とは、僕らのさまざまな人間関係を侵す病だ』はたった今、日本や世界で毎日起きている。

『コロナではないか』という疑いを持ちつつ、病院に行かず、じっとしている人も多いのも、それを発表した時点で、あらゆる人間関係がズタズタになる要素を持っているからだ。風俗で遊んでコロナに感染したら夫婦関係も危うい事態になるかもしれない。結果として約2週間の入院やホテル暮らしで無事治癒して帰宅しても、以降の自分の暮らしに、それまでと同じ人間関係がスムースに継続できるかどうか。多くの人に突きつけられる課題である。そういうときに、自分がどう対応するのか、自分がコロナに罹患した場合に、これまで友人と思っていた人が、手のひら返しになってずっと遠くへ去ってしまう要素もある。それ以上にこれからの暮らしや雇用が保てるのか。北海道はこれから厳しい冬に入る。冬の観光客で維持された多くのホテルや土産、飲食がどうなっていくのか他人ごとではない。コロナ時代の若い世代は、どこに自分の席を置いて座り、自分を表現していくのか?座る席がなくて、実家にユーターンしてくるかもしれない。そのときはそのときだと覚悟しよう。

  1. 日に日に身近に迫る感染拡大への恐怖を実感する今日この頃ですね。飛沫感染が主だと言われていますが、防ぐにはマスク以外に対面時のアクリル板やフェースシールドや透明ビニール幕などが各所で見られます。中にはマスクをしないでスーパーにお弁当を買いに来る近くの工事現場の人たちも稀に居ます。会話が無ければいいのですが、現場でも作業中はマスクをしていないのかも知れません。外部のトイレに行った時には特に石けんで入念に手荒いした後も帰り際にはアルコール液での消毒。更にクルマに戻って携帯用のエタノールで手指消毒しています。また家に帰れば石けんで手の指や手首、腕、顔を洗ってウガイをしてから家事をしたり就寝するようにしています。ただ心配なのは自由に動き回る子供たちです。近くの学校でもクラスター発生の話も有ったり札幌の病院では殆どと言って良いくらいの病院からクラスター発生や羅漢者の死亡も耳にするようにまでになりました。二ヵ月に一度定期的に行く掛かり付けのクリニックも待ち合い室での長居は要注意ですね。今は仕事での対面も最小限にして出来るだけメールや電話で済ませるようにしています。
    この季節、風邪も引きやすいですから、微熱でも出たら、ムリに動き回らず冷静になって受診した方がいいですね。

    • 私は札幌から40キロ離れている町ですが38人の陽性者が出ています。千歳と北広島で施設内で多くの陽性者が出ていて、恵庭にもたくさんの施設がありますからね。平べったい戸建て住宅街なので風通しだけはいいかもしれません。子供のころから手を洗う習慣のない私なのでコロナによって手を洗う癖がおかげでつきました。不潔の子でした。ときどき微熱を感じるときもありますが、計ると6度5分くらい。レトロウィルスが生命の起源に関わってるみたいで遺伝子情報のお話の本も読んでます。動き回るならマイカーが一番安全です、郊外のドライブですね。

  2. 戦争への恐怖にも勝る新型コロナ感染拡大の恐怖ですね。グーグルの先日の予測が最初は根拠の無い数字と思っていましたが、何と徐々に北海道もグーグルの予測の400人台/1日に近づいてきました。終息を願うどころか、今は少しでも感染拡大を食い止めるしか有りませんね。飲食業の方々には厳しいですが、飲食時にマスクは出来ませんから、せめて更なる工夫が必要でしょう。ビールと言えば大ジョッキで何杯も呑む事がビール好きの定番ですが、あのジョッキは熱湯消毒でもしていれば別でしょうが、使い回しで誰が呑んだものか分かりませんね。ですからジョッキはいちいち下げずに一人一個に決めて瓶ビールで対応すとか方法を変えるべきだと思います。一時流行ったマイ箸も復活させたらいいですし、自分で熱湯消毒したマイジョッキもいいですが、ジョッキを鞄に入れての通勤も考えれば滑稽ですね。感染防止対策は相手に頼らず自ら率先して考えるべきですね。

    • ジョキー持参はいいアイディアですね。店側も洗う手間が省けます。グローバル資本主義の終焉を見ている気がします。大金持ちの投資先もいずれその先を失い、大損失になります。投資先は中国企業に、市場は上海に移ります。これから就職を考えるなら中国語と英語は必須かもしれません。そして農業の知識です。さらに肉体の頑強さです。物流を担うドラーバーも最強の職業になるでしょう。

  3. 新型コロナウイルスの感染拡大によって落ち込んだ旅行関連業を支援するために発案されたGo-Toトラベルキャンペーンですが、今になって冷静に考えれば、コロナ時代の逆行でしたね。これに関して政府も急にトーンダウンしてきましたが、人の動きが活発になればそれだけ危険性は増える訳で、割安感で多くの国内観光客を呼び込むつもりだったのでしょうが、期待していた旅行関連業の方々には大変お気の毒ですが、割安旅行を選ぶか?。感染リスクを避けるか?。賢明な人なら初めから乗らない話でしょうね。それに一部の業界不振の救済のために税金の大盤振る舞いが結局は、素早い法改正で?高齢者の医療費負担増や、増税での回収で国民を苦しめる結果にもなりますからね。このご時世に一部の関係者による、つまらない意地で来年の東京五輪を開催するなども含め、もっと無駄な税金の使い道を探して改善する事の方が先決ですね。大赤字で借金大国の我が国ですから。

    • Go-TOトラベルはコロナ終息後のアイディアでした。収束しないまま見切り発車。オリンピックなんて100%開催できないのにメディアは報道しない。今月IOCの医療会議が来年2月予定が早めの開催になってますが、テーマは選手の健康の確保。しかし、この開催も中止でIOC内部も混乱が生じてます。すべてはIOC貴族の収入源に敏感に反応。選手は単なるコマに過ぎないオリンピックの構造です。どこの国も選手の選考会さえできないのにオリンピック開催できるわけがないのは幼稚園生でもわかること。自分の目を見開いて現実を見て欲しいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。