http://tanakanews.com/200617corona.htm

最近、スイスとアメリカの学者がコロナに関する新しい見立てを提出していて、田中宇さんが6月17日号の無料ブログで書いていたので述べてみたい。詳しくはそちらのブログを読んでほしい。

まず、コロナに関する症状の分類とその人類における割合だ。5種類に分けられる。

A)まだ、体内にウィルスが入ったことがない人。総人口の10%~20%。

C) ウィルスには感染したが、無症状のまま治癒した人。総人口の10%~20%。

D)ウィルスに感染したが、軽度な人とその後治癒した人。5%以上。

E)コロナ危機がなくても近々亡くなった可能性がある人。また感染が発症して重症化した人。その後、治癒または死亡した人。1%未満。

そして今回新しいカテゴリーを(B)として加えた。ウィルスが体内に入ったが、既存の免疫力で退治され、抗体すら作られず終わる人。多くの人は既存の免疫力でコロナを撃退し、感染すらしないで終わる。感染しないので抗体すら作られない。抗体検査をしても抗体保有者が少ない結果になる。人類の半分またはそれ以上が(B)に入る。BCG効果を考えると日本などいくつかの国は90%から99%この区分に入る。

なんだか嬉しいニュースである。7月3日、40日ぶりに北海道は新型コロナ感染者がゼロであった。ここで既存の知識はコロナウィルスが入ると自動的に体の中で抗体が新しくできるという思い込みだ。そうではなくて、すでにある免疫の力で感染することなく、撃退してしまう人が大多数だという見解だ。そういわれてみると納得するところもある。こういう会話を私は何度もした。「すでに自分たちはコロナに感染して、抗体ができているのかもしれない。発症しないだけで。しかし、発症しなくても新型コロナウィルスを保持しているわけだから、他人にうつす可能性もある。そのため他人との距離を1メートルから1メートル30センチは開けないさい」という理屈になる。それが全世界を覆っている。が、果たしてそれは本当かな?という疑義だ。

長い間持ってきた自分の免疫力で、新型コロナウィルスを撃退してきたのだから、その人は他人へ感染させるリスクはないということになる。しかし、子供たちや若者が新型コロナへどういう免疫力を発揮しているのか?PCR検査の陽性や陰性との関係とかわからないところもある。そしてカテゴリーBの人に対して副作用の危険性のある新型コロナウィルス向けのワクチンは必要ないということになる。ワクチンは罹患する前に新型コロナウィルスを弱毒化して人に人工的に患者に投与するので、かえってそれによって本当のコロナ患者になって副作用をもらうことになるからだ。現在、薬メーカーが大儲けに化けるワクチン開発競争をしているが、ひょとしたらワクチンは無意味な存在になるかもしれない。それより投与してからしばらくして発生する副作用で患者側から損害賠償請求でメーカーの存続を危うくする危険性もある。どうもすべての報道がワクチンを万能的に善であるような記事が多過ぎるので、そうではない見方もあるよとブログに書いた次第だ。私の認識が間違っている可能性ももちろんある。

『動的平衡』を書いた福岡伸一さんが、朝日新聞に投稿した2回のコロナウィルス記事について、1回もワクチンについて書いていないことに気づいた。4月3日『動的平衡』~ウィルスという存在~6月17日『動的平衡』~コロナ禍で見えた本質~。6月17日の記事の最後に『私は、ウィルスを、AIやデータサイエンスで、つまりもっとも端的なロゴスによって、アンダーコントロールに置こうとするすべての試みに反対する。それは自身の動的な生命を、つまりもっとも端的なピュシス(自然)を決定的に損なってしまうことにつながる』。自然の中に人間は存在するのであって、人間は自然をコントロールできない。

 

  1. 今回の九州の自然災害は局地的では有るが、現在世界中を震撼させている新型コロナウイルス以上に過酷な事件ですね。瞬時にして多くの人たちの命と財産を奪う恐怖の自然災害。自然災害は予想すら出来ない甚大な被害を僅か数分、数時間で、誰にも止められない規模で襲いかかって来ます。ウイルスに対するワクチンのようなものは無く、これに打ち勝つには人間本来持っている抗体、つまり忍耐力しかありません。人も動物や植物たちも生物、ウイルスも微生物、地球上で生存競争を繰り返して現在も進行形ですから、この先の事はわかりませんが、ウイルスも進化し生物も進化していますが、災害も疫病も、突き詰めれば、実は我々人類が関与しているところも多いに有るのではないでしょうか。

