北海道は二つの島が合体!?

次のイラストをみてください。北海道は下記の通り、左右の島が合わさってできているという。これを見ると、昨年9月6日の胆振東部地震の震源地と札幌東区が地盤的につながっているような推理をさせる図だと思うがどうだろうか?

友人の描いたイラスト

二つの地図を見て、約4000万年前に合わさったということもうなづける。ちょうど白い部分が夕張山地で石炭をたくさん掘削した場所。俗に夕張・空知炭鉱の場所である。私はてっきり北海道は最初から一つの島だと思い込んでいたから、ショッキングなイラスト2枚である。これも仮説であるから、実際はどうなのか、地質学者の登場を待ちたいが、この白い部分は先だって発見された恐竜の穂別リュウの産地でもあるし、9月6日の胆振東部地震の厚真町の活断層とも重なるから。ある人が、「ここに活断層があるから地震が起きるというより、地震が起きたからここに活断層があるんだと」言っていた。とうてい全国の活断層は調べ尽くせない。世界の地震のエネルギーの10%は日本列島で起きていることを熟慮したいものである。

最後にこんな地図も見つけました。

相当、新しい予想図ですが、苫小牧周辺は現在のウトナイ湖とサンクチュアリ、札幌の北側は茨戸と泥炭地帯です。

  1. 私たちは長い歴史の中のほんの一瞬に生きているに過ぎないのですから、教えられた地図でも衛星写真で見た地形でも一瞬でしかないのでしょうね。太古の昔にはもっと変わった地図があったに違いありません。現に出土する海の生物の化石が山中で見つかったりしますから間違いなく海だったのでしょうし、今も地形は微々として変化を続けているのでしょうね。その後の時代には私たちの時代の化石が出土するのでしょうね。

    • 次の生命体へ送る人類についての資料はすでにできていて、NASAあたりがどこかに埋めているはずです。大脳がいかれ始めた人が増えると、考えられないことが起きるので怖い時代です。地球は人間のために存在するわけではないのです。ある時点でそれが誤解されて長い間、ほかの生物から突出して優れた動物、最高の大脳を持った人類と意味づけておかしくなってきたと思いますが、いかがでしょうか?一神教の教義に狂いがあったとしか思えません。

  2. ホランペッター。

    昨年の大地震では液状化から地表が陥没したり地割れが起きたりと身近なところで異変を見せられました。今も傾いた家がすぐ近くに沢山あります。地震保険に入っていたであろう住宅などは既に更地になっています。昨日の土曜日は孫の小学校の運動会でしたが隣の町内の小学校グランドを借りて実施しました。何故なら2mもの深さの亀裂やネットフェンスの土台の分厚い基礎コンクリートでさえ割れて段差ができているからです。復旧には数億円掛かるらしく応急処置のまま放置状態で使用禁止です。男児がいつも練習していた少年野球チームの公園内グランドも立ち入り禁止です。目に見える陸地でも大きな変化がある訳ですから、海底など見えない処でも活発な動きはあるのでしょうね。そう考えれば北海道に限らず地形は絶えず変化しているのでしょう。万里の長城でもありませんが、北海道の海岸線一帯を頑丈な擁壁で張り巡らせない限り、浸食や冠水から今後も守れませんね。

    • 末期がんでもうだめだろうという人が、昨年の地震で補償費で家を新築して、元気になった話も聞きました。彼に生きる希望がどんどん出てきてガン細胞が減ったのでしょうか?一時的な回復だけなのか、その後は追ってませんが。札幌市の対応は遅いですね、液状化の清田地区について。許認可は札幌市が出してますからね。上幌向の団地も液状化で傾いてる自宅あります。湿地帯です。清田ほどひどくはないですが。しかし、地震後、スマホ持参で観光客が撮影をしにやってきて写真をアップさせたり、拡散させたり、すべての人がSNSという武器を所持して生きている時代だわと思います。子供に刃物ですか。使い方が幼稚過ぎます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>