明治期、子どもは病気で亡くなることも多く、生きてる間は自由に天真爛漫に育てようと思った親が多かったらしい。5月19日の再録です。イザベラ・バードの部分のみ追加してあります。

エドワード・シルベスター・モースという大森貝塚を発見、発掘したお雇いアメリカ人がいた。小さな頃から貝拾いが好きで、シャミセンガイという貝に凝っていた。この貝が日本に行けば種類・量とも豊富だということを知り日本行きを熱望。サンフランシスコから横浜まで19日間の蒸気船の旅で上陸、日本の土を踏んだ。

貝が好きだったこともあってあの土の層の白いところは貝塚だとすぐにわかり、世紀の発見につながったのである。明治10年は維新から10年経過したとはいえ、庶民の暮らしは江戸時代と連続していて、生き方や考え方、暮らしで使う様々な生活道具は江戸時代の延長であった。

日本史や政治思想を学び過ぎて、「明治とは〇〇な時代だ」と観念や言葉、アタマで明治をわかろうとする癖では庶民の暮らしはわからない。現代でもそうだけど。自分の五感を大事に生きたいものである。モースが初めてスケッチしたのが、木製の下駄だった。カタカタという音が気に入ったのである。3回の来日で、北は北海道、南は鹿児島まで旅をしてアイヌ資料から武具・陶芸・根付・仕事道具・服飾・看板まで。それこそ、庶民が日常使うもの、商人や職人が使う道具を中心に膨大なコレクションをした。「通訳なしでも結構やって行ける。私は、日本中一人で旅行することも、躊躇しない気でいる」。

≪閑話休題≫明治11年英国人女性イザベラ・バードが「日本奥地紀行」(本国の妹へ日本のあれこれを手紙・書簡を書いてそれをまとめたもの)の中に「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたがまったく安全でしかも心配しなかった。世界中で日本ほど婦人が危険な目にも遭わず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている」。彼女は通訳兼馬引きとして伊藤鶴吉を同行はさせたが。明治維新の10年後であっても庶民の世界は外国人を排斥するどころか、快く迎えるもてなしをしていた。排外主義が闊歩しだしたのは昭和に入ってからではないだろうか。そう思う。司馬史観は勝手に明治をドラマチックに作為し、庶民の目を持っていないなと感じる瞬間である。インテリ受けする、バイプレイヤー史観だと思う。無名な庶民の感情が消えている。経営者から見たら管理職の気持ちはわかるがヒラ社員の心根は知りたくない・・そういう史観(考え方)ではないだろうか。人間に冷たいのだ。

 

それ以上にびっくりしたのが、日本の子供たちであった。「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供の為に深い注意が払われる国はない。ニコニコしている所から判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい。」「それは日本が子ども達の天国だということである。・・・・赤ん坊時代にはしょっ中、お母さんなり他の人なりの背中に乗っている。」遊び道具もモースはたくさん収集した。鼠のからくり玩具、こま、輪投げ遊び、土メンコ、貝遊び(おはじき)、お人形、縮れ麺細工、墨で描いた手習い帳、雛や端午の節句玩具など。

39歳で来日して、79歳になって書いたのが「日本その日その日」(Japan Day by Day)日本滞在の4年間、3千5百ページに及ぶ日記をモースは書いていた。ビゲローという親友がモースにそれを出版するよう促したという。「君(モース)と僕(ビゲロー)とが40年前親しく知っていた日本の有機体は、消滅しつつあるタイプで、その多くは既に完全に地球の表面から姿を消し、そして我々の年齢の人間こそは、文字通り、かかる有機体の生存を目撃した最後の人であることを、忘れないで呉れ。この後十数年間に我々がかつて知った日本人はみんなベレムナイツ(いまは化石としてのみ残っている頭足類の1種)のように、いなくなってしまうぞ」。

モースの目は、職人や商人、大道芸人、見世物、物売りの世界(魚売り、煙管ヤブリキ細工を修理する人)はしごを売る人にまで注がれる。看板やお札・おみくじ収集している。子どもを道ずれの心中事件を聞くたびにモースの言った「子供たちは朝から晩まで幸福であるらしい」という言葉を虚しく反芻する。(明治のこころ モースが見た庶民のくらし 青幻社刊 2013年9月26日発行)

  1. 母の実家は東京人力車の大規模な車屋を営んでいたそうです。祖母は千葉の出でしたから、多分祖父も千葉が故郷だったのではと思います。商家でしたから大きな家屋に千葉の威勢の良い若い衆を車夫として沢山住み込みさせていたそうです。驚くのは母の兄弟姉妹が13人も居た事です。そんなにたくさんの子供たちに贅沢をさせていたようです。母も含めて女の子は日本舞踊や習い事を、男の子にはマンドリンなど楽器も与えていたそうです。中でも母は男勝りで近所の人たちから「キン坊!」などと呼ばれていたそうです。明治時代の男は短命でしたから祖父の顔は知りませんが、自動車の誕生で車屋家業もすたれたのでしょう。沢山の子供たちもそれぞれの分野で活躍していましたが、余りにも多い東京の親戚に僕は疎遠でしたが、祖母は長生きして、娘や息子の家を二~三年ごとに転々として晩年を暮らしました。田舎暮らしの僕の家にも二年余同居して居ましたが、厳しい母親だったらしく、子供たちには嫌われていたそうです。ところが僕にはとても優しくしてくれていたのでそんなキツイ性格などとは信じられませんでした。車夫の若い衆を沢山雇っていたので商売柄厳しかったのでしょうね。いつまでも千葉なまりが獲れず、火鉢をシバチ、火箸もシバチと言っていました。僕が高校生の時にお婆ちゃんは東京の子供の誰かの家で亡くなりましたが、最後まで僕の名前を言っていたそうです。明治のお婆ちゃんの事は僕の心にいつまでも残っています。

    • 気丈夫なおばあちゃんに可愛がられて良かったです。子供のころに可愛がられた記憶は生涯の財産だと思います。もちろん両親からも。ピンチに強い人間になっていくような気がします。人力車はタクシーの前身ですからハイヤー会社を経営していたのですね。

  2. ゼロ戦パイロットの弟。

    父母も明治生まれですが、明治も後期でした。歳の差が20歳もある長男を筆頭に末っ子の僕までの子供五人を育て戦災に遭遇して田舎に家族を疎開させました。激動の時代を生きて母は86歳、父は96歳でなくなりましたが、貧しいながらも子供たちを守って、耐乏生活の中でも、出来るだけ子供には不自由をさせずに育てられた事には、今になって初めて感謝しています。お陰で田舎では、子供の頃は「ガキ大将」でワルサばかりして自由奔放に過ごしていました。親の苦労子知らずですね。

    • この年齢になって親父や母親が子供たちに何を感じていたのかがわかりますが、時すでに遅し。頭でわかっても実感はなかったですね。好きなように青春を送ることをでいたのも両親のおかげですね。

  3. 子を思う親の心も時代とともに変化して来ているようですね。近年では,子を虐待したり殺したりと明治時代の親たちには信じられないでしょうね。

    • 明治の親なら『子育てできないなら、私が代わってしてあげる』と手を挙げる他人がたくさんいそうです。現代は、どうしようもなくなって保護施設へ行ってますが、もっと早い時期に『子育てギブアップ』できないのでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>