    • ウィルスも行かなくてもいいところへ侵入して(HIVもアフリカのある部落には昔からあったが探検や地下資源調査で彼らと接触、ウィルスを広めたなど)、エボラもそうです。格安航空のネットワークで一気に広がります。災害(人災も多い)と疫病(みずから罹患しに行っている)もそうですね。ガンもウィルス説が長い間ありましたが、現在は子宮頸がんがウィルスと断定されてワクチン投与されています。ヘルペスもウィルスですが一度罹患すると死ぬまで消えません。骨髄あたりにずっと隠れていて体調が崩れたときに発症します。ウィルスは元々動物の細胞にあったモノが外に飛び出して浮遊した存在。細胞側とは兄弟みたいなものです。家出した子供の故郷回帰が伝染(罹患)となると考えるとわかりやすいかもしれません。発症する側がウィルスを呼んでいる(兄弟だから)可能性もあります。呼びやすい人が老人だったり、ガン経験者、心臓の疾患のある人、仕事で疲労過多の人などです。まだまだ勉強不足で書けませんが、美味しいものを力いっぱい食べてジャンク食品を避ける(コロナに罹患した若者の食生活を調べるとジャンク食品多食と出るかもしれません)。続編を書ければ書きますのでよろしくお願いします。

  2. ウイルスについてはワクチンなどの研究も進んで来ていますが、一番のワクチンは個人個人の予防に尽きますね。新型コロナウイルスの感染拡大は、これまで無頓着すぎた衛生観念を見直させてくれました。観戦拡大以前から世界中で現在の予防対策が取られていれば、これまで大きな被害は出なかったでしょうね。人間の口から侵入して体内細胞を介して瞬く間に数倍数千倍に増殖するウイルス。それにも増して、それらの増殖を、さらに助けるように拡散に加担する人間の行為。こう考えれば、人間自身の責任も重大ですね。

    • 世の中にあるウィルスの99%は、無害です、むしろ体の中で消化を助けたり、人間が生きるため一生懸命働いています。むしろウィルスは味方です。政治の用語やマーケッティングや戦争の論理で、いつのまにか『敵』『味方』の言葉遣いをメディアがして、人々の大脳を汚染いています。予防といえば、ペストは下水道の整備で媒介するネズミ&ノミの通路を絶ってきました。記録を調べるだけでペストに1000年以上、人類は苦しんできました。人口の半分以上が亡くなった町や村もあります。特にデフォー『ペスト』はロンドンを離れることができなかったデフォーが『目の前で起きるペストの事件』を定点観測している凄い本です。私のブログ『ペスト』に書いてあります。村上陽一郎の岩波新書にも歴史的なペストが書かれています。今回の新型コロナについても資料はたくさんあるわけで、後世の人々のために記録を残す人は各国で多いと思います。そこでメディアの罪、学者の罪、政治家の無策と薬メーカーの暗躍など語られる時期が来るでしょう。

  3. 東京は未だ、新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。そんな中、出来レースのような都知事選です。一番の争点は新型コロナウイルスでしょうが、もし都知事交代があったにせよ、誰にも感染拡大を食い止められないでしょう。東京はビジネスの街です。人が集まりすぎた結果ですが、昼夜を問わずビジネスで成り立っています。そして全てに慢性化した社会環境は、ウイルス達にとっては格好の環境ですね。満員電車や集中したオフイスや住居空間、そして密接密着の夜の街へ夜光虫か蟻のように集まる人々。都市構造のあり方を再考すべき時かも知れませんね。さて今度の新?都知事は一体どんな名案をもっているのでしょうか?

    • 選挙は投票所&移動投票所を併用してみると面白いです。車で住宅街や日曜働いている職場の周りに1時間滞在、そして次のところへ移動するを日曜日空いている車の使えばカンタンに投票率を上げられます。投票率が下がることを願ってる人たちが多いのでしょう。そういうところからいい政策は出てこないと思いますが。東日本大震災で、首都移転の話が出たにも関わらず、一極集中は加速してます。ひとつ、お茶の(紅茶)のメーカーが本社を東京からニセコ町に移転するそうです。理由は災害で本社機能が失われる危険を回避です。実際に地震や大洪水で都市機能がマヒでもしないと目覚めない首都圏です。外から見ると混浴の温泉場に東京が見えます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>