日本人の平均寿命(時代別)

「将来、人間が百歳まで生きるようになったら、大半の人はガンで死ぬだろう」。ガンで亡くなったフランスのガン専門医の言葉。これほどわかりやすい言葉はない。いったい日本人の時代別の平均寿命はどうであったのか調べてみた。見る資料でバラバラな時代別の平均寿命(余命)。アバウトな数字で恐縮だが並べてみる。

紀元前11世紀~1世紀   縄文時代 男31・1歳  女 31.3歳

弥生時代 男30・0歳   女29.2歳

古墳時代 男30.6歳   女34.5歳

室町時代        頭骸骨検査で 男33.1歳   女32.8歳

人骨検査で 男35.8歳   女36.7歳

18世紀          男女とも30代半ば(江戸時代は45歳説も有力だ)

19世紀          男女とも30代後半

1880年(明治13年) 男36歳   女 38歳

大正10年代       男42.6歳 女 43.2歳

昭和10年代       男女とも48歳(上の表参照)

1947年(昭和22年) 男 50.06歳 女43・2歳

1950年        男 58.0歳  女61.5歳(初めて60歳を超える)

1952年        男 61.9歳  女65.5歳(初めて65歳を超える)

1959年        男 65.2歳  女69.88歳

1960年        男 65.32歳 女70.19歳(初めて70歳を超える)

1971年        男 70.17歳 女75.58歳

1984年        男 74.54歳 女80.18歳

1986年        男 75.23歳 女80.93歳

2004年        男 78.64歳 女85.59歳

60年間で男は28.58歳、女は31.63歳平均寿命を伸ばしているという結果。ついでに現在はどうか調べると、2014年の統計で男80.50歳、女86.83歳だ。昔は疫病や飢饉、天災でたくさん亡くなったから、また出産時に死亡した幼児死亡や母親死亡も多かった。

大正10年代に平均寿命が40代になった背景に水に塩素を入れて殺菌することで赤痢や疫痢による乳幼児死亡率を下げたからという人もいる。どちらにしろ予防医学というかバランス良い食生活の成果か学校給食の普及なのかわからないが、すさまじい平均寿命の伸びである。

近藤誠さんの本を、フランスのガン死した医者に読ませたらなんとおっしゃったか興味深い。それにしても、近藤さんを首にせず雇い続けた慶応大学医学部の度量は称賛に値する。

 

  1. 医学も発達して、病気の早期発見も可能になったのか、今ではガンでも初期の場合、助かるケースも増えて来ましたね。またステージ4と診断されたとしても患部除去手術でその後働きつづけている人も身近にいます。ましてや大病さえしなければ、今や100歳超えも可能かも知れません。どんな形でも元気なうちは働けて、せめて高齢者を重税で苦しませない社会になって欲しいですね。もう十分に尽して来た訳ですから。せめて人生の最後くらいはラクにさせて欲しいですね。先日15日に税務署へ確定申告にいきましたが、僅かな年金と僅かな給与所得を合算すると何と78,500円もの追徴税を言い渡されました。即金で支払えとの事でしたが昨年6万円代でしたから、なけなしの預金から7万円を用意していきましたが足りませんでした。給与が上がった訳でもないのにと不満を言うと、税務署退職者の臨時職員らしき年配の男性が「税金を払えるって事は幸せですよ」と?意味不明な言動に「ムッ」としました。本人は、きっと幸せなのでしょうね。寿命が伸びて長生きしてもこの先いい事も無さそうですね。今回の選挙の争点にしても「IRとJR」なんて我々には全く関係の無いところが哀しいですよね。教育費の無償化もいいですが、70歳以上は医療費無償化となれば、老後の心配も減りますけどね。選挙も単なる票集めゲームですかね。

    • まったく酷税の国で、仕事柄税務署や財務省に行きますが、のんびりゆったり、出世と学歴で生きてるような、出入り業者にはできるだけ安く細かく外注していますから、明治以来の官僚の世界が脈々と生きています。背中に法律と国家を背負ってる気負いですから、自分を消さないと生きられない可愛そうな世界とは面ます。近所にも社保庁を病めて、2回天下りをして退職金をもらい、子供もいなくて楽々人生を歩んでいる人がいますが、はじめ付き合ってましたが、自慢話(ヒマラヤでヘリコプターツアしたとかクロアチアは良かったとか)多くて、付き合うの中止しました。日本全国に保養所をつくり年金ばらまき、次は安売りして国民を苦しめて申し訳ない気持ちがこれっぽっちもありません。近所の経産省夫婦は、何年も前からうつ病で長期休養で定年を迎え満度の年金を二人で受給していますよ。組合が給与を補てんし続けているわけです。働く者同士、すべての国民がそうなら別に文句も出ないのですが、民間で苦しんでいる人をたくさん知っている筆者としては『それはないだろう!』という気にもなります。あるホテル経営者は『道議会議員なんて必要かい?いったい何をしているんだい?庁舎ばっかりつくって。いまのままでいいじゃないか?耐震に弱い?つぶれてもいいじゃないか?』と言ってました。これは極論ではなく本音です。道議会の前に黒のクラウンと運転手が止まってます。歩いて議会まで来なさい?と言いたくなります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>