楽に人生を生きる方法は・・・?(2016年1月30日) NO777再録

モタさんの言葉。相手への要求水準を初めから低く設定・・!

「相手への要求水準を初めから低めに設定するのが」人間関係をスムースにするいちばんの方策だ。2006年に亡くなった精神科医斉藤茂太さん「モタさんの言葉」(講談社)71p。結婚にしろ、もともと他人同士が暮らすのだから、50%の満足度でいいと。腹八分目主義を貫いた彼の人生観だ。

だから、人間関係をスムースにするには、初めから相手に対する要求水準を低めに設定すればいいんだと。これは自分の感情や気持ちの高ぶりや失望感でわかること。何度も繰り返すうちに、相手への要求水準を低くすれば、不信感や怒りの感情の渦へ巻きこまれないで済み、気持ちの平安が保てるというわけだ。配偶者はもちろん、子供や近所付き合い、仕事関係でもこの原則を貫くと気持ちよく生きられる。

「圧倒的多数の人は平凡で、世間にふれ回るほどの才能やとりえはないかもしれない。でも、そんな自分でも、悪事をなさず、多少は人さまのお役に立ち、家族と生きている・・と思おう」なんだか相田みつをの言葉と重なってくるようだ。似たような言葉でモタさんのメモ「毎日、大した仕事をしていないところに男の本当のえらさがある」(柴門ふみ)も引用している。

毎日、通勤しているだけでも凄いと、うれしい限りの言葉だ。成果主義や効率主義や費用対効果、選択と集中や企業の資源の分配やら、対前年売上比の表やら、新規事業の立ち上げやetcに関わってきて、大した実績も残せず定年を迎えた筆者にすれば黄金の言葉の数々であった。

特に、相手への要求水準を低く設定する、ということは親(特に母親やそれなりの地位についた父親)が総じて陥る、子供への要求の高さ(期待)と失望で出てきやすい。学校や勤める企業、後々、結婚する相手の家族歴詮索行為とか、結局、親自身の見栄が子どもの未来を潰すケースが身近に本当に多い。

自分の場合も娘の結婚のときに悩んだが、分析すれば自分の見栄が勝っていただけということに気づいた。相手への期待値を下げると、ラクラクな人生を歩める。しかし、その分、自分が頑張り過ぎて病気にならないよう気をつけましょうね。ある企業の営業マンが筆者に「数字のない部署へ行きたい。毎月、売上に追われるのはコリゴリ」と。まだ29歳だ。「早く定年を迎えて年金生活をしたい」。「人生はプロセスなんだけど。何もしていないじゃないか?」と私は彼に何度も言ったがわかってくれただろうか。

両親から「無いものねだりはしないでね」とよく言われた。〇〇が欲しいと言ってもお金がないから買えない、無理難題を言いなさんなという意味が、この年齢で実感するとは筆者も幼稚な人生観で生きてきたものである。
初めから相手への要求水準を低めに設定する。「あの人、約束を反故にしたり、よく遅刻するんんだよ」と思えば、文庫本をカバンに詰めて行くといい。イライラしないで済む、心身の病気の予防でもある。

追記:しかし、楽な人生ってそもそもあるのかどうか?ひとりひとりを見ていると山アリ谷アリで、それなりに越えてきて今があるので。楽と思えるのは、現在が楽な暮らしを維持しているから、昔のことが『楽なように』意識されるだけかもしれません。たくさん遺産の分け前に預かれば、乱暴なお金の使い方をしたり、ドけちにはまったり、お決まりの修復不可能な兄弟喧嘩になるのが世の常。子供に大金を残せば毎日働き、稼ぐのがバカらしきなるみたいで(そんなご身分になってみたい)と多くの人が言うけれど、実際になってる人に聞くと、世間のやっかみは凄いですよと、そのストレスで目を赤く晴らして筆者にこっそり教えてくれたので書いておきます。

  1. 小3から小6まで野球にハマって、真面目に取り組んだ結果、ゴールデングラブ賞など数々の実績を残して将来性さえ期待した孫も中学に入った途端、キッパリと野球をやめてオンラインゲームにハマってしまいました。一時はガッカリしましたが、最近では彼に「勉強もせず遊んでばかり居ると、最後に困るのは自分だよ。お前の人生だから、困るのはお前だよ。」と。考えて見れば、自分自身の同年代を思えば、もっと酷かったと。それに比べれば、PCやネットなどについては大人以上に詳しいところはむしろ努力を評価すべきか?と。子供や孫たちに期待する事より、自主性を持てる環境を作ってあげて見守る事の方が良いのでは?
    と考える昨今です。

    • まったくPCやゲームへの対応力の速さにはびっくりします。7歳の孫もLINEで写真添付してi-padに送付してきますから。ゲームというと手術をする外科医でゲーム上手は手術も上手いと言われてます。実際、私のステントを入れたS先生も評判のゲーマーでした。全然、期待されないと言うのもさびしいもので(期待されない人間像)、カーテンの後ろからそっと覗いてにやにやするくらいでいいのでしょう。しかし、楽に生きるなんて書きましたが、そんな人生ってないですね。明日だって何が起きるかわかったものではありません。

  2. ラクに人生を送りすぎました。確かに青春も犠牲にして働いた時期はありました。先の見えない不安もありました。でも今になって見ればラクな生き方をした方だと思います。多くの同年代の人達が必死に就活中も気楽に弟子入り修行などしたり、移住してみたり、フリーランスで稼いでみたり、それに行き詰まるとサラリーマンに転身したり、気が向けば転職したり、会社が倒産すれば僅かな退職金で起業してみたり、ほかの企業の支店立ち上げを手伝ったり、知人の会社の整理を手伝ったりと、一見波乱万丈のように見えて、実はラクな道を選んでいたに過ぎない事に、今になって気づいた次第ですね。未だ人生を語るにはまだ早いですが、この先も、誰からも期待などされずに、ラクな道を模索して行くのでしょうね。

    • そんなことないですよ。十分、苦労したと思いますよ。過去は今が安定、幸せなら『楽に人生を送ってきた』と解釈できますが、現在がどん底ならそういう感想ではないと思います。現在の中に実は『過去も未来も含まれている』のではないでしょうか、そう思います。辛い今なら過去の忌まわしい後悔も何度も出るかもしれない。いまがはっぴーなら『あれはあれでいい勉強になったよ』と記憶を訂正していきますから。流浪の民さん、期待してます、コメントを。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>