道を歩いていても、他人は誰も振り返らないありがたさに幸せ感を感じたことはないだろうか。それが普通の日常生活、自分の存在がたくさんの人に知られる窮屈さや不自由感は誰でも想像できる。会社の事務員を見ていると、昼休み、仲良しとランチへ出かける人もいるが、ひとりで出かける女性にはホッとした顔が見える。若いときは有名になりたいとか大金持ちになって目立つことに価値を見出す人もいるが、私の周辺には少ない。地味こそわが人生、縁の下の力持ちが多い。


何度かブログで書いたが、個人名が出てこない歴史を書こうとした人が江戸時代にいた。31歳で死去した大阪の富永仲基だ。昔の人は早熟だ。その意図するところはぼんやりではあるが、この年齢になるとわかってくる。歴史を内在的な連続性としてとらえる見方を提示している。個人の関与を低く見て、何か歴史を流れとしてみる。その流れに沿って決め事をしていくと思えば、個人の決断より、世間の深いところでの動きが大事になる。後の人は前の人の理論に付け加える有名な『加上の論理』だ。空間や時間を無視した神道・仏教・儒教のすべて(特に仏教)を批判の遡上に上げた稀有な思想家である。


有名になって、最後は幸せな最後を迎える人って一握り。果たしてそれが本人の望んだ幸せかどうか不明である。それどころか、誰にも幸せな最後はないのかもしれないなとも思うし、最近は孤独死や孤立死に積極的な意味や見直しが出てきている。孤立死も理想の死に方だと。二人で住もうが三人だろうが死ぬのはお一人様でしかない。近所で70歳で奥様に先立たれた人がいるが、1年経過して、元気回復してあちこちで農作物の作り方を講演して回っている。


私も偶然、妻に先立たれて一人になったら、何をするか考えるとすぐに思いつかず、困ったものである。子供に迷惑をかけてもいいという人がいる一方で『野垂れ死に』の覚悟を説く人もいる。どちらにしても、自分のライフは自分のライフ。子供に経済的な独立を促した後は、恵まれない他人のために後半生を送っていきたいと思うこのごろである。手始めは、困ってる隣の人を助けることで、企業でも世間でもできるようでできないアクションである。分断された人間関係が横溢する現代、軽々と壁を突破できるユーモアや他人との距離感を維持したいと思う。自分が一匹の虫であっても、好奇心旺盛な世界虫(司馬好漢の言葉?)でありたいものである。

*しかし、考えてみると無名のありがたさとはいえ、戦地に倒れたたくさんの兵士や水底に沈んだ兵士を思うと、第三から見ると無名であっても、残された家族や子供にとっては、無名どころか具体的な存在なので、このブログの底の浅さを感じる次第である。

司馬好漢

  1. 死を前提にして成り立っているのが宗教ですね。人はそれほど死を恐れているからであり、そこから逃れたい一心で信心するのでしょうね。現代風に言えばメンタル・トレーニングのようなものですね。ほとんどの人々が無名ですが、中には目立ちたがり屋の政治ごっこをしたり、役職ごっこで自慢話を作ったり、お酒で大化けしたり、何かと有名になろうと努力する人たちも稀にいます。しかし最終結果は皆同じゴールなのです。自分が有名だろうが、無名だろうが、亡くなって暫く時代が過ぎれば全て忘れ去られますからね。だからと言って何もしないのも退屈ですから、人は何かと気ぜわしく動き回るのでしょう。気を紛らわせるために。明日の事は棚に上げて。

    • 家族や友人に、隣近所に知られているだけで十分です。いまはそれさえ危うい社会状況で全国での行方不明者は相当に上るはず。借金や健康問題、リストラや自殺や殺害されてもうこの世にいない人もいます。彼らもわれらと同じ人間なので、生きていて数人が言葉を交わしてくれるだけありがたい日々人生を送っているわけですよ。それに気付くには齢を重ねないとわからないでしょうね。派手さはなくて消極的な人生とは思いますが。

  2. 直腸がんで入院中だった母を何回見舞いに行ったでしょうか?高齢で独居の父を何度訪ねたでしょうか?。いま考えれば数えるほどでした。姉がしょっちゅう車を飛ばして診てくれたおかげで遠隔地の僕は見舞い程度、訪ねる程度で済んでいたのです。僕自身親の面倒は診て居ませんでした。ですから自分の息子や娘に面倒を見ろと言う資格さえありませんね。自分が親にして来た通りにきっと自分もなるのでしょう。人生なんて語りだすとダメですね。途端に元気も失せますから。

    • 私は3人兄弟で、兄は名古屋で転勤族、妹は越谷で、道内はわたしひとりで、父親は脳で急死、母は10年以上、実家を行き来で老健施設に入ったので楽な介護でした。認知にもならず迷惑もかけず静かな最後でした。『胃ろうをしない病院なので、そうでなければ入院させられません』という方針の病院で助かりました。兄弟と電話して『胃ろうしない』に決めました。胃ろうは不要な医療です。特に80歳を超えると。

  3. ホランペッター。

    今さら、有名になど成り得ませんから、何も心配は無いのですが、最後になって飛んでもないハッピーな事が起きないか?と皮算用する事ってありませんか?。例えば偶然にもロトのキャリーオーバーの32億円が転がり込んだり。そんな心配をするな?と言われそうですが、無名の僕には、そんな絵空事を思いながらニヤニヤするくらいが関の山ですね。実際にそんな目に遭えばショック死かも知れませんが?。「ハイ!それま~で~よ!ふざけやがって、ふざけやがって~」。願わずば叶わずですよ。

    • 私も毎日200円のスクラッチを買ってます。先日1000円当たりました。100万円以下のスクラッチを買います。オール10万スクラッチ欲しいですね。小遣いはそれで十分です。会社の女性にホテルの中華を食べされられます。私の夢は1万円か10万円で十分。

  4. 個人が歴史を変えたなどは小説家の得意技ですね。たった一人で変えようがありませんし、歴史はドラマでもありませんからね。成るべくしてなったと言うのが正しいのでしょう。時折出て来る有名人は、その場にいたのは確かかも知れませんが、余りにも誇張し過ぎて有名すぎる人物などは、かえって怪しいですね。その取り巻きの無名の人たちの力の方が遥かに大きいのではないでしょうか。

    • 有名人なんて嘘ですね。彼を育てた親や友人たち、支えた近所の人たち、中には苦労をともにした女性もいます。人間は複雑な思考を面倒がりますから、単純な一人を出してレッテルを貼ります。織田信長→死体の山をたくさんつくった人と日本史を書き換えてもいいですね。安倍しんぞう→語彙が不足気味の権力乞食で野次と都合悪い数字や文書は人事権で改ざんさせる、霞みが関のテロリストでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>