お客さんと直接接する人が大量に不足している現実。コンビニの接客、居酒屋の接客、新聞配達、板金工、トラック運転手、ホテルの清掃やベッドメイク、老人ホームの介護士そして営業職である。これ以外にも筆者の知らない職種もたくさんあるとは思う。共通は現場に必要な人が足りないということだ。

私の家の屋根の雨漏りを直してくれた板金会社の社長が話してくれた『若い人が入ってもすぐに辞めてしまう。もっと綺麗な仕事・危険でない仕事・高い給与の同業社に転職して、年寄りしか残っていない。教えてもうちの会社に残らない』。3日間だけ頼まれてホテルのベッドメイクをしたが、筆者は3日でダウン。ヘルニアが悪化して即手術。過酷である。時間との勝負で、シーツを剥がし、枕カバーを外し、宿泊客の残したゴミを片付け、トイレを清掃、終わったらシーツをマットの下に角を埋め込む。土曜・日曜はアジアからの観光客で全館満室。焼きソバ弁当の食べ残しが部屋に散乱して、掃除するおまけまである。居酒屋のママは大学生を上手に使い、同じ大学同じクラブの学生と提携して安定したバイトを確保している。姉妹も使い、居酒屋の人気者である。

団地内のコンビニは、経営者が2店抱えてどちらの店にも顔を出してがんばっているが、人手が足らないと社長みずから店員になる。顔色が少し悪い気もするが、24時間営業をしなくても1時で閉めて電気代を節約するのが賢いとは思う。スーパーの店頭から『募集チラシ』が消えたことはない。市役所の広報では臨時職員募集ばかり、随時募集。子どもと遊ぶ、老人を訪問してお喋りをする、役所の窓口業務、清掃のごみ集めもある。すべて市民と直接接触する大事な業務を臨時職員や市職員の天下り会社へ委託している。図書館運営も外部委託だ。『ボーナスはあるの?』『ない』。本屋や図書の取次が金を出して全国の図書館運営に乗り出す。『税金の節約(人件費減らす)』ことを口実にプロの視点で図書運営と市へプレゼしている。これまで5時で閉館していたのを夜8時まで開館である。便利にはなったが、そこで働く職員は市職員の労働より拘束時間と待遇面で過酷かもしれない。

そして、どこの現場でも発生している『老人のクレーマー』対応である。現役のときにそこそこ尊敬もされていただろう人たちが定年になり、自宅でもてあまされて、イライラ感募り、そのはけ口として現場の若者たち、主婦へ不寛容な言動を繰り返す。コールセンターへ向かう人もいれば現場で毒を吐くタランチェラもいる。見ていると、それを言ってる年寄りの人相の悪いこと。そういう人には『鏡を出して自分の今の顔を見せるのが薬になるかもしれない』。疲弊する現場は続く。

  1. 低学歴の自称プロフェッショナル

    手に汗して働く現場仕事を嫌う傾向は、3Kとか4Kとか言われた少し前の時代から既に始まっていましたね。今や定着してしまった感もあります。農業も工業も商業も先ずは現場が無ければ生産や販売できないものですが、待遇面でも優遇される管理部門ばかりに就職したがる原因の一つには「高学歴社会」が有りますね。余程の人格者でも無い限り、現場では全く役に立たない学歴が邪魔をするのです。業種によって必要な教育を身につければ社会全体がもっと快適な構造になると思いますね。どんな仕事にもプロフェッショナルを育成する教育環境に変革させなければいけませんね。幼い頃から塾通いで詰め込んだ頭脳はクイズ番組では役に立つかも知れませんが、現場ではただのクソですね。

    • クイズ番組を作る連中は一流大学を出て、コネか試験でキー局に入り、結局アイディアは大学対抗クイズ(ちなみにクイズ番組は制作費が極端に安く済みます)をつくり、全国高校生クイズも日テレでつくり、クイズ好きは暗記物教育の後遺症だと思います。頭より、手と足と他人への気遣いが社会で生きる、評価されるのだと教師(この人種も暗記物で育った人たち)も思い込んでいる社会になってしましました。現場を疲弊させる要因は根深いです。雪が降っても、中学生や高校生・大学生がいるのに誰一人近所で除雪をしていません。肉体労働を若いうちからさせないと生意気になります。私は石炭や水を運びました。

  2. 企業が支援して働きながら学ぶ社会環境を作る事が解決策だと思いますね。高給と幸福を目的に高学歴を得るために親の負担は相当なものですね。それだけ恵まれた家庭環境ばかりでは無いので進学を断念せざるを得ない者たちのためにも、企業が学生寮と仕事+給与を与えながら高校や大学で学ばせる事で親への負担もなく自力で社会に出る事ができる仕組みづくりが急務ですね。私はそんな貴重な体験で高校生活を送りました。そのままその支援企業にも就職できたり他の道に進んだりと。苦あれば楽あり。

    • 教育は基本、無料でOKではと思いますよ。私も学費と二人の子供の仕送り(本州)で10年間で相当な額を使いました。借金もしました。65歳でようやく教育関係のローンは終わりました。でも大して就職には役立っていません。それより、礼儀とか外国語とか言葉使い、男女とも台所で料理をつくる、雪はねをする、ボランティをするほうが社会や世界人になる近道と思いますよ。

  3. 僕の義理の兄は長男で、学力はそこそこ優秀でしたが田舎の慣習で父親が地元の国立に入れと言うのを振り切って東京へ行きました。勿論親からは勘当されたので学資の支援もありませんでした。彼は給与の高いけれども青酸カリなど劇薬を扱う危険なメッキ工場で住み込みで働くことにしました。汚い危険な現場の変わったアルバイトです。そして自力で法政を卒業と同時に姉と結婚して田舎に戻りました。一旦は大手企業の研究室に勤務して特許まで取得しましたが、自分の手柄にもならず辞めて自ら鉄パイプの溝切りなど実地試験なども受けて配管工の国家試験をパスし会社を立ち上げ実家の田んぼの真ん中に作業工場を建てて、市や県の指定業者になるや、見る見る仕事が舞い込み、上下水道やガスやガソリンスタンドなどの地下の配管工事を自ら営業兼現場管理をして息子の代に譲りました。それも元はと言えば東京下町のメッキ工場で学んだ事が基礎になったのだと思います。

    • いい話ですね。近所でデッチ奉公で自転車屋で働き、長い間働いて、親方から認められてノレンわけをしてもらい1軒店を持ちました。そこで相変わらずの真面目さで、自転車が多く廃業するなか、持ちこたえて、次の息子の代ではHONDAと提携して除雪機やバイクも扱い、店舗を2倍に広げました。この店があることでどれだけの住民が助かっていることか。小さなパンクも丁寧に直してくれます。我が家の自転車ももちろんその店で買いました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